テニス サーブ

サーブ

攻撃的なサーブに必要なのは、「打った後にコートにしっかり入って終わる」くらい前にトスアップする技術です

テニスの試合、自分のサーブがどうしても攻撃的に打てない・・・。

サービスゲームよりもリターンゲームのほうが得意!というと聞こえが良いですが、上のレベルになってくるとなかなかブレイクも難しいですよね。

サーブを攻撃的な武器に変えていく為に、大事な要素は何でしょうか?

今回は、「とにかくトスアップを前」にしてみることで、スピードと安定感をアップさせる方法をご紹介します。

 

攻撃的なサーブに必要なのは、「打った後にコートにしっかり入って終わる」くらい前にトスアップする技術です

 

■体重を乗せたサーブを打つには、打点が全て

どんなに良いフォームを身に付けても、筋力を鍛えても、トスアップの位置が悪ければ全てが台無しに。

後ろの打点から、良いサーブは絶対に打てないことを覚えておいて下さい。

「前にトス、上げてるよ!」という選手も、ほとんどがまだまだ後ろに上げている。

打った後のポジション、しっかり見てみて下さい。

ベースラインよりも、はっきり10cm以上前に着地できていますか?

後ろ足がしっかり上がって、前足で着地できていますか?

このポイントを押さえるだけで、サーブの威力は劇的に変わるでしょう。

 

■それだと、身体が突っ込んでネットしてしまう・・・という方は?

身体、特に上半身が前に突っ込んでしまうと、トスを前に上げても有効活用できません。

大事なのは、膝を曲げてコートをしっかりキックしてジャンプすること。

身体が開いて前を向いてしまわないように、トスアップ後はしっかり我慢すること。

このジャンプを、コートの内側に入っていくように斜め前にジャンプできるように練習していきましょう。

ポイントは、前足の膝をしっかり曲げて、足の裏でしっかりコートを蹴ること。

脚力は、さほど要りません。

この下から上に伝えるイメージが出来れば、年配の方、女性の方でもしっかり良いサーブが打てるようになります。

 

■斜め上にジャンプできれば、サーブの基本動作は完了!

サーブで最も大事なのは、しっかり斜め前に力を伝えていくこと。

フラット、スライス、スピン、全ての球種でこの考え方は基本になります。

トスアップの技術は、本当に重要なのです。

多少打点やグリップは変わりますが、実際にサーブの種類を変えてもトスアップの位置やフォームは変わりません。

プロ選手は相手にばれないように、同じトスとフォームから球種とコースを打ち分けますよね。

まずはアナタ自身、得意な球種でこの前方向へのトスアップで、しっかり良いサーブを打てるように頑張りましょう!

 

ボールを持つ腕をしっかり前方向、相手の方向に出してみて下さい。

腕を出せば、その方向にボールはトスアップされます。

前に、前に・・・と思っても、腕の位置が横だとボールだけ前に飛ばそうとしてトスアップが安定しません。

テニスの技術を変えるときは、その初動の動作から思い切って変更してみる。

これが上達への近道です。

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスにおける本当に良いサーブとは、「前衛を活かすことが出来る」サーブです!

    サーブについての考え方は、人それぞれ。一発で決めたいと思う人、…

  2. サーブ

    「前後より上下動」テニスの試合ではサーブも横向き意識が重要!

    テニスボールは飛ぶように出来ている。もちろん打点が食い込まれた…

  3. テニス メンタル

    サーブ

    サーブだけは相手に左右されない、本当にそうですか?

    私の周りにも、何人かこういう考え方の人がいます。これは、良いよ…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスを前にするというのは、「着地で完全にコートの内側に入る」ということです

    「サーブのトスは、しっかり前に!」というアドバイス、コーチからもらって…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブ練習での的の作り方」を工夫すれば、誰でも実践的で狙う意識と成功体験を養える

    サーブ練習、チームで個人で、しっかり時間を確保出来ていますか?…

  6. サーブ

    テニスにおけるサーブこそ、一番多くの「失敗」が求められる技術である

    テニスにおけるサーブは、なぜか「失敗」ばかりが注目される。ダブルフ…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「ボールの落下点真下」に入ると、意外とスマッシュは打ち辛い
  2. テニス 疲れ

    メンタル

    みんな誰しもが、試合5分前になると「現実主義者」になるのがテニスです
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で気持ちが昂るのは良いが、焦っても良いことは無い
  4. ストローク

    「まずは、ここから。」テニスの試合で使えるストロークの精度を高めるには順序が
  5. テニス 確率

    サーブ

    ダブルフォルトが多い人は、まず「ファーストとセカンドの差」を小さくしていく努力か…
PAGE TOP