テニス ストローク

スマッシュ

スマッシュが苦手な人は、「どこかで落ちてくるボールを怖がっている」から上半身が折れてしまう

スマッシュが得意な人は、試合で強い。

そりゃそうですよね、チャンスを決めることが出来る訳ですから・・・。

バドミントンや卓球と比較すると、テニスは少しスマッシュを打つ機会が少ないかも知れない。

だからこそ・・・練習機会も少なく、苦手な人が多いのも事実。

テニスのスマッシュが苦手な人は、まずこの傾向が強いと思います。

落ちてくるボールと、しっかり向き合えていない・・・んじゃないでしょうか?

 

スマッシュが苦手な人は、「どこかで落ちてくるボールを怖がっている」から上半身が折れてしまう

 


 

■スマッシュで攻撃する、それ以前の大問題!

ロブが上がってスマッシュの構え。

十分に余裕を持って打てる・・・はずなのに、急に上半身が折れて態勢が崩れる。

落ちてくるボールも加速していて、それを避けながらスマッシュを打とうとしている人が多い。

右利きの人なら、左側に身体が傾きながら打っている人。

結構試合で多く観る機会があるはずです。

 

■落ちてくるボールが怖い、をどこかで克服しないとダメ

無意識かも知れませんが、どこかで落ちてくるボールを怖がっている方。

特に女性の方に多いように思います。

ハイボレーで無難に・・・も、どこかで卒業しないと上の試合では勝てない。

スマッシュは、待って打つという感覚になると、この恐怖心が襲ってきます。

自分から、頭上のボールをしっかり打ちにいく。

上方向に向かってラケットを振っていく、のが大事なポイントです!

 

■自分から「打ちにいったスマッシュ」は、ミスしても気にしない

自分からしっかり上方向に打ちにいった、スマッシュはミスしても気にしない。

なぜなら、相手はそれだけで脅威に感じてくれるから。

一番まずいのは、消極的な姿勢、上半身が傾いて倒れるようにしながらミスしているとき。

こうなったら、私ならどんどんスマッシュを打たせよう、という気になってすごくラク。

相手に対して自分がどう思われているのか、を常に意識すること。

そうすれば、消極的な姿勢は絶対に見せたくない、と思うはずです。

 

スマッシュは気持ち、が大事とよく言われます。

こういったメンタル、も言ってしまえば一つの技術。

工夫と考え方で、同じ技術でもがらっと相手の印象は変わります。

まずは心のどこかに潜む、恐怖心を捨てましょう。

恐怖心を捨てれば、きっと顔が残って良いスマッシュになる。

空振りして当たっても、剛速球ではないので怪我もしないはず。

同時に上半身の傾きには、要注意です!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュに決定力が無い」と感じている人が、意識したい5つのポイント

    「スマッシュが得意!」という人は、まずテニスの試合に強い。口ば…

  2. スマッシュ

    「逆クロス方向への構え」を基本に考えると、スマッシュはもっと楽に打てる!

    スマッシュに苦手意識を持っている方は、シンプルに得意のコースを一つ作る…

  3. テニス メンタル

    スマッシュ

    味方のスマッシュチャンスを、「決めてくれるだろう…」と甘く考えてる人は試合で勝てません

    ダブルスの試合で、そのペアの強さを測るときにはポイントがあります。…

  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュにも深さが必要!」と思ったら、それはテニス選手として大事なステップです

    スマッシュに大事な要素って、何でしょうか?スピード?コントロー…

  5. テニス メンタル

    スマッシュ

    高いロブをスマッシュで打つのに、必要なのは「速い振り出し」だった!

    高いロブ・・・皆さん、どうですか?一回落とせば良い、ようなとき…

  6. スマッシュ

    ロブが怖いんじゃなくて、スマッシュミスが怖いだけ

    試合の中で、並行陣が苦手な方。並行陣、とまで言わなくても前に…

特集記事

  1. テニス トレーニング

    メンタル

    テニスにおいて良い攻撃を続けていく覚悟は、10球連続でも足りないくらいです
  2. テニス リターン

    サーブ

    テニスの試合では、「サーブとリターンの精度を上げる」ことが出来ないとダメ
  3. リターン

    リターンダッシュから前に詰めて、どうする?
  4. ダブルス

    男子ダブルス、今年こそ強くなりたいなら
  5. テニス 練習

    戦術

    アグレッシブベースライナー、はそもそも難しいプレースタイル
PAGE TOP