テニス サーブ

サーブ

「ウォーミングアップはサーブ4本のみ」さて、テニスの試合前に何を確認する?

一般の草トーナメントや学生の大会で、試合前のウォーミングアップで一番多いのが「サーブ4本のみ」という形。

この短い時間をどう活用するか・・・で、大事な試合の序盤の流れが大きく左右されます。

勝ち慣れたテニスプレイヤーは、何を確認しているのかを探ってみました。

 

「ウォーミングアップはサーブ4本のみ」さて、テニスの試合前に何を確認する?

 


 

1.すぐに打つ必要は無し!まずは「トスアップ」から練習を

慌ててすぐに、サーブを打つ必要はありません。

まずは1~2回、各サイドでトスアップを練習しましょう。

太陽の向き、風の具合など、その場でしか確認できないことがたくさんあります。

もちろん身体全体のストレッチは、試合前に終わらせて腕をしっかり上げられるように準備しておくのは大前提です。

 

2.「セカンドサーブを4本」練習して、本番ではセカンドを少し強く打つファーストサーブでOK

肝心のサーブですが、お勧めはセカンドサーブを4本、各コースに打っておくこと。

ファーストサーブは、試合ではセカンドサーブを少しグレードアップさせたもの、と考えるほうが良いでしょう。

また練習でしっかりセカンドサーブが入っていれば、気持ちも楽にファーストサーブに入っていけます。

 

3.「打ちたいコース」がずれていなければ問題無し、距離感は調整可能!

その②のサーブですが、注意すべきは「打ちたいコース」がずれていないかどうか。

長さ・距離は回転量で調整できますので、コースがずれていたら修正が必要です。

スタンスの向きを再確認して、調整できるように、普段のサーブ練習から自分のスタンスとボールの飛ぶコースを確認する癖を付けましょう。

全体の打ち方は変えずに、身体の向きだけで調整できると試合で有効です。

 

4.「相手のフォアハンド、バックハンド」リターンの両方を打たせて確認

試合前のウォーミングアップは、自分の確認作業だけでは勿体無い。

相手のリターンに対する意識、強さ、癖も確認したいところ。

特に注意したいのは、「踏み込んでくるのか」と「立ち位置」「グリップ」。

この情報は、戦略を立てる上で必須です。

「右の人はフォアで待っている」「左の人はセンターのサーブを踏み込んでくる、上手い」など。

サーブ練習が終わったら、ダブルスであればお互いの印象を共有して試合前に共通認識を持っておくようにしましょう。

 

試合に勝てないと嘆いている人ほど、このサーブのアップを適当にやっているように感じます。

強いペアは、じっくりやります。

そして、オーバーフォルトはOK、ネットはしないように意識しているんだとか。

サーブ練習でネットにかけると、それを拾いに行ったりして逆サイドのパートナーにも迷惑をかけますよね。

リズム良く試合に入るために、アップからもう試合は始まっています。

少しずつ、意識を高くもっていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス ダブルス

    サーブ

    ダブルスのサーブ、ノータッチエースより「相手に触らせる」ことを意識

    皆さんは、ダブルスの試合とシングルスの試合、何かサーブを変えていますか…

  2. サーブ

    肘の高さが低い人は、サーブに難有り

    サーブがどうしても、安定しない。そう悩んでいる人は、一目見れば…

  3. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合、「サーブを打つ前に、どこを見る?」基本的な順番から覚えましょう!

    サーブはルーティン動作。同じ動作を繰り返すから安定するし、精神…

  4. テニス 攻撃
  5. サーブ

    サーブ練習から、ダブルスのコートカバーをイメージしていこう

    普段何気なくやっている、サーブ練習。ほとんどの場合、みなさんも…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合では、「ダブルス用サーブ」を考えると、必要な要素が見えてきませんか?

    シングルスとダブルス、テニスでは基本的にはこの2種類しか種目はありませ…

特集記事

  1. テニス サーブ

    メンタル

    テニスの試合でのメンタルはコントロールできる!アナタは「自分の表情」を意識したこ…
  2. テニス 気付き

    テニススクール

    読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  3. テニス 雨

    その他

    所属で人を判断してしまうのは、ただそれが楽だから
  4. テニス ポジショニング

    戦術

    「緩急打ち分けしたいなら・・・」テニスの試合に出れば分かる、その必要性
  5. テニス スポーツ

    その他

    他のスポーツを経験してきた人が、テニスを始めるメリットについて考えてみる
PAGE TOP