テニス ボレー

メンタル

テニス選手に必要な「ストレス耐性」とは何かを考えると、仕事や勉強にも活かしていける!

仕事に勉強に、人間関係・・・。

私たちが生きていくのに、ストレスって本当に付き物。

どうやったって感じるもの、避けられないものであれば、どう向き合うかを考えて少しでも楽に生活していきたいですよね。

そう考えると、実はテニスにも非常に通じるものがある。

テニスの上達が速い、結果を出せる人ってストレス耐性があるし、付き合い方が上手いんです。

 

テニス選手に必要な「ストレス耐性」とは何かを考えると、仕事や勉強にも活かしていける!

 

■対戦相手を受け入れ、受け止める余裕はあるか?

試合でのストレス、たくさんありますよね。

私が10代のころは、「なんでこんな奴と試合しないといけないんだ・・・」と、いきがってばかりでした。

大して自分が上手くもないのに、相手のちょっとした攻撃や揺さぶりに過敏に反応してしまう。

要は、対戦相手を受け入れることが出来ていなかったんですよね。

対戦相手あっての試合、自分であることを忘れてしまうと、何もかもがストレスに感じてしまうのです。

 

■試合は「非日常」の空間、ストレスだらけ

よく考えると、試合は勝つか負けるかの二択。

このどちらかになるか・・・を争っている訳で、その空間は非日常の世界。

だからこそスリルがあって楽しいのですが、これが楽しいと思えるかどうかは大きな違い。

想定外のことも、たくさん起きるでしょう。

イレギュラーにミスジャッジ、怪我に痙攣・・・全ての不規則な発生事項に、ストレスを感じながら試合を進めていかないといけない。

その中で結果を出すには、幅広い想定と準備力。

これが出来るようになると、きっと仕事や勉強、全てに活かせる人間力になっていくのだと私は思います。

 

■「テニスの試合に比べたら・・・」と思えること、ありますか?

私もテニスは土日だけ、普段は会社員として働いています。

もちろん人間関係に疲れることや、理不尽なことも多い。

ですがそれでも耐えられるのは、「まぁ、あのときのテニスの試合に比べたら、大したこと無いか」と思える自分がいるから。

それくらい、色々なことをテニスというスポーツから学ばせてもらったと思っています。

ストレス耐性、最初から備えている人なんていません。

みんな失敗しながら、自分で考え方を工夫しながら、養ってきたのです。

 

試合が怖い人、出たくない人、その想いは当然だと思います。

私も今でも、大事な試合に出るのは怖い。

ですがなぜ出続けるかと言うと、それが自分の成長につながってきたと理解しているから。

じゃないと、お金を払ってまで負けに行くようなものですからね・・・。

アナタ自身、きっともう身に付いているでしょう、テニスを通じて養ったストレス耐性。

これから先の長い人生、きっとコート外でもアナタの助けになるはずです。

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス 練習

    メンタル

    テニスの試合で、「ミスが少ない人は何が違うのか?」を失点の種類で考えてみる

    試合に負ける選手のミス、には共通点がある。本人は気付いていない…

  2. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの試合は、残酷ですが「勝敗を分けるのは、ほんの僅かだけど大きい差」であることを、自覚しよう

    アナタ自身、テニスの試合で「僅(わず)かな差」で試合に負けた経験はある…

  3. メンタル

    まだまだアナタ自身、試合では「出し惜しみをしている自分」に気付けていない

    全力を出し切って試合を終える。簡単なようで、なんと難しいことでしょ…

  4. テニス 試合

    メンタル

    周りに認められて、これで良いと思った時点でテニスの成長は止まる

    誰しも試合に出ている人は、どこかで「認められたい」と思っている。…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    何故テニス選手は試合の中で、「いつも通りにやろう…」と考えると、より緊張してしまうのか?

    「いつも通りにやれば、大丈夫!」と、言われれば言われるほど、緊…

  6. テニス リターン

    メンタル

    テニスの試合に負けてすぐ、「感情的になっているとき」こそ、テニスノートの出番です

    春から夏にかけては、大事な試合が多く開催されるシーズン。大事な…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

特集記事

  1. テニス アームカバー
  2. テニス 縄跳び
  3. テニス 書籍
  4. テニス タオル
  5. テニス 皮膚
  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブに苦手意識がある人こそ、しっかり狙う癖を付けよう
  2. その他

    テニスの大会で、「勝って当たり前と思われる試合」に勝ち切るために必要な要素4つ
  3. テニス 攻撃

    スマッシュ

    テニスのスマッシュ、実は「角度を付けた方が入りやすい」ことを証明します
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーのときに、「片手魔人」になっている人いませんか?
  5. テニス 緊張

    練習メニュー

    試合直後の練習こそ最高、だけど難しいなら・・・どうしましょう?
PAGE TOP