テニス ボレー

メンタル

テニス選手に必要な「ストレス耐性」とは何かを考えると、仕事や勉強にも活かしていける!

仕事に勉強に、人間関係・・・。

私たちが生きていくのに、ストレスって本当に付き物。

どうやったって感じるもの、避けられないものであれば、どう向き合うかを考えて少しでも楽に生活していきたいですよね。

そう考えると、実はテニスにも非常に通じるものがある。

テニスの上達が速い、結果を出せる人ってストレス耐性があるし、付き合い方が上手いんです。

 

テニス選手に必要な「ストレス耐性」とは何かを考えると、仕事や勉強にも活かしていける!

 

■対戦相手を受け入れ、受け止める余裕はあるか?

試合でのストレス、たくさんありますよね。

私が10代のころは、「なんでこんな奴と試合しないといけないんだ・・・」と、いきがってばかりでした。

大して自分が上手くもないのに、相手のちょっとした攻撃や揺さぶりに過敏に反応してしまう。

要は、対戦相手を受け入れることが出来ていなかったんですよね。

対戦相手あっての試合、自分であることを忘れてしまうと、何もかもがストレスに感じてしまうのです。

 

■試合は「非日常」の空間、ストレスだらけ

よく考えると、試合は勝つか負けるかの二択。

このどちらかになるか・・・を争っている訳で、その空間は非日常の世界。

だからこそスリルがあって楽しいのですが、これが楽しいと思えるかどうかは大きな違い。

想定外のことも、たくさん起きるでしょう。

イレギュラーにミスジャッジ、怪我に痙攣・・・全ての不規則な発生事項に、ストレスを感じながら試合を進めていかないといけない。

その中で結果を出すには、幅広い想定と準備力。

これが出来るようになると、きっと仕事や勉強、全てに活かせる人間力になっていくのだと私は思います。

 

■「テニスの試合に比べたら・・・」と思えること、ありますか?

私もテニスは土日だけ、普段は会社員として働いています。

もちろん人間関係に疲れることや、理不尽なことも多い。

ですがそれでも耐えられるのは、「まぁ、あのときのテニスの試合に比べたら、大したこと無いか」と思える自分がいるから。

それくらい、色々なことをテニスというスポーツから学ばせてもらったと思っています。

ストレス耐性、最初から備えている人なんていません。

みんな失敗しながら、自分で考え方を工夫しながら、養ってきたのです。

 

試合が怖い人、出たくない人、その想いは当然だと思います。

私も今でも、大事な試合に出るのは怖い。

ですがなぜ出続けるかと言うと、それが自分の成長につながってきたと理解しているから。

じゃないと、お金を払ってまで負けに行くようなものですからね・・・。

アナタ自身、きっともう身に付いているでしょう、テニスを通じて養ったストレス耐性。

これから先の長い人生、きっとコート外でもアナタの助けになるはずです。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    自分の試合を結果論でしか見れない選手は、そこまでの成長しか出来ない

    以前に、「敗因はいつも同じところにある」という内容を書きました。…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「勝ち上がる気、あるのかっ?」テニスのトーナメントを勝ち抜くために

    高校卒業してから上京してテニスコーチになったんだけど、そこでコーチしな…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスに「ストレス解消性」を求めるのは、ちょっと違うと思う

    皆さん、テニスをやる理由は人それぞれだと思います。よくテニスス…

  4. メンタル

    「テニスの試合が怖い、やりたくない・・・」症候群に陥ってしまった方へ送るメッセージ

    私も過去に、2回経験しました。サーブを打つのも手が震える、そしてそ…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合中に「負けても良い理由」を考え出すから、思考が現実になる

    テニスの試合、私自身たくさんの試合を経験してきました。それは選…

  6. テニス ミス

    メンタル

    テニスの試合で勝てない人は、「ラリー中に歓喜と反省」を繰り返していることが多い件

    テニス試合で勝てない人は、感情の起伏が激しい。そしてそれをすぐ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス 上達

    その他

    「あ、俺テニス上手くなってきたかも・・・」と感じる瞬間は、こんなときかも知れない…
  2. その他

    「あなたは好きな打点を選べますか?」試合でとっさにコースを変えるテニスの技術、磨…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの基本となる、「膝を曲げてトロフィーポーズ」は鏡を見ながらチェックしよう
  4. テニス メンタル

    その他

    テニスをやってて悩むことの一つ、「クレーコートで汚れたソックスの汚れ」を簡単に落…
  5. テニス ロブ

    リターン

    試合で対戦したときに、「深く鋭いサーブ」をしっかり返球できるリターンの技5つ
PAGE TOP