テニス サーブ

サーブ

「サービスエースの種類、実はたくさんあるの知ってますか?」テニスの試合をよく観察すると気付くこと

プロ選手のテニスの試合では、サーブ1本でポイントが決まるケースが多くあります。

一般の試合でもレベルが上がってくるとサービスエースのポイントも増えてきますが、ただボールスピードが速いだけのノータッチエースは少ないのが特徴です。

実はサーブのスピードがそれほど速くなくても、試合でエースを量産できる選手はいます。

そこには、どんな特徴があるのでしょうか?

 

「サービスエースの種類、実はたくさんあるの知ってますか?」テニスの試合をよく観察すると気付くこと

 


 

1.「ノータッチエース」はサーブの速度が速いから?

もちろん、スピードは重要な要素です。

しかしプロの試合でも観て分かるとおり、ビッグサーバーに対してはリターン側も予測を立てて準備しますので、反撃される機会も多くなります。

この「読み」をどう外していくか、また左右だけでなく前後、回転でどう揺さぶりをかけていくかが、実際の試合では重要な要素になります。

 

2.「リターン側の予測」の裏をかいてみる

リターン側の相手との駆け引きで、何を注意すれば良いのか・・・。

特にセカンドサーブになったときには、しっかり対策を練って望みたいところ。

相手もきっと、フォアで回り込んだり前にチャージしてきたり・・・と、作戦を狙ってきています。

その為にコースの打ち分けは、できるだけ同じフォームからしておけるように練習しましょう。

注意したいのはセカンドサーブですので、ライン際を狙い過ぎなくてOK、ということ。

フォア、またはバックで予測を外すことができれば攻撃される可能性は低くなります。

まず一般の大会では、セカンドサーブ=攻撃されない、という点を重視しましょう。

 

3.「サーブの初動を観て取れる!」と思った油断が、鋭い曲がりでエースになる

そして私がお勧めしたいのが、このスライス系でエースを狙うサーブ。

最初、リターン側がサーブを見たときは触れる、と感じてもそこから予想を上回る回転でスライスして切れていくサーブ。

これは少し打点を落として、右利きの方であればボールの左側を切っていく形で、ネットの上に目標を作りましょう。

普段の練習で曲がり具合を確認して、実際の試合では逆算してネット上に狙いを定めて打ちます。

心理的な隙を突いていけば、まだまだアナタのサーブは武器になります。

 



 

4.「記録」に残らないサービスエース、試合で積み重ねるポイント

サービスエースは、プロテニス選手の試合でも基本的に「ノータッチエース」のみが記録上カウントされます。

しかし一般のテニスの試合では、そんなノータッチエースは多くありません。

意識して欲しいのは、「サーブでしっかり崩せたポイントかどうか」という点。

これを試合の中で、シングルスでもダブルスでも、どれだけ積み重ねていけるかを考えてみて下さい。

感覚がつかめるようになると、サービスゲームをキープすることに自信ができますし、基準ができるので自分の調子の良し悪しを判断できるようになります。

 

一般のテニス、高校生のテニス、女性のテニス、全てに共通して言えることは、サーブ力が乏しい方多いということ。

これはある意味仕方の無いことでもありますが、ちょっとの工夫でサービスゲームをキープできるコツが身に付くはずです。

そのコツに厚みを持たせるのが、時に「サービスエース」というポイントを相手に見せるということ。

スピードが全てではありません。

駆け引きや回転量を意識して、試合で使えるサーブを磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    サーブを打つ前から緊張する人は、「踵(かかと)」からゆっくり入るとリラックス出来るはず

    サーブを打つ前、緊張しますよね。これは、テニスの試合では避けて…

  2. テニス ボレー

    サーブ

    テニスにおけるサーブ&ボレーの基本は、「自分がサーブを打った方向に詰めていく」ポジショニング…

    サーブ&ボレー、の基本を見直すと、攻撃的なテニスが可能になる。…

  3. テニス メンタル

    サーブ

    何度でも言いますが「サーブを見直さない限り」、アナタに未来は開けない

    一番難しい、だけど一番試合で使うサーブ。これって、一つの技術と…

  4. サーブ

    5-4でのサービスゲーム、は本当に難しい

    サービスゲーム、あと1ゲームで勝ち。サービングフォーザマッチ、…

  5. サーブ

    「肩が痛くて腕が上がらないときに」無理しない脱力サーブを打てると便利

    テニスを長く続けていると、肩の怪我や上に上がらない・・・といったことも…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    サーブで打つコースに悩んだら、「困ったときの○○」でラケットを振り切ろう!

    試合の中で、サーブがなかなか入らない。または相手のリターンが強…

特集記事

  1. テニス リターン

    戦術

    相手コートにボールがある瞬間、こそアグレッシブに
  2. テニス メンタル

    スマッシュ

    テニスの試合の中で、「スマッシュを打つときの反応が遅くなる」5つの要因と解決方法…
  3. 練習メニュー

    ダブルスの動きを鍛える、2対2のボレー対ストローク練習
  4. テニス メンタル

    ストローク

    苦し紛れのドロップショットは、結構相手にバレバレです
  5. メンタル

    「意外性の高いショット」は、ポイントをリードしているときに
PAGE TOP