メンタル

相手を追い込みつつ、精神状態は一定を保つこと

冷静に攻撃し続けて、相手を仕留める。

またはミスを誘うために、必要なベースとなる意識。

つい、私たちは自分の思い通りになったときに、ウキウキワクワクしてしまいますからね。

鉄の心、じゃないですけど、こういう意識の準備は大事ですよ。

 

相手を追い込みつつ、精神状態は一定を保つこと

 


 

1.上手くいっているときこそ、冷静に

テニスだけじゃないと思います。

私たちは仕事でも恋愛でも、つい上手くいっているときに有頂天になってしまう。

上手くいってること、で満足してしまうんですよね。

まだ何も、成果を残していないのに、自分で満足してしまう人がテニスには多い。

試合全体でもそうですし、1ポイントの中、でもそうです。

ちょっと上手く打てたくらいで、絶対に満足してはいけないんです。

 

2.相手を追い込む段階のショット、は普通のショットで

これを意識しましょう。

アナタ自身の、いつものショットで相手を動かして追い込んでいく。

必殺のショット、で追い込むなんて無理ですし、上手くいったところでそれで満足してしまう。

まだポイントは終わっていない、最後でミスしたら組み立てた得点はテニスでは入りません。

相手を追い込むショット、にこそ、通常のメンタルが欲しい。

それこそ、いつも通り、同じことをやっているような感じですね。

特別なこと、をしていると思うと浮足立ってしまいますから。

 

3.テニス全体だって、アナタにとって特別なことではない

まぁ、つい楽しいから特別と感じてしまうんですけど。

良いショットを、思った通りにコントロールする。

これも、一つのアナタの日常、なはず。

そうしていかないと、試合では勝てないんですよ。

周りがナイスショット!と言っても、アナタにとっては普通のこと。

朝起きて顔を洗い、寝る前に歯を磨く、のと一緒。

な感じで、ドロップやアングル、ロブで相手を崩していく。

理想かもしれませんが、これをイメージして練習して欲しいんです。

 

4.満足癖、をやめていこう

卒業していきましょう。

どこかで、「良い形を作れただけ」で満足してはいませんか?

テニス選手として、これは致命傷になります。

気持ちは分かりますが、ポイントが終わるまで、精神状態は一定に保つ。

盛り上がるでも、下がるでもない。

自分でコントロールして、自分でポイントを冷静に締める。

そのレベルが上がっていくことが、テニス選手としての成長なはずですから。

 

まぁ、理想論です。

実際には、強い相手との試合、こんなに冷静に運べるケースは少ないでしょう。

でも、意識し続けることで、行動や思考は変わります。

テニス選手として試合で結果を出したいなら、鉄の心、必要ですよ。

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. メンタル

    例えば「小雨が降る中での練習をダルい」と感じる選手は、同じような環境での試合に絶対弱い

    小雨が降るような天気、こんな時期は寒いし練習したくない。誰しも…

  2. メンタル

    自分にプレッシャー、相手はそれ以上

    試合の中で、プレッシャーを感じる。それは、ある意味当然のことな…

  3. テニス 部活

    メンタル

    試合の流れが相手にいきかけた時には、「しっかり自分が得意な攻撃」からリズムを戻すことが大事

    試合の流れが動く中で、大事なのは相手の流れになったとき。自分ノ…

  4. メンタル

    セルフジャッジは、自分に厳しく相手に優しく

    最後に、テニスの試合で勝てる人。私はたくさんの試合で審判やレ…

  5. テニス ボレー

    メンタル

    試合に勝てない人は、「楽な方に逃げた挙句に攻撃的なプレー」になっていることが多い

    試合に勝てない選手、確率の悪い攻撃に固執しているような選手。な…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    何度やられても、「繰り返す力がある」選手が強い

    テニスの試合では、忍耐力が求められる。自分がこうと決めたこと、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. ストローク

    相手に大きく走らされたときのストロークは、「意図的に重心低く」打点に入れば大丈夫…
  2. テニス ストローク

    リターン

    試合で相手のサーブの調子が良い時には、先読みして鼻をへし折ろう
  3. テニス メンタル

    戦術

    ピンチでコースを張って逆を突かれたら、全力でウォッチ&ジャッジを
  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    テニスにおいて、「前方向に移動しながらのスマッシュ」は意外と難しいので、しっかり…
  5. テニス メンタル

    戦術

    知っておいて損は無い、「全員から負けにくくなるテニス」はある
PAGE TOP