テニス サーブ

サーブ

サービスゲームで優位なカウントでは、積極的に「緩いサーブ」もファーストに入れていこう

サーブは常に、リターン側の選手との駆け引きが大事。

どんなに速いサーブでも、一定のコースにしか打てないと相手は対応してきます。

であれば、コースや球種の他に速度、という要素もアナタのサーブの揺さぶりの中に入れて欲しい。

そう、あえてファーストサーブに遅いサーブを混ぜてみる、というのは実は有効な作戦なのです。

 

サービスゲームで優位なカウントでは、積極的に「緩いサーブ」もファーストに入れていこう

 


 

1.リターンは打点を下げさせれば、攻撃されない

サーブでエース、にならない限りはテニスはラリー勝負。

その中でリターンの攻撃力をいかに削ぐかは大事なポイントです。

まずは、打点を下げさせたい。

そうすれば攻撃をさせないだけでなく、ミスも誘えます。

そのためには、ファーストサーブということで後ろに下がっている相手に対して「緩いサーブ」を打ってみる。

バウンド後も伸びないので、慌てて前に出てきて打点が低いリターンを打たざるを得ない・・・感じになるはずです。

 

2.スライスサーブは、意表を突いたサーブにピッタリ

私のお勧めはスライスサーブ。

ワイド気味に浅く打つことが出来れば、相手をコートから追い出すことも出来ます。

普段のサーブとフォームは同じで、グリップや打点を変えて速度もコントロール出来るようになりましょう。

打点は少し低く、ボールの横、右利きの方であればボールの右側を捉えて打つようなイメージで、練習してみて下さい。

軌道はあくまで少し山なり、を意識です。

 

3.相手を揺さぶって、打ち気をそらすという感覚が大事

サーブに限らず、ですが、アナタ自身相手の「意表を突く」ということを意識しましょう。

考えていることの逆を突くことの楽しさ、を覚えるとテニスは楽しい。

速いサーブに備えている、相手を観て緩いサーブを混ぜる遊び心が試合では必要です。

その為にも、まずはどんどん、使ってみる。

効くシチュエーション、相手はどんなパターンかを経験で覚えていくのが一番です。

 

野球選手のピッチャー、がバッターのタイミングを外す。

他スポーツでも同じですが、遅いボールを上手く使えば自分のスタミナも温存出来る。

そしてより、速いボールも活きるので効果的です。

ぜひ、アナタ自身も速度での揺さぶり、を自分の武器に磨いていってください。

サービスゲームのキープ、もっと楽に出来るはずです!

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. サーブ

    シングルスの試合で「セカンドサーブの後」に必ず必要なディフェンスの意識について

    シングルスの試合では、カバーする範囲が広い。特にセカンドサーブ…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのときのトスアップの腕、しっかり最後まで活用すれば安定感がアップ!

    サーブで見落とされがちな大切な技術に、トスアップの腕の使い方があります…

  3. サーブ

    セカンドサーブが入らない人が、見直したい基本5つ

    セカンドサーブが、試合で入らない。もう、ファーストサーブがフォ…

  4. サーブ

    試合で使える「センターへのキックサーブ」を身に付ける為の、身体の使い方について

    安定感があって攻撃的なサーブ、理想ですよね。まずイメージするの…

  5. サーブ

    リターンダッシュを、引いて待ってはいけない

    相手がリターンから、前に出て来る。これは、ベテランテニスの試…

特集記事

  1. テニス 確率

    メンタル

    「メンタルが強くなりたい?」だったら、スリルを楽しめるようになろう
  2. 戦術

    テニスは練習から「混ぜる」のを癖にしよう
  3. テニス 練習

    ストローク

    「ドロップショットのちょっとしたコツ」テニスの試合では、身体が勝手に反応できると…
  4. 戦術

    錦織選手がフェデラー選手に勝てた、その理由について
  5. ボレー

    低いボレーを低く狙うよりは、積極的にロブボレーを使おう
PAGE TOP