テニス メンタル

ストローク

ストロークのラリーをしていて、「相手のボールがスライス回転しているとき」に気付けないと、試合では勝てません

テニスのストロークラリーをしていて、急にスライス回転のボールが混ざってきたときに、適切に対処できますか?

卓球同様に、テニスのストロークにもバウンドによってバウンド後の軌道が大きく変わります。

ですが、そのことに速く気付けるかどうか・・・が、試合でも重要になってきます。

相手のボールがスライス回転しているかどうか、何をチェックすれば分かるのかを、改めて確認しておきましょう。

回転の種類に敏感になってこそ、テニス選手として試合で勝てる第一歩です。

 

ストロークのラリーをしていて、「相手のボールがスライス回転しているとき」に気付けないと、試合では勝てません

 


 

1.山なりなスライス回転を、あなどるな!

山なりのスライス回転のボールは、どこか油断してしまいがち。

それに気付けていないと、スピン回転と同じ準備をしていると、「ボールが飛んで来ない!」という感じで、上体が泳いだようなスィングになってしまいます。

スライスと気付けば、どんどん落下地点に近付いていかないとストロークは打てない。

いつも同じような準備をしていては、ラリーにすらならないのです。

この問題をもっと、初中級の方は深刻に受け止めて欲しいと思います。

 

2.相手のフォームと打球音をしっかりチェック!

フォームをしっかり観察すれば、スライス回転かどうかは分かります。

上からボールに対して入っているかどうか、下から入っているのか、をしっかり確認しましょう。

上から入っているラケットが確認できれば、それは確実にスライス回転。

飛んでくるスピードも少し遅いはず。

また、打球音もスピンに比べてスライスは高い音がします。

相手がネットに出て来るようであれば、要注意。

この相手が打つ瞬間の音にも、試合では敏感になっておく必要があります。

 

3.「ノットアップ」はテニスにおいて、反則です

普段の練習、ラリーの中で、2バウンドに敏感になれていますか?

浅いボールを打って2バウンドになる=ノットアップは、それを受ける側の責任であり失点です。

どこか練習の雰囲気の中で、「浅いボールは、打ったほうが悪い」みたいな空気、ないですか?

これは危険です。

悪いのは、その浅いボールを拾えない選手。

しっかり相手の打つボールがどんな球種なのか、浅いのか深いのか・・・を速く察知して、動けるようにしましょう!

 

スライス回転のボールは、ゆっくりでも弾まないのであまり時間が無い。

なのに悠長に構えて、テイクバックもしないで待っている選手が多いのには驚きます。

相手の打ったボールが、まずスライスなのかスピンなのかを判断して、なるべく早く適切な準備が出来るように意識しましょう。

また粘りのスライスは、アナタ自身の守備にも助けになります。

そして絶対に、自分のコートで2バウンドはさせない。

その強い意識が必要です!

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. ストローク

    相手の打つボールが、「スピンなのかスライスなのか?」を予測する為に必要な観察箇所とは?

    「相手が打つボールを、予測する」ことの大切さは、何度か書かせて頂きまし…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    スピン回転のストロークは、「高い打点と低い打点で回転の種類が違う」、と考えよう

    高い打点と低い打点。皆さんはどんな打ち方で、ストロークを対応し…

  3. テニス ストローク
  4. ストローク

    テニス選手として自立したいなら、「自分に合ったストローク」は自分で見つけ出していこう

    テニスが上手い人って皆同じストロークの打ち方をしているかって言うと、微…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ライジングショットを上達させたいなら、「ネットプレーへの流れを意識」で変わる

    テニスの試合で、スピード間のあるネットへの流れ。これが出来る人…

  6. テニス サーブ

    ストローク

    シンプルにクロスへ深く、振り切るストロークが打てるようになると試合に活かせる

    ストロークの強化を意識する人は、部活の中でどういった練習をしていますか…

特集記事

  1. 練習メニュー

    上級男子ダブルス、に必須の練習とは?
  2. ダブルス

    ダブルスで前衛がポーチに出ても、決まるとは限らない
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「2ポイント差がついたら守備的になる」を意識すると迷いが無くな…
  4. サーブ

    安定感のあるスピンサーブを身に付けたいなら、「ボールを捉えてから手のひらを外側に…
  5. テニス 守備

    フットワーク

    テニスのフットワークは、「左右よりもまず前後から」が基本です
PAGE TOP