テニス 準備

メンタル

試合会場で時間があり、「次の対戦相手の試合をチェックできる」ときは何を確認しておくと良い?

テニスの試合では、特に初戦なんかは自分の試合が終わった後に、だいぶ時間が空くことがありますよね。

運良く次の対戦相手の試合、つまり勝った選手がアナタと対戦する・・・となる試合をじっくり観戦できるとき、アナタはどんなところをチェックしておきますか?

今回はシングルスの大会で、トーナメント2回戦の相手の試合を観戦できる、と仮定して考えてみましょう。

 

試合会場で時間があり、「次の対戦相手の試合をチェックできる」ときは何を確認しておくと良い?

 


 

■まずは「事実項目」を洗い出しておく

相手を観察するときに、「感覚的な部分」と「事実の部分」をしっかり分ける必要があります。

「事実の部分」については、例えば「左利きである」「セカンドサーブは、必ずアンダーサーブ」など、誰が見ても分かる「事実」の部分。

「感覚的な部分」とは、「サーブが得意」「フォアハンドで攻撃的に攻めてくる」など、あくまで傾向でありアナタ自身の所感の部分。

この分け方がなぜ大事かと言うと、まずは「事実」を優先して作戦を立てる必要があるからです。

「左利き」の選手が相手であれば、まずその基本の対策をしっかり行わないといけません。

アドサイドでのスライスサーブの精度はどうか、フォアハンドのクロスのショットは・・・?など、感覚的な部分の対策より優先して考える必要があるでしょう。

何せ、「事実」な訳ですからそこの弱点と強みは、しっかり対策を取っておくのがベストです。

 

■「弱点を探そう!」と躍起にならない

つい、次の自分の試合の相手を観戦できるとなると、「弱点を探して、攻撃の糸口をつかむぞ・・・」という意識が強まります。

もちろん大事なことですが、もっと引いた目線、客観的な目線を持って全体像を掴むと、その選手の特徴が掴みやすいです。

まず、性格的な部分。

「何となく、短気そう」

「ボールを選ぶ仕草が、神経質っぽいな・・・」

「一度崩れても、すぐに切り替えて立て直してくるな・・・」

という、テニスのプレーの背景にある部分を感じ取れるように意識を向けてみましょう。

選手の特徴が出やすい部分は、まさにそこなのです。

特徴が出れば、相手を手玉に取りやすいですよね。

技術的な弱点よりも、テニスは性格的な弱点を突いていったほうが、長い試合をものにしやすいです。

 

■テニスのレベルは、「大して変わらない」くらいの気持ちで

実際に同じ大会に出ている訳ですから、テニスの実力・レベルはさほど変わらないと考えておきましょう。

周りの人がみな、強く見えてしまう人は、特にこういう意識が必要です。

そう考えると、チェックするべき部分は「上手いか、下手か」ではなく、「どこに特徴があるのか?」に注力できるはず。

たまたま良いショットが続いて、最高のプレーをしている選手がいると、その「華麗なポイント」のみに眼がいってしまいがちですが、それでは試合前に不安になってしまうだけ。

「ちょっと変わったところ、探してみよう」くらいの気持ちだと、どんな選手でも試合前にリラックスした気持ちになれるはず。

試合を観てアナタ自身がプレッシャーに感じるのが、一番まずいのです。

 

普段なかなか、試合前に相手をチェックすること、出来ないと思います。

むしろ、チェックできる時間があってもあえて見ない・・・という選手の方もいるでしょう。

そこに、ポリシーがあればOK。

ただ、しっかり観察のポイントを押さえれば、テニスの試合を観るのは楽しくなります。

そう、次に自分が闘う相手だとしても・・・。

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. メンタル

    悔しい気持ちを、誤魔化してはいけない

    テニスを続けていると、つい麻痺してしまう感覚。試合に負けて悔し…

  2. テニス ミス

    メンタル

    自分を鼓舞して戦う選手は、自然と周りも応援したくなる

    テニスの試合、「応援されやすい」選手は、やっぱり試合でも強い。…

  3. テニス グッズ

    メンタル

    「テニスの試合で勝ち抜く人」のラケットバッグは美しい

    普段、何げなく試合中や練習中にコート脇に置いてあるラケットバッグ。…

  4. テニス 雨

    メンタル

    「雨の日」、「怪我したとき」、「試合で初戦敗退した日」にこそ、テニスが強くなれる根源がある

    昔ジャパンオープンのお手伝いをしていた頃、ある選手が口にしていた言葉を…

  5. テニス 守備

    メンタル

    「団体戦が2-2で自分の勝敗にかかったとき」に勝ち切る為のメンタルとは?

    団体戦、高校生の選抜予選などではシングルスとダブルスを合せて5本の勝負…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスに真剣に取り組んでいれば、批判に対するタフさは自然に身につく

    皆さんも、これからテニスを続けていけば色々な経験をする。時には…

特集記事

  1. テニス ボレー

    フットワーク

    アレーにしっかりコントロールしたければ、横向きを徹底してボールに入ろう
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのフォームが大きい人ほど、崩しやすいのがテニス
  3. テニス 走力

    戦術

    テニスの試合で初対戦のときは、先に動くに限る
  4. テニス 気付き

    その他

    リーダーになった時点で、止まる人と伸びる人
  5. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、並行陣にこだわり過ぎていると「並行陣慣れ」しているダブルスペアに…
PAGE TOP