テニス サーブ

サーブ

「サービスエースの種類、実はたくさんあるの知ってますか?」テニスの試合をよく観察すると気付くこと

プロ選手のテニスの試合では、サーブ1本でポイントが決まるケースが多くあります。

一般の試合でもレベルが上がってくるとサービスエースのポイントも増えてきますが、ただボールスピードが速いだけのノータッチエースは少ないのが特徴です。

実はサーブのスピードがそれほど速くなくても、試合でエースを量産できる選手はいます。

そこには、どんな特徴があるのでしょうか?

 

「サービスエースの種類、実はたくさんあるの知ってますか?」テニスの試合をよく観察すると気付くこと

 

1.「ノータッチエース」はサーブの速度が速いから?

もちろん、スピードは重要な要素です。

しかしプロの試合でも観て分かるとおり、ビッグサーバーに対してはリターン側も予測を立てて準備しますので、反撃される機会も多くなります。

この「読み」をどう外していくか、また左右だけでなく前後、回転でどう揺さぶりをかけていくかが、実際の試合では重要な要素になります。

 

2.「リターン側の予測」の裏をかいてみる

リターン側の相手との駆け引きで、何を注意すれば良いのか・・・。

特にセカンドサーブになったときには、しっかり対策を練って望みたいところ。

相手もきっと、フォアで回り込んだり前にチャージしてきたり・・・と、作戦を狙ってきています。

その為にコースの打ち分けは、できるだけ同じフォームからしておけるように練習しましょう。

注意したいのはセカンドサーブですので、ライン際を狙い過ぎなくてOK、ということ。

フォア、またはバックで予測を外すことができれば攻撃される可能性は低くなります。

まず一般の大会では、セカンドサーブ=攻撃されない、という点を重視しましょう。

 

3.「サーブの初動を観て取れる!」と思った油断が、鋭い曲がりでエースになる

そして私がお勧めしたいのが、このスライス系でエースを狙うサーブ。

最初、リターン側がサーブを見たときは触れる、と感じてもそこから予想を上回る回転でスライスして切れていくサーブ。

これは少し打点を落として、右利きの方であればボールの左側を切っていく形で、ネットの上に目標を作りましょう。

普段の練習で曲がり具合を確認して、実際の試合では逆算してネット上に狙いを定めて打ちます。

心理的な隙を突いていけば、まだまだアナタのサーブは武器になります。

 

4.「記録」に残らないサービスエース、試合で積み重ねるポイント

サービスエースは、プロテニス選手の試合でも基本的に「ノータッチエース」のみが記録上カウントされます。

しかし一般のテニスの試合では、そんなノータッチエースは多くありません。

意識して欲しいのは、「サーブでしっかり崩せたポイントかどうか」という点。

これを試合の中で、シングルスでもダブルスでも、どれだけ積み重ねていけるかを考えてみて下さい。

感覚がつかめるようになると、サービスゲームをキープすることに自信ができますし、基準ができるので自分の調子の良し悪しを判断できるようになります。

 

一般のテニス、高校生のテニス、女性のテニス、全てに共通して言えることは、サーブ力が乏しい方多いということ。

これはある意味仕方の無いことでもありますが、ちょっとの工夫でサービスゲームをキープできるコツが身に付くはずです。

そのコツに厚みを持たせるのが、時に「サービスエース」というポイントを相手に見せるということ。

スピードが全てではありません。

駆け引きや回転量を意識して、試合で使えるサーブを磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    サーブだけは相手に左右されない、本当にそうですか?

    私の周りにも、何人かこういう考え方の人がいます。これは、良いよ…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    遅いサーブを自分の基本サーブ、に据えておくことをオススメします

    特に男性の方は、自分のサーブにこだわりがある方は多い。屈強な体…

  3. テニス メンタル

    サーブ

    試合で使える良いサーブとは、リターンのコースを限定出来るサーブです

    「良いサーブを打ちたい!」と、誰もが口にする。でも、アナタ自身…

  4. テニス リターン

    サーブ

    安定感のあるサーブを目指すなら、「低めのトスアップ」をお勧めする4つの理由

    「なかなかサーブが上達しません・・・」というお悩みの声を、アン…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブ練習を工夫したい!」なら、より実践的に且つ自信に変えていく練習にしていきませんか?

    「サーブ練習だけ、どうやって良いのか分からないんです・・・」というご質…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブ練習での的の作り方」を工夫すれば、誰でも実践的で狙う意識と成功体験を養える

    サーブ練習、チームで個人で、しっかり時間を確保出来ていますか?…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ストローク

    高い打点のストロークから、ネットプレイヤーを攻撃していく極意とは?
  2. テニス ストローク

    ダブルス

    雁行陣でドロップショットを打たれたら、どちらの選手が拾うのが良い?
  3. その他

    「世界への扉」はテニスの世界もノックしてみないと何も始まらない!
  4. テニス ストローク

    ストローク

    自分のストロークで深さが足りないと感じたら、「ボールの軌道の頂点」で調整するとミ…
  5. テニス ボレー

    ロブ

    ロブは上に打ち上げるのではなく、前に押し込んでいこう!
PAGE TOP