テニス 練習

メンタル

「大事な試合に一度勝っただけで、すぐ満足してしまう人」と「勝ち続けられる人」の違いとは何なのか?

高い目標を持つことは、テニス選手にとって大事なこと。

ですが眼の前の試合の一つ一つに勝っていくことでしか、その目標には到達できない、厳しい世界です。

アナタは、今どんな目標がありますが?

テニスを通じて成し遂げたいこと。

インターハイ出場?県でベスト8?市民大会でAクラス入り・・・。

こういった目標に向かって歩みを止めない姿勢を持ち続けるうえで、大事なことは何でしょうか?

「大事な試合に一度勝っただけで、すぐ満足してしまう人」と「勝ち続けられる人」の違いとは何なのか?

 

■大事な試合は、テニスのトーナメントではたくさんある

「この試合は大事」と、アナタ自身が感じることはものすごく大事なこと。

目標に向かって試合を勝っていくうえでは、必ず乗り越えなければならない壁が何試合かあります。

まず問われるのが、準備力。

ドローが出ていて、対戦相手が想定できていれば、出来る限りの情報を集めて試合をシミュレーションしてみましょう。

「こうなるだろう」ではなく、「こうなるかも知れない」と、ここはネガティブな要素にもしっかり目を向ける。

準備こそ、勝利の母です。

 

■勝利は満足ではなく自信に変えて、次へ

試合に勝って、その余韻に浸っている選手は多い。

目標という言葉、その目指す場所のことは頭から離れて、もう満足したかのようになってしまう。

こういう選手は、「大事な試合に勝つ」ということへの準備と想定も足りない。

だから一つのステップだけで浮かれて、自分を見失いがち。

次の試合がどうなるか・・・は、もうお分かりですね。

 

■でもこれは、誰もが経験することかも知れない

偉そうに書いていますが、私もこういった経験を何度もしてきました。

山を越えたと勝手に勘違いして、その次の試合の相手をナメてかかる。

結果的に負けてしまって、目標としていたところには届かずに不完全燃焼。

あの勝利、何だったんだ・・・と悩んで悩んで、やっぱり準備の大切さに気付く。

これは私がここで書くよりも、皆さんで一度経験してみるしかないのかも知れません。

 

テニスノートに、今年成し遂げたいことを書いてみる。

そしてそこに、必要な要素、乗り越える壁、想定されるすべてを洗い出して書いてみましょう。

「初心者だし、目標なんて、無いんだけど・・・」という方の目標は、「半年以内に、試合に出れるようになる!」とかでも大丈夫。

書いてみて、準備する。

テニスではこれが一番大事です。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. メンタル

    テニススクールでの練習は、「空気を読むのが大事・・・」だけど、試合に勝つにはそれだけじゃダメです

    これはテニススクールに限った問題では無いかも知れません。サークルや…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    対戦相手に名前負けしてしまうのは、結局「自分が可愛くて、守りたい」から

    「負けても仕方ない」と、試合中に思ってしまう。それって、テニス…

  3. テニス 環境

    メンタル

    テニスの試合では、戦うべき相手はネットを挟んだ相手だけでなく、「自分自身」だということ

    「弱気は最大の敵」という言葉を残した、元プロ野球選手がいた。広…

  4. メンタル

    「強い相手・弱い相手・普通の相手」でテニスの試合を考えてみる

    テニスの試合に出場した時、対戦相手を3種類に分ける事が出来ます。&…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    誰かのアドバイスを耳で聞くのか、心で聴くのかでは、天と地ほどの差があります

    人の話を聞いているのか、どうなのか。これは、会話の中ですぐに分…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    メンタルに原因を求める人にこそ、メンタルが弱い人

    「自分はメンタルが弱い・・・」という悩みの声、よく相談で頂きます。…

特集記事

  1. テニス アームカバー
  2. テニス 縄跳び
  3. テニス 書籍
  4. テニス タオル
  5. テニス 皮膚
  1. テニス ストローク

    シングルス

    意図的に浅いボールを打ってネットダッシュ、はシングルスで超絶使える基本パターン
  2. テニス ストローク

    ストローク

    本当にロブが上手い選手は、「抜いた後の相手の返球」をイメージ出来ているからポイン…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    気付いてますか?「ファーストサーブが入らない」だけで、ダブルスの前衛は萎えていく…
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「しまった・・・出れた・・・」と思った相手前衛の顔を見逃すな!…
  5. テニス コントロール

    戦術

    セオリー通りにやって勝てるのは、自分と同レベルか少し上の相手まで
PAGE TOP