テニス ボレー

メンタル

テニス選手に必要な「ストレス耐性」とは何かを考えると、仕事や勉強にも活かしていける!

仕事に勉強に、人間関係・・・。

私たちが生きていくのに、ストレスって本当に付き物。

どうやったって感じるもの、避けられないものであれば、どう向き合うかを考えて少しでも楽に生活していきたいですよね。

そう考えると、実はテニスにも非常に通じるものがある。

テニスの上達が速い、結果を出せる人ってストレス耐性があるし、付き合い方が上手いんです。

 

テニス選手に必要な「ストレス耐性」とは何かを考えると、仕事や勉強にも活かしていける!

 


 

■対戦相手を受け入れ、受け止める余裕はあるか?

試合でのストレス、たくさんありますよね。

私が10代のころは、「なんでこんな奴と試合しないといけないんだ・・・」と、いきがってばかりでした。

大して自分が上手くもないのに、相手のちょっとした攻撃や揺さぶりに過敏に反応してしまう。

要は、対戦相手を受け入れることが出来ていなかったんですよね。

対戦相手あっての試合、自分であることを忘れてしまうと、何もかもがストレスに感じてしまうのです。

 

■試合は「非日常」の空間、ストレスだらけ

よく考えると、試合は勝つか負けるかの二択。

このどちらかになるか・・・を争っている訳で、その空間は非日常の世界。

だからこそスリルがあって楽しいのですが、これが楽しいと思えるかどうかは大きな違い。

想定外のことも、たくさん起きるでしょう。

イレギュラーにミスジャッジ、怪我に痙攣・・・全ての不規則な発生事項に、ストレスを感じながら試合を進めていかないといけない。

その中で結果を出すには、幅広い想定と準備力。

これが出来るようになると、きっと仕事や勉強、全てに活かせる人間力になっていくのだと私は思います。

 

■「テニスの試合に比べたら・・・」と思えること、ありますか?

私もテニスは土日だけ、普段は会社員として働いています。

もちろん人間関係に疲れることや、理不尽なことも多い。

ですがそれでも耐えられるのは、「まぁ、あのときのテニスの試合に比べたら、大したこと無いか」と思える自分がいるから。

それくらい、色々なことをテニスというスポーツから学ばせてもらったと思っています。

ストレス耐性、最初から備えている人なんていません。

みんな失敗しながら、自分で考え方を工夫しながら、養ってきたのです。

 

試合が怖い人、出たくない人、その想いは当然だと思います。

私も今でも、大事な試合に出るのは怖い。

ですがなぜ出続けるかと言うと、それが自分の成長につながってきたと理解しているから。

じゃないと、お金を払ってまで負けに行くようなものですからね・・・。

アナタ自身、きっともう身に付いているでしょう、テニスを通じて養ったストレス耐性。

これから先の長い人生、きっとコート外でもアナタの助けになるはずです。

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス テニスボール

    メンタル

    悔しいという感情を表に出すことは、恥ずかしいことでも何でも無い

    最近、私が改めて感じていること。大人になって、社会人になって、…

  2. テニス 大学

    メンタル

    オムニコートでの練習に慣れていると「ハードコートでの重いボール」に苦労することになります

    日本では、どうしても練習と試合の中心はオムニコート。ですが重要…

  3. テニス 雨

    メンタル

    大事な試合の後は、一人で帰ろう

    みなさんの中にも、「忘れられない試合」ってあると思います。勝つ…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの結果を安定させるには、精神論から脱却して仕組みを変えていかないと

    頑張っているのに、結果が出ない。そんな自分が嫌で、もうテニスや…

  5. テニス ダブルス

    メンタル

    試合での対戦相手だって、「ミスをする人間」ですから

    本当に、気持ちの持ちよう一つだと思うんです。テニスの試合で力を…

  6. テニス ガット

    メンタル

    ミスが怖い、という発想が一番怖い

    試合の中で、怖いもの。それは相手でも無いし、負けた後のコーチで…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    戦術

    コースを狙うショットは、全て回転をかけて打てるようになろう
  2. テニス 錦織圭

    フットワーク

    テニスの試合で「守備が苦手・・・」な人は、自分が打ったコースと守るテリトリーを意…
  3. テニス 計算

    戦術

    テニスの試合、チャンスボールをミスしてしまう人は「逆算力」が足りないだけ
  4. テニス サーブ

    メンタル

    世界50位のミーシャ・ズベレフ選手が、マレー選手に勝てた「決断」について
  5. テニス メンタル

    スマッシュ

    深いロブのスマッシュは、後ろに傾きながら打って良い
PAGE TOP