テニス サーブ

サーブ

サーブのトスを前にするというのは、「着地で完全にコートの内側に入る」ということです

「サーブのトスは、しっかり前に!」というアドバイス、コーチからもらっている方も多いと思います。

でも、実際はどれくらい前なのか。

そして、なぜそれほどに「トスの位置が前」じゃないと、ダメなのか。

今回は改めて考えてみたいと思います。

特に、サーブ&ボレーでプレーする並行陣、ベテランやシニア、女性プレイヤーのみなさんは必見です。

 

サーブのトスを前にするというのは、「着地で完全にコートの内側に入る」ということです

 

1.なぜ、トスが前じゃないとダメなのか

答えは、シンプルです。

その方が、自然に力を伝えやすいし、前に入りやすいから。

今回は、2014年の全豪オープン、男子ダブルス決勝の動画も見ながら、ぜひみなさんイメージしてみて下さい。

まず、トスアップが前、とはこれくらい↓前ということです。

 

テニス サーブ

出典:Youtube

 

コートの内側、30cmくらいに落下するくらいですね。

これって、プロ選手独自のトスアップの位置?いえ、違います。

私たちでも、これくらいの前方向へのトスでちょうど良いんです。

 

 

2.サーブの後の着地から、前への推進力を増していく

実際に動画を見てみると、サーブ&ボレーのスピード感が凄いですよね。

サーブを打った着地、から前への推進力が働いている。

サーブを打ってから走り出す、のではなく、着地からもう自然に前方向へのダッシュが始まっている。

それには、トスアップを前にして、しっかり斜め前にジャンプ!していくことが大事なんです。

繰り返しますが、これはプロ選手のような下半身がなくても、今の私たちの脚力で充分に実践可能です。

 

3.ジャンプして打つから、下からの力で回転がかかる

実際にサーブを打っていく上で、しっかりボールに回転をかけることは大事。

これを手先で何とかしようとしても、上手くいきません。

上手くいったとしても、その細かい動きを繰り返すのは至難の業。

だからこそ、身体を大きく動かす部分、でしっかり回転をかけていく。

トスアップを前にして、斜め前にジャンプしていく力を使うから、下から上方向に回転がかかる。

この力強い回転こそが、本当に強いサーブを生んでいく。

トスアップを変えるだけで、アナタのサーブはきっとみちがえるはずです。

 

4.前を向くのを、極力我慢しましょう!

この打ち方、に慣れるまではこれが大変です。

トスの位置も遠く感じられるので、早く身体を前に向けたいんですよね。

でも、もう一回写真を見てみて下さい。

しっかり肩が入って、トスアップした後も腕が高い位置にあり、横向きをキープ出来ていますよね。

テニス サーブ

 

この状態、で1.0秒くらい維持する、我慢する。

これを意識して、練習してみて下さい。

最初はかなり、難しいと思います。

でも慣れてくると、身体の開きを我慢することで安定するし、しっかり力も伝わることに気付くはず。

女性の方でも、一緒ですよ。

 

トスが身体に近い人は、やっぱり自信が無い、不安なんですよね。

だって、トスアップで身体から遠く、前方向に上げるなんて怖いじゃないですか。

出来るだけ、ボールは身体の近くに置いておきたいと考えるのが自然です。

そこを打破出来た時、きっとアナタのサーブは大きく進歩出来るでしょう。

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. テニス ステップ

    サーブ

    テニスの試合で、「相手サーブをブレイクした後のゲーム」にて意識したいポイント4つ

    1つのブレイクが、そのセットの勝敗を決める。プロの試合では、ほ…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    安定感の無い選手のほとんどが、サーブに力を使い過ぎている

    サーブに皆さん、どの程度力を使っているでしょうか?「大事なショ…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    自分のサーブの「伸びていく力」を把握する簡単な方法とは?

    自分のサーブ、どれくらい相手に伸びていっているのか。入ったコー…

  4. サーブ

    サーブ&ボレー、良いサーブの時こそ集中力キープが大事

    並行陣に必要なサーブ&ボレー、みなさんどうでしょうか。ダブルス…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    自分のサーブの調子が悪い時に、キープに結びつける方法について

    試合が始まって、気付くこと。「今日はサーブ、入らない・・・ぞ」…

  6. テニス 練習

    サーブ

    ファーストサーブをネット、から全て崩れていく

    ファーストサーブを、パサッとネットする。何気ない光景のようです…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    戦術

    敗退の責任の所在は、不明確
  2. 戦術

    雨の後のオムニ、男性は注意!
  3. サーブ

    テニスの試合では、「速くて深いサーブ、意味が無い」ような場面もある
  4. テニス 感覚

    メンタル

    一昨日のカープ優勝の瞬間を観て感じた、「悔しい瞬間を眼に焼き付けること」の大切さ…
  5. テニス ストローク

    フットワーク

    カウンターテニスの基本は、下がることじゃなくて要所で「前に入る」ことで強くなれる…
PAGE TOP