テニス 指導

戦術

テニスの試合前にエネルギーを溜めて挑む、ために必要な準備7つ

テニスの試合前、開始30分前くらいの時間。

ここを、どう過ごすのか、みなさんはどうでしょうか?

実際に、この時間の過ごし方で、試合結果は変わります。

整理しておくだけで、テニスの試合は勝てるはず。

少しでも、みなさんのヒントになれれば、嬉しいです。

 

テニスの試合前にエネルギーを溜めて挑む、ために必要な準備7つ

 


 

1.やることを明確にする

まず、試合で何を自分はやるのか。

これは、相手がどうとかいう前に、決めておくことが大事です。

例えば、1ポイント目に必ずネットに出る、並行陣を作る。

リターンは、ストレートに打つ、等決めておく。

やることを明確にしておけば、やっただけで「ミスではない」と自信を持てますからね。

何も準備しないでミス、失点、だから痛いんです。

 

2.やらないことも明確にする

1.と同時に、やらないことも明確にしましょう。

例えば私なら、「入れにいくセカンドサーブは、絶対に打たない」と決めています。

同時に、ファーストサーブもほぼ、セカンドサーブのようなイメージ。

大きく振って、オーバーフォルトはOK、置きにいくことをしない。

後は、「失点で悔しがることを、しない」のもありますね。

相手に弱みを見せる、ようなことはしないと決めておけば、ペアでも一体感が出て来るはずです。

 

3.リターンからの攻撃をイメージして素振り

私はこれを、絶対に試合前にやります。

出来れば、他の試合をやっているコートの近くで、選手のサーブに合わせて足を作る。

スウィングはほとんどしないですが、実際に打つ選手とボールを見ながら素振りをしておくと、試合でも最初から身体が動きやすい。

サーブに目を慣らしておく、というのも大事な要素ですね。

 

4.ネットプレーをどこで入れるのかを決める

これも、明確に決めておきましょう。

決めておけば、それがアナタ自身の決断力になり、エネルギーになる。

私はいつも、シングルスの試合でもゲームの最初のポイント、それからゲームポイントでは、ネットに出ると決めています。

これもまた、決めているのでそれを実行すれば、それで成功!のようなもの。

ですので、失敗してもメンタル的にダメージは少ないんです。

 

5.テニスノートをポイントを決めて読み返す

どこを読み返すのか、がポイント。

出来るだけ、上手くいった試合の記録や言葉、を私は読み返す。

付箋を貼っておいて、試合前にココを読む、という風に決めておくと良いでしょう。

自分に厳しいだけのテニスノート、だとなかなか難しいですから。

普段から、しっかり自分を認める、褒めるような言葉も交えて書いておきましょう。

 



 

6.トイレと水分補給を15分前に終えておく

試合の直前に、この2つはやらない。

トイレは混んでいるかも知れないし、ドリンクも無いことに試合直前に気付く、ともう遅い。

しっかり15分前には、終えておくことが大事。

これも、試合でのエネルギーを溜める、大事な要素です。

 

7.感謝の気持ちを持ってコートに入る

最後は、これでいきましょう。

誰に感謝をするのか、今日テニスの試合が出来ることに。

明確にしておくと、すごく自分の強さになりますよ。

自分の両親、対戦相手、コーチや仲間、コートを準備してくれた運営のみなさん。

その人たちの為にも、自分はしっかり、試合をやり切るんだと。

こういう気持ちは、学生だけが持てば良いという話ではありません。

社会人、大人である私たちこそ、大事にしないとダメなんです。

 

試合前の過ごし方、でその人の実力は分かる。

強い人は、すごくこの30分を大事にします。

もちろん、そこに正解はありません。

考え続け、努力して工夫し続けること、が正解ですから。

ピックアップ記事

  1. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. 戦術

    ダブルスの基本、苦しい時は遠くの相手に返球して時間を作ろう

    ダブルスの試合で、相手のペースが速い時。攻撃されて苦しい時には…

  2. テニス メンタル

    戦術

    アナタのナイスショットは、相手にとってどうなの?

    結局、テニスはここなんです。相手にとって、どうなのか。…

  3. 戦術

    4ゲーム終わった段階で、知ることは出来ているか?

    どんな試合でも、自分の中で4ゲーム。この意識をしっかり持って…

  4. テニス メンタル

    戦術

    粘ってもミスしてくれない、相手には攻めないと試合には勝てない

    相手を攻撃していくこと、から逃げてはいけない。粘り勝つ、という…

  5. 戦術

    足し算から、引き算へ

    テニス歴が、長いみなさんへ。色々なことを経験し、吸収して来た…

  6. 戦術

    大切なのは、自分が有利になる状況を作ること

    試合の中で意識したいこと。当たり前のようで、いつも自分で意識…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス知識

    「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. テニス メンタル

    その他

    試合に勝つ為のテニスとは、「自分を殺したつまらないテニスか?」という問いかけにつ…
  3. テニス ストローク

    戦術

    テニスというルールの中で、自分の土俵を作れば試合に勝てるはず
  4. その他

    「試合に出続けながら苦しもう」スペインテニス界のトーナメント事情
  5. ロブ

    意外と高いロブは、前衛が嫌がる
PAGE TOP