テニス サーブ

サーブ

遅いサーブを自分の基本サーブ、に据えておくことをオススメします

特に男性の方は、自分のサーブにこだわりがある方は多い。

屈強な体格の方は、まさにそうじゃないですかね。

私は、ガンガン打っていくサーブも、一つの魅力だと思います。

やっぱりプレッシャーになるし、入れば怖いですからね。

そう、入れば・・・です。

入らないことの方が多い、また、そもそも速いサーブを打ち辛い体格の私たちは、何を考えてサーブを打つべきか。

私は、試合でこのスタンスです。

 

遅いサーブを自分の基本サーブ、に据えておくことをオススメします

 

1.自慢じゃないですけど、サービスエースは多い方です

実は・・・私は、普通の方よりはサービスエース、多い方だと思います。

1試合、1セットマッチで2本くらいはノータッチエースを取れる自信があるし、実際もっと取れる試合もあります。

それは、なぜか。

「遅めのサーブ」を基本に据えているからです。

サービスエースは、速さが大事?

それは、200km/h以上を出せる方の発想ですね。

私が意識しているのは、徹底した緩急。

遅いサーブ、を基本に据えるからこそ、普通の速度でノータッチエースが取れるんですよ。

 

2.遅いサーブを、相手に印象付けよう

回転量が多く、速度は遅めのサーブ。

これを、私はファーストサーブでも打っていきます。

試合の序盤、こういうサーブを打っていると・・・相手は何を考えるか。

「前に踏み込んで、攻撃出来るな!」となる訳です。

そうなると、当然相手にも隙が生まれます。

センターへの緩いキックサーブ、を見せておけば、ワイドのコースは空いて来る。

大事なカウントで、この空いたワイドへのコースに普通の速度でスライスサーブを打つ。

私のいつものパターンは、これだけです。

これで充分、エースが取れるのがテニスのサーブなんですよね。

 

3.遅いサーブを基準にして、普通のサーブを活かしていこう

速いサーブが打てる方は、なおさら「遅め」のサーブをお勧めします。

それだけしっかりラケットが振れている、ということですから。

グリップを変えて軌道を変えれば、必ず回転量の多い安定したサーブは打てます。

このサーブをしっかり序盤に使って、相手に印象付けること。

試合では、ここからまず入っていくと効果的ですよ。

スコアも崩れないし、相手に印象付けて後半への布石も作れる。

速いサーブが打てるなら、それを活かす試合作りをしていきましょう。

 

4.速いサーブは、実は合わせやすい

試合も勝ち進んでいくと、必ず相手は強くなります。

それこそ、速いサーブを普段から受けている選手ばかり、でしょう。

速いファーストサーブが入っても、アナタが優位に立てるとは限らない。

こういう相手には、必ず緩急の出し入れが必要になります。

遅いサーブが、自分の基本サーブなんだ、と。

これを考えておく、準備することが出来れば、きっとアナタ自身のメンタルも安定するはず。

打ち込まれるのが怖い?

きっと、ダブルフォルトで壊れていく方が、よっぽど確率が高いですし怖いですよ。

 

粘りのようで、攻撃。

安定のようで、実はギャンブル。

私は、サーブって本当に駆け引きだと思います。

私自身、最初は「サーブがしょぼそう」に見えて、実はサーブは嫌いじゃない。

どちらのサイドからもスライスでエースは狙えるし、ポジショニングを見て有効なコースも選べる。

みなさんにも、きっと出来るはずです。

遅めのサーブが、自分の基本サーブ。

これで試合に挑むと、変な負け方は減るはずです。

ピックアップ記事

  1. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

関連記事

  1. テニス ストローク

    サーブ

    速いサーブを打つパートナーなら、リターンの球筋は割れていく

    速いサーブを打って、相手がリターンする。その時のリターンって、…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    「やってみたら、勝てる可能性アップ!」シングルスの試合でサーブ&ボレーが有効な対戦相手の特徴4つ

    シングルスの試合でのサーブ&ボレー、皆さんは1試合に何回くらい入れます…

  3. テニス サーブ
  4. サーブ

    テニスの試合巧者になりたければ、「サーブは最低2種類の球種」を打てるようにしよう!

    サーブを強くして、キープ率を上げたい。そう考える人は、多いはず…

  5. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合、「マッチポイントをサービスエースで終わりたい」男子なら誰もが考える夢に挑戦したい

    テニスを始めたときの動機、皆さんはどんな感じでしたか?「何とな…

  6. テニス 前衛

    サーブ

    テニスのハイレベルなダブルスの試合では、「サーブは必ずしもセンター中心」とは限らない

    特に男子ダブルスのサーブ、レベルが上がればセンターへの配球が多くなる。…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス イベント

    ストローク

    「やっぱりバックハンドストロークが苦手・・・」打点が遅れてしまう悪循環について
  2. ダブルス

    「ダブルスの試合で、相手前衛が気になる!」ときには、しっかりストレートに打って足…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「両手バックハンドストロークのダウンザライン」をテニスの試合で打てるようになるポ…
  4. テニス メンタル

    リターン

    曲がるスライスサーブに対しては、「打点に近付き過ぎるくらい」で、ちょうど良いリタ…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合での決定打に!「フォアハンドのダウンザラインショット」を磨く練習…
PAGE TOP