テニス 練習

メンタル

「大事な試合に一度勝っただけで、すぐ満足してしまう人」と「勝ち続けられる人」の違いとは何なのか?

高い目標を持つことは、テニス選手にとって大事なこと。

ですが眼の前の試合の一つ一つに勝っていくことでしか、その目標には到達できない、厳しい世界です。

アナタは、今どんな目標がありますが?

テニスを通じて成し遂げたいこと。

インターハイ出場?県でベスト8?市民大会でAクラス入り・・・。

こういった目標に向かって歩みを止めない姿勢を持ち続けるうえで、大事なことは何でしょうか?

「大事な試合に一度勝っただけで、すぐ満足してしまう人」と「勝ち続けられる人」の違いとは何なのか?

 

■大事な試合は、テニスのトーナメントではたくさんある

「この試合は大事」と、アナタ自身が感じることはものすごく大事なこと。

目標に向かって試合を勝っていくうえでは、必ず乗り越えなければならない壁が何試合かあります。

まず問われるのが、準備力。

ドローが出ていて、対戦相手が想定できていれば、出来る限りの情報を集めて試合をシミュレーションしてみましょう。

「こうなるだろう」ではなく、「こうなるかも知れない」と、ここはネガティブな要素にもしっかり目を向ける。

準備こそ、勝利の母です。

 

■勝利は満足ではなく自信に変えて、次へ

試合に勝って、その余韻に浸っている選手は多い。

目標という言葉、その目指す場所のことは頭から離れて、もう満足したかのようになってしまう。

こういう選手は、「大事な試合に勝つ」ということへの準備と想定も足りない。

だから一つのステップだけで浮かれて、自分を見失いがち。

次の試合がどうなるか・・・は、もうお分かりですね。

 

■でもこれは、誰もが経験することかも知れない

偉そうに書いていますが、私もこういった経験を何度もしてきました。

山を越えたと勝手に勘違いして、その次の試合の相手をナメてかかる。

結果的に負けてしまって、目標としていたところには届かずに不完全燃焼。

あの勝利、何だったんだ・・・と悩んで悩んで、やっぱり準備の大切さに気付く。

これは私がここで書くよりも、皆さんで一度経験してみるしかないのかも知れません。

 

テニスノートに、今年成し遂げたいことを書いてみる。

そしてそこに、必要な要素、乗り越える壁、想定されるすべてを洗い出して書いてみましょう。

「初心者だし、目標なんて、無いんだけど・・・」という方の目標は、「半年以内に、試合に出れるようになる!」とかでも大丈夫。

書いてみて、準備する。

テニスではこれが一番大事です。

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    アナタが恐れるべきは、対戦相手ではなく「臆病な自分」

    何度か書いて来ましたが、改めて。大事なことは、すみません、何度…

  2. テニス 団体戦

    メンタル

    テニスの試合で、「団体戦の先鋒の選手」に求められる4つの要素とは?

    秋は団体戦の季節。高校生では選抜予選、各地域のテニス協会主催で…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「相手に舐められないように・・・」と考えるより、逆のほうが良くないですか?

    つい試合では、自分を大きく見せておきたい。「相手になめられない…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    セルフジャッジの基本、「オンラインはインの判定」に出来る余裕がアナタにあるだろうか?

    テニスの試合のほとんどは、セルフジャッジ。この中で、アナタ自身…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    コーチや先輩に「本音」を伝えられなければ、アナタのテニスは変わらない

    テニスは自分で考えること、工夫することが大事。このサイトで何度…

  6. テニス 観客

    メンタル

    団体戦で上位を目指したいなら、「準決勝以上の試合の雰囲気」を常にイメージして準備おこう

    秋の大会、団体戦で上位を目指したい。そんなチーム、キャプテンの…

特集記事

  1. テニス 知識
  2. テニス メンタル
  1. テニス イベント

    メンタル

    「試合に勝てる雰囲気」がある選手と、「負けそうな雰囲気ばかり」な選手は何が違うの…
  2. テニス フットワーク

    ダブルス

    ミックスダブルス必勝法は、「序盤で女性が相手の男性に向かっていく」ことに尽きる
  3. テニス 読書

    テニス知識

    T-PRESS筆者が選ぶ「テニスの成長に大事な考え方」を学べる名著5選
  4. テニス ストローク

    リターン

    片手バックハンドのリターンは、ココを意識すると上手くいく!
  5. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃にも守備にも適した、「セミオープンスタンス」でストローク戦で勝負していく為に…
PAGE TOP