テニス メンタル

メンタル

「知らないから不安になる、というのはテニスでも同じ」だからこそ、準備が必要な4つの要素

「知って入れば強い」

「知らなければ、弱い」

これはテニスにも、非常に多く通じる部分があります。

知らなければ不安になり、準備不足が自信を削いでいくのがテニスというスポーツ。

いくら練習で伸び伸び良いボールを打っていても、それが試合で使えなければ意味がない。

今回は、「知っておくべき要素」を4つに分類して、考えてみたいと思います。

 

「知らないから不安になる、というのはテニスでも同じ」だからこそ、準備が必要な4つの要素

 


 

1.ルールを知る

テニスのルール、自信を持って知っている、と言える方は何人いるでしょうか?

1試合に1回、あるか無いかのような場面でもしっかり勉強しておけば、それだけで相手より優位に立てる。

もちろんそれは、ローカルルールについても同じです。

各大会において、特別に設定されているルールは優先されますから、試合前、大会要項が出た時点でしっかり確認しておきましょう。

 

2.会場を知る

試合会場について、しっかりと理解を深めておくことは大事です。

慣れた会場だからと言って、油断は出来ません。

端のコートであれば、横幅が狭くワイドへのスペースが無いかも知れない。

オムニやクレー、両方でプレーする可能性だってある会場もあるでしょう。

しっかり事前に調べる、行ったことが無いコートであれば人に聞いたり下見する、くらいの行動力が大事です。

 

3.相手を知る

今では、インターネットで対戦相手の検索が出来る。

ざっくりした実績、対戦した相手はそこで知ることが出来る可能性が高いのです。

であれば、初対戦の相手でも試合前に情報は集められる。

そのためには、普段からテニスを通じたネットワーク、友達との情報共有が大事ですね。

アナタも知っていることはどんどん伝えて、ギブアンドテイクの精神で情報戦に強いネットワークを作っていきましょう。

 

4.自分を知る

簡単なようで、一番難しい。

自分の今の状態、出来ることとやりたいこと、やるべきことは、しっかりテニスノートに書き出して準備しましょう。

目的は、試合に勝つために自分の情報を整理すること。

試合の現場で、正しい判断が出来るようにしておくことです。

弱い部分からも目をそらさずに、しっかり向き合っておけば試合でも強く戦えます。

 

試合前から、試合は始まっている。

テニスコートに立ったときには、もう優位がはっきり付いているくらいに考えましょう。

0-0のスコアでスタートしているようで、もうそこには差が付いている。

プロ選手はそれくらい、準備を大事にしています。

「自分は、そこまでやりたくない・・・」と思った方、ぜひ一歩自分を変える機会にしましょう。

だって実力が同じくらいの相手には、やっぱり勝ちたいじゃないですか。

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    試合を動かしているのは、「もう一人の自分」という意識を持てると全体を俯瞰して見れる

    気合いを入れて、試合に臨む。大事なポイントでは声も出すし、一生…

  2. テニス 居場所

    メンタル

    テニスの練習も試合も、「居心地の良い場所にいる癖」が付くとテニスの上達は止まる

    毎日テニスの練習、楽しんで出来ていますか?「本当に楽しい!」と…

  3. テニス サーブ
  4. テニス メンタル

    メンタル

    相手のダブルフォルトを期待する、のは応援に任せましょう

    試合の中で、つい・・・リターンのときに考えてしまう。でも、考え…

  5. テニス メンタル
  6. メンタル

    自分にプレッシャー、相手はそれ以上

    試合の中で、プレッシャーを感じる。それは、ある意味当然のことな…

特集記事

  1. 練習メニュー

    練習が締まるかどうか、を人任せにしてはいけない
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーで顔を残すことが出来れば、打てるコースは自然に拡がる
  3. テニス ボレー

    メンタル

    テニスの試合で「粘るプレイヤー」に対しては、緩急の「緩」の返球を狙いポイントを獲…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスで前衛が苦手な人は、「あるコツを使って、楽々ポーチ」作戦を!
  5. テニス メンタル

    ストローク

    「使ってない軸足ありませんか?」テニスのストロークで意識したい自分のスタンスにつ…
PAGE TOP