テニス サーブ

サーブ

「ウォーミングアップはサーブ4本のみ」さて、テニスの試合前に何を確認する?

一般の草トーナメントや学生の大会で、試合前のウォーミングアップで一番多いのが「サーブ4本のみ」という形。

この短い時間をどう活用するか・・・で、大事な試合の序盤の流れが大きく左右されます。

勝ち慣れたテニスプレイヤーは、何を確認しているのかを探ってみました。

 

「ウォーミングアップはサーブ4本のみ」さて、テニスの試合前に何を確認する?

 


 

1.すぐに打つ必要は無し!まずは「トスアップ」から練習を

慌ててすぐに、サーブを打つ必要はありません。

まずは1~2回、各サイドでトスアップを練習しましょう。

太陽の向き、風の具合など、その場でしか確認できないことがたくさんあります。

もちろん身体全体のストレッチは、試合前に終わらせて腕をしっかり上げられるように準備しておくのは大前提です。

 

2.「セカンドサーブを4本」練習して、本番ではセカンドを少し強く打つファーストサーブでOK

肝心のサーブですが、お勧めはセカンドサーブを4本、各コースに打っておくこと。

ファーストサーブは、試合ではセカンドサーブを少しグレードアップさせたもの、と考えるほうが良いでしょう。

また練習でしっかりセカンドサーブが入っていれば、気持ちも楽にファーストサーブに入っていけます。

 

3.「打ちたいコース」がずれていなければ問題無し、距離感は調整可能!

その②のサーブですが、注意すべきは「打ちたいコース」がずれていないかどうか。

長さ・距離は回転量で調整できますので、コースがずれていたら修正が必要です。

スタンスの向きを再確認して、調整できるように、普段のサーブ練習から自分のスタンスとボールの飛ぶコースを確認する癖を付けましょう。

全体の打ち方は変えずに、身体の向きだけで調整できると試合で有効です。

 

4.「相手のフォアハンド、バックハンド」リターンの両方を打たせて確認

試合前のウォーミングアップは、自分の確認作業だけでは勿体無い。

相手のリターンに対する意識、強さ、癖も確認したいところ。

特に注意したいのは、「踏み込んでくるのか」と「立ち位置」「グリップ」。

この情報は、戦略を立てる上で必須です。

「右の人はフォアで待っている」「左の人はセンターのサーブを踏み込んでくる、上手い」など。

サーブ練習が終わったら、ダブルスであればお互いの印象を共有して試合前に共通認識を持っておくようにしましょう。

 

試合に勝てないと嘆いている人ほど、このサーブのアップを適当にやっているように感じます。

強いペアは、じっくりやります。

そして、オーバーフォルトはOK、ネットはしないように意識しているんだとか。

サーブ練習でネットにかけると、それを拾いに行ったりして逆サイドのパートナーにも迷惑をかけますよね。

リズム良く試合に入るために、アップからもう試合は始まっています。

少しずつ、意識を高くもっていきましょう!

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス 確率

    サーブ

    テニスの試合、アナタのサーブに足りないのは、ズバリ「成功体験」です

    「サーブは入れるだけ」「サービスエースなんて、試合で出来る訳な…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブのポイント奪取率こそ、試合の結果を左右する

    以前に、セカンドサーブがお互いのレベルを測る一つの基準になる、という記…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「やってみたら、勝てる可能性アップ!」シングルスの試合でサーブ&ボレーが有効な対戦相手の特徴4つ

    シングルスの試合でのサーブ&ボレー、皆さんは1試合に何回くらい入れます…

  4. テニス ダブルス

    サーブ

    ミックスダブルスを戦う女性の皆さん、大事なのはサーブを打った後です

    ミックスダブルス、いかに女性のサービスゲームをキープしていくのか。…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストサーブが入ったときには、「コートの内側に1歩」入って攻撃態勢を整えよう

    サービスゲームに自信が持てない人、それはもしかしたらポジショニングも大…

特集記事

  1. テニス ハードコート

    戦術

    変則的な陣形になったら、すぐに前衛が動くのが吉
  2. ダブルス

    勝てない男子ダブルスは、何かに固執し過ぎ
  3. テニス サーブ

    リターン

    中級レベルの相手の試合なら、センターへのサーブは捨てても良い
  4. テニス スライス

    ボレー

    駆け抜けながらのボレーは、シンプルにラケット面作りだけ
  5. テニス ストローク

    ストローク

    分厚い当たりのスライスを使いたいなら、しっかりボールの外側に入る癖を付けよう
PAGE TOP