テニス スライス

ストローク

「バック側をサーブで攻められて、押される・・・」ときに実戦したい、錦織選手も得意なアノ技術

サーブでバックハンド側を攻撃される、というのはよくあるパターン。

セカンドサーブならまだしも、ファーストサーブがしっかり深く入ると、勢いに押されてしまい苦しくなりますよね。

プロ選手の中では決してサイズが恵まれていない錦織選手やフェレール選手は、ある技術でそれを補っています。

改めて、バックハンドリターンのグリップを確認してみましょう!

 

「バック側をサーブで攻められて、押される・・・」ときに実戦したい、錦織選手も得意なアノ技術

 


 

■バックハンドは狙われるからこそ、対策が必要

男性の試合であれば、キックサーブをバックハンドに弾ませる。

そこから浅いボールを攻撃していくのは、上のレベルの試合であれば常套手段。

しっかり対策を取りたいところですが、身体が小さい、リーチが短い選手にとっては厳しいケースが多いですよね。

何か参考になる対策は無いでしょうか・・・。

 

■両手バックハンドは、手の間隔を空けることで安定感が増す

錦織選手やフェレール選手が選んだ作戦の一つが、ラケットを短く持つこと。

上の手を下の手から少し離して握ることで、ラケットの動きをよりコンパクトに操作できるように調整しています。

野球でバットを短く持つのと同じ感覚ですね。

クロスへ確度も付けやすい反面、リーチがさらに短くなるのでサーブに自分から向かっていく、踏み込んでいく勇気が必要です。

 

■リーチが短くなる分、しっかりボールに近付いてリターンを

勢いに押されない分、思い切って前にいくことが大切になります。

しっかり打点を前に取り、上半身で横向きを作ってボールを抑える意識を持ちましょう。

ポイントはテイクバックの小ささとその高さ。

ここでもライジングショットの感覚が重要になってきます。

打点に対して少し高めのテイクバック、準備ができると、踏み込んでいくリターンとの相性も抜群です。

 

一昔前までは、こんな技術と発想はなかなかありませんでした。

ラケットの進化は本当に目覚ましい。

テイクバックがほとんど0の状態からでも、しっかりインパクトでボールを返球できる。

この性能を、アナタのテニスに活かさない手はありません。

バックハンドリターンに苦手意識がある人は、ぜひ積極的に変えていくことで、試合で結果が出るかも知れません。

ぜひ、錦織選手のリターン動画も参考にしつつ、研究してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス テイクバック

    ストローク

    現代テニスでは、「ジャックナイフ式バックハンド」は打てないと弱点になる、くらいの危機感が大事です

    ジャックナイフというテニスの技術、かつては「テニスの王子様」の漫画の中…

  2. テニス スマッシュ

    ストローク

    スライスのストロークを覚えると、自然に身につく5つの技

    スライスのストローク、を身に付けていくと、具体的にどうなるのか。…

  3. テニス 錦織圭

    ストローク

    シングルスの試合で有効な「相手を深く、えぐるストローク」を身に付けるためには…?

    テニスが上手い人のボールのイメージは、低くて速い・・・そんなイメージが…

  4. テニス フットワーク

    ストローク

    ロブを追いかけた後は、打点を落とした方が返球しやすい

    前に出たけど、頭上を抜かれる。または、ダブルスのパートナーが抜…

  5. テニス サーブ
  6. ストローク

    テニスの試合でロブが使えないと、「アナタが打てるスペース」はどんどんせまくなっていく

    速いショットで相手を追い込んで、オープンスペースにバシッと決める。…

特集記事

  1. テニス ドロップショット

    練習メニュー

    「この打ち方って合ってますか?」テニスに必要な自己調整能力、上達には不可欠です
  2. テニス 前衛

    その他

    日々「背筋を伸ばして歩く」だけで、アナタのテニス選手としての格は変わる
  3. テニス 大学

    日々の雑記

    高校テニスと大学テニス、何がどう違うのか?
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    真のダブルスペアなら、「1回や2回の失敗」で絶対にくじけてはいけない
  5. ストレッチ

    テニス知識

    筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
PAGE TOP