戦術

組み立ての基本は、楽なショットを空きスペースに

「今のは、良いポイントだったな・・・」と、思える瞬間。

それは、こういうポイントの後、じゃないでしょうか。

毎回というのは難しいですが、みなさんもしっかり、レッスンから意識したいポイント。

相手を動かして、ゆっくりしたボールでもポイントが取れる。

アナタ自身も楽、なはずです。

 

組み立ての基本は、楽なショットを空きスペースに

 


 

1.相手を動かす、それがテニス

テニスコートの中、外まで相手を動かす。

アナタ自身は、ボールをコントロール出来る状態を維持する。

これが理想ですし、ポイントを確実に取れるパターンでしょう。

「それが出来れば、苦労しないよ」と思う方も、多いと思います。

ですが、大事なのはまずゴールをイメージすること。

自分のショットで相手を動かして、ダブルスならもう相手コートに1人しかいない、ような状態を作ってしまう。

そのためには、何が必要なのか。

私は、速いショットではないと思いますよ。

 

2.スライスで、ねっとり攻める

私は、スライスを使う。

スライスを使って、遅いボールで、自分のポジションも確認しながら攻める。

これが出来れば、試合でもすごく楽ですよ。

相手を動かす、時に速いボールだと難しい。

というか、自分でもついていけないんですよね。

スライスでねっとり、というとちょっと嫌なイメージかもしれませんが、浅い場所にも打ちやすいし、ロブも使いやすい。

速いボールは、横の動きには向いてますけど縦の変化、には向かない。

そう思いませんか?

 

3.前後に動かすには、スライスが必要

空きスペースを作る、なら相手を前後にも動かしたい。

下げたら前、前に引っ張り出したら後ろ、というスペースを突きたいですからね。

そう考えると、スピンは難しい。

だって、バウンドしたら伸びていきますから、浅い場所には打っても意味ないですよね。

ロブならまだ使えますが、それも相手を前に引っ張り出さないといけない。

スライス、が使えないと厳しいんです。

普段のラリーの中で、意図的に浅め、に打てるかどうか。

ドロップショットのようにハッキリ打たなくても良い、自分でコントロールするの意識が大事です。

 

4.相手コートにパスする、感覚で

サッカーの上手い人は、パスするようにシュートを打つ。

これも、しっかりキーパーを動かして、崩しているから出来ること、ですね。

ゴール前に人がいたら、誰だって力が入る。

テニスも、一緒です。

普通に打てば決まる、ようなところまで相手を動かすことが出来たら、力は要らない。

というか、力まなくなるんです。

相手コートにパスを送る、ような優しい感じで充分にポイントが取れる。

こうなってくると、テニスは一気に楽しくなりますよ。

 

チャンスをミスしている人は、まだ崩し切れていない。

そう思って間違いないと思います。

相手がいるから、触られるから力んでしまう。

崩して、崩して、その過程でポイントが終わる。

簡単なことではないですが、私たちが目指したいのはココ、ですね。

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. + POWER CUP について
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス ボレー

    戦術

    「何かをしないといけない」というプレッシャーを、相手に与え続けよう

    試合の中で、アナタ自身が苦しい時。追い詰められている時って、こ…

  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスは、「必ずその人らしさが現れる」と考えると想定力が身に付く

    テニスというスポーツ、皆さんは他の競技と比べてどんな特徴があると思いま…

  3. テニス 大学

    戦術

    結局「試合の大事なポイント」とは、どこなんだろうか?

    良い試合は出来るけど、競り負けてしまう。強い相手との試合、最後の最…

  4. テニス 準備

    戦術

    試合の1ヶ月前からは、特別強化ショットのイメトレを

    大事な試合を、1ヶ月後に控えているとき。皆さんはどんなことを考…

  5. テニス メンタル

    戦術

    知っておいて損は無い、「全員から負けにくくなるテニス」はある

    年末年始に、たくさんご質問を頂きました。「どうしても勝ちたい相…

  6. 戦術

    厳しいコースは、早めに狙っておこう

    例えば、サーブをしっかりエリアのコーナーに入れる。トップスピ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    頭の良いテニスは、決まった型がある
  2. テニス 試合

    メンタル

    意識高い系、しかテニス界では生き残れない
  3. テニス 攻撃

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合で有効な、「サーブ後のポジション入れ替え」大作戦とは?
  4. 戦術

    自己効力感と、自己主体感
  5. テニス 準備

    ボレー

    「ドロップボレーの8割は、相手が打つ前に決めている!」技術的には出来るのに、試合…
PAGE TOP