テニス スマッシュ

スマッシュ

テニスの試合で「スピン回転のスマッシュ」を覚えておくと、厳しい態勢からでもラケットを振り切れる!

スマッシュを打つときって、緊張しますよね。

ロブが落ちてくる時間、ふと時間が止まったように感じるし、周りの観客の目線も鋭く感じる・・・。

だからこそ、深いスマッシュもしっかり振り切る為には、「縦回転」が必要になってくるのです。

 

テニスの試合で「スピン回転のスマッシュ」を覚えておくと、厳しい態勢からでもラケットを振り切れる!

 


 

■深いロブ、カットしてばかりだと相手につけ込まれる・・・

深く厳しいロブは、確かにハイボレーでカットするのが常套手段。

それでも、不用意に返しているだけだと相手から反撃される。

ロブに弱いという印象を与えてしまうと、どんどん相手はそこにつけ込んで来ます。

どこかで深いロブも、しっかりスマッシュで対応したいところです。

 

■スピンスマッシュは、サーブの延長線上で考えると楽に打てる

そこでお勧めが、スピン回転をかけたスマッシュです。

軌道は山なりで、しっかり上に向かってボールを打つことが大事。

サーブの延長線上で考えれば、サービスボックス以上に広いコートに入れればOKですので、精神的にも楽なはず。

打点が多少後ろでも、打てるところがこのスピンスマッシュの魅力です。

 

■アウトは恐れず、しっかり上に振り切ろう!

コツとしては、とにかく上に振り切ること。

これが意外とコートに入るショットになります。

入れにいこうとして振りが弱いと、逆にしっかり真ん中に当たらないでフレームショットに。

ロブを見極めたと同時に、グリップをサーブのコンチネンタルグリップに持ち替え。しっかりジャンプして打ちましょう!

 

スマッシュを打ってくる相手は、粘り強いダブルスペアにとって非常に嫌なもの。

ロブが得意な選手でも、どんなに弱くても「スマッシュ」で打たれると、次から上げ辛くなります。

思い切って、アウトするくらいの気持ちでラケットを振り切ってみて下さい。

きっと思ったよりも、入る感覚が身に付くと思います!

 

ピックアップ記事

  1. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. テニス サーブ

    スマッシュ

    「スマッシュを磨きたければ、スライスロブを打ち抜け!」一般レベルの試合の勝敗は、この決定力で決まる!…

    スマッシュを打ち切れるかどうか、はテニスの試合の勝敗を大きく左右します…

  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスの試合で「厳しいロブをスマッシュで打ち込む」為には、ボールから目線を切ることも必要!

    テニスの試合結果を左右する大きなポイント、いくつかありますが、厳しいロ…

  3. スマッシュ

    コートに叩きつけるスマッシュやハイボレーは、「インパクトと同時にラケットを引く」感覚でちょうど良い

    ネット際のチャンスボール、皆さんはどんなイメージで打ち切っていますか?…

  4. テニス メンタル

    スマッシュ

    「アウトだと思ったら、入ってた…」を無くしたい!テニスのスマッシュ力を鍛える大胆な練習とは?

    スマッシュに自信が無いと、ポイントを締めるイメージができません。…

  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    打点が後ろになってしまったスマッシュは、「絶対に振り切ってはいけない」ことを覚えておこう

    レベルが高い試合になれば、増えてくるのは下がりながらのスマッシュ。…

特集記事

  1. テニス リターン

    戦術

    ミスが少なくなった自分は、実感し辛い
  2. テニス メンタル

    その他

    テニスの上達の為に、「事実を伝えるということ」は残酷だけど、本当は優しい行為です…
  3. サーブ

    試合でサービスエースを狙うなら、まずはこのコースが基本
  4. テニス ダブルス

    サーブ

    ダブルスのサーブ、ノータッチエースより「相手に触らせる」ことを意識
  5. テニス メンタル

    サーブ

    サーブのときのトスアップは、「自分の足元にターゲット」を作って練習しよう!
PAGE TOP