テニス 確率

スマッシュ

壁打ち練習でスマッシュを上手くなる為の、「ロブ対スマッシュの壁の使い方」について

壁打ちでテニスを上手くなる。

そんな人には共通点があります。

それは、「自分なりに工夫できる」ということ、工夫が好きなこと。

壁打ちでも工夫すれば、ロブ対スマッシュの練習が出来ます。

ポピュラーな方法なので既にご存知の方も多いと思いますが、改めて方法とコツをまとめてみます。

 

壁打ち練習でスマッシュを上手くなる為の、「ロブ対スマッシュの壁の使い方」について

 


 

1.壁の1メートル手前に、スマッシュを打ち続けるイメージで

壁にボールを直接当てるのではなく、手前にバウンドさせて上に来るようにする、これだけです。

言葉で書くと簡単ですが、意外と難しいのがこの練習。

最初は強く打つのではなく、ハイボレーくらいの意識でリラックスして打てるように。

まずは3回くらい、このラリーが壁と打ち合えるようにしてみましょう。

 

2.横向きの態勢を作ってサイドステップを細かく

壁打ちですから、自分が打ったボールに対してどう動くかはシンプルに。

打ったと同時に、どのあたりに上がるのかは予測が付きやすいはずです。

だからこそ、しっかり速い構えはこの練習で身に付けましょう。

とにかく打ったらすぐに構え直す、という癖は反復練習でしか身に付きません。

反復練習を個人で繰り返してこそ、強いテニス選手になるのです。

 

3.リラックスして70%の力で打つ、のは試合でも有効

70%の力で打つことを、まずは実践してみてください。

実際の試合でも、この力加減で打てると安定感も増してミスが減る。

ダブルスでもシングルスでも、スマッシュはコースで勝負したい。

その為の構えやフォーム作り、力加減を練習するにはこの壁を使った練習は最適です。

 

この練習、実際にやろうと思っても一つ問題が・・・。

それは、横幅が狭いと隣の人の邪魔になってしまうかも知れない、という問題。

でも逆に考えれば、「しっかりコントロールしないといけない」という、試合に近いプレッシャーと考えることも出来ますよね。

ぜひ、近くの壁打ち練習場所があれば、試してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  2. メルマガ配信、登録を開始します!
  3. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. テニス メンタル

    スマッシュ

    「スマッシュを磨きたければ、まず決断力から」試合で勝ち切るテニスに、必要な決断力とは?

    「スマッシュは、得意ですか?」こう聞かれて、アナタはどう答える…

  2. テニス サーブ

    スマッシュ

    身体を後ろに傾けて打つスマッシュ、が実は9割

    スマッシュを試合の中で打つイメージ、皆さんはどんな「身体の使い方」を想…

  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュを冷静に決めるには、「相手が予想して動いても、慌てないこと」まで意識しよう

    スマッシュミスが発生するとき、皆さんはどんな要素が働いていることが多い…

  4. テニス ガット

    スマッシュ

    サーブやスマッシュで効果的な、「反対の腕」の使い方について

    サーブやスマッシュ、上のボールをしっかり振り切って打つ時。この…

  5. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュのラケットセットは、スロートに沿えた手のひら主導で!

    テニスラケットって、意外と重い。この重いラケットを上にセットし…

  6. スマッシュ

    風が強い日のテニスの試合では、ある作戦を実行することで「相手を窮地に」追い込めるでしょう

    風が強い日の試合、アナタは思い通りのテニスが出来ますか?自信が…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    自分のボレーがいつも浅くなる人は、「ボールの下側を触って」前に押し出していく基本…
  2. テニス メンタル

    リターン

    相手のサーブの本質を、を見抜こう
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーの基本である「斜め前に踏み込みながらボレー」を実践して、守備範囲を拡…
  4. 戦術

    踏み込んでのミス、はミスじゃない
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの並行陣で、実戦で使える得点パターンまとめ5つ
PAGE TOP