テニス 指導

戦術

テニスの試合前にエネルギーを溜めて挑む、ために必要な準備7つ

テニスの試合前、開始30分前くらいの時間。

ここを、どう過ごすのか、みなさんはどうでしょうか?

実際に、この時間の過ごし方で、試合結果は変わります。

整理しておくだけで、テニスの試合は勝てるはず。

少しでも、みなさんのヒントになれれば、嬉しいです。

 

テニスの試合前にエネルギーを溜めて挑む、ために必要な準備7つ

 


 

1.やることを明確にする

まず、試合で何を自分はやるのか。

これは、相手がどうとかいう前に、決めておくことが大事です。

例えば、1ポイント目に必ずネットに出る、並行陣を作る。

リターンは、ストレートに打つ、等決めておく。

やることを明確にしておけば、やっただけで「ミスではない」と自信を持てますからね。

何も準備しないでミス、失点、だから痛いんです。

 

2.やらないことも明確にする

1.と同時に、やらないことも明確にしましょう。

例えば私なら、「入れにいくセカンドサーブは、絶対に打たない」と決めています。

同時に、ファーストサーブもほぼ、セカンドサーブのようなイメージ。

大きく振って、オーバーフォルトはOK、置きにいくことをしない。

後は、「失点で悔しがることを、しない」のもありますね。

相手に弱みを見せる、ようなことはしないと決めておけば、ペアでも一体感が出て来るはずです。

 

3.リターンからの攻撃をイメージして素振り

私はこれを、絶対に試合前にやります。

出来れば、他の試合をやっているコートの近くで、選手のサーブに合わせて足を作る。

スウィングはほとんどしないですが、実際に打つ選手とボールを見ながら素振りをしておくと、試合でも最初から身体が動きやすい。

サーブに目を慣らしておく、というのも大事な要素ですね。

 

4.ネットプレーをどこで入れるのかを決める

これも、明確に決めておきましょう。

決めておけば、それがアナタ自身の決断力になり、エネルギーになる。

私はいつも、シングルスの試合でもゲームの最初のポイント、それからゲームポイントでは、ネットに出ると決めています。

これもまた、決めているのでそれを実行すれば、それで成功!のようなもの。

ですので、失敗してもメンタル的にダメージは少ないんです。

 

5.テニスノートをポイントを決めて読み返す

どこを読み返すのか、がポイント。

出来るだけ、上手くいった試合の記録や言葉、を私は読み返す。

付箋を貼っておいて、試合前にココを読む、という風に決めておくと良いでしょう。

自分に厳しいだけのテニスノート、だとなかなか難しいですから。

普段から、しっかり自分を認める、褒めるような言葉も交えて書いておきましょう。

 



 

6.トイレと水分補給を15分前に終えておく

試合の直前に、この2つはやらない。

トイレは混んでいるかも知れないし、ドリンクも無いことに試合直前に気付く、ともう遅い。

しっかり15分前には、終えておくことが大事。

これも、試合でのエネルギーを溜める、大事な要素です。

 

7.感謝の気持ちを持ってコートに入る

最後は、これでいきましょう。

誰に感謝をするのか、今日テニスの試合が出来ることに。

明確にしておくと、すごく自分の強さになりますよ。

自分の両親、対戦相手、コーチや仲間、コートを準備してくれた運営のみなさん。

その人たちの為にも、自分はしっかり、試合をやり切るんだと。

こういう気持ちは、学生だけが持てば良いという話ではありません。

社会人、大人である私たちこそ、大事にしないとダメなんです。

 

試合前の過ごし方、でその人の実力は分かる。

強い人は、すごくこの30分を大事にします。

もちろん、そこに正解はありません。

考え続け、努力して工夫し続けること、が正解ですから。

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート

関連記事

  1. テニス ガスケ

    戦術

    テニスにおける速い攻めは、コートの後ろからだと絶対に難しい

    連続攻撃で、相手に時間を与えないストローク。錦織選手も得意とす…

  2. 戦術

    上手くいっていることは、誰だって変えたくないもの

    試合の中で、何かが成功する、上手くいく。これは、順調そうに見え…

  3. テニス 前衛

    戦術

    40-30でのサーブ、ノーアドバンテージ形式は「2本中1本で良い」と思えたら楽になる

    今回も、私が実際の試合で使っている「言葉」について。試合形式が…

  4. テニス ロブ

    戦術

    リードしている時間帯こそ、相手の「変化」を見極めることが大事

    試合が進んでいく中で、少しずつリード出来た場面。普通の人は、絶…

  5. 戦術

    接触プレーが無いテニス、だからプレッシャーは甘くなる

    テニスはネットを挟んで、相手と相対する競技。こ同じような競技は…

  6. 戦術

    想像するから、テニスは強くなる

    みなさんは、何かを想像することは好きですか?私は、大好きです…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「自信があるフリ」は、自分の頭をも凌駕していく
  2. テニス メンタル

    戦術

    崩して満足、だから試合に勝てない
  3. テニス 準備

    戦術

    テニスの試合で相手にやられること、失点することは、悪いことじゃない
  4. テニス リターン

    リターン

    ダブルスの試合で有効な「ドロップショット気味のリターン」は、置きにいくとネットを…
  5. テニス

    ダブルス

    攻撃力の高い前衛は、「1球で決まらなくても、相手を逃がさない」そのしつこさがある…
PAGE TOP