戦術

テニスにおける戦略も、シンプルに考えよう

戦略を立てて、テニスの試合に挑む。

これは非常に大事な考え方ですが、難しく考えて結局自分のプレーが出来ないことも多いですよね。

テニスにおける戦略って、難しく考えないで良いと思いますよ。

読んで字のごとく、で良いんです。

 

テニスにおける戦略も、シンプルに考えよう

 


 

1.戦わない、という意識で

戦略とは、戦いを略する、とも書きます。

戦いを省略する、という意味で考えると、実はテニスでも使える考え方になります。

私がいつも意識しているのは、良い意味で相手と「戦わない」ということ。

だって、戦いって疲れるじゃないですか。

私たちは、1日に何試合も勝ち抜かないといけない。

このスタンスで、テニスの試合を客観視してみると、どうでしょう。

今まで見たことも無いような戦い方、が出来ると思いますよ。

 

2.例えば、ストローク戦を略する

私は、結構コレが多いです。

ストロークが得意な相手とは、その戦いをしない。

相手は、ふっかけて来ますけどね。

ストロークの打ち合いでは不利になる、と感じたら、どんどんドロップショットを使う、自分が前に出る。

一見すると勝負を避けているように見えますが、まさにその通り。

これは私の戦略。

戦いを省略して、どんどん自分に優位に進めていくという作戦です。

 

3.戦いに勝たなくても、テニスの試合は勝てる

大事なポイントを押さえて、相手のミスを誘う。

がっぷりおつで組んで戦わなくても、テニスの試合は勝てる。

みなさんも、感覚的に「ここを踏んでおけば、間違いないんだ」というポイントを探して欲しいんですよね。

戦いに勝たないと!と、気負う必要は全くありません。

テニスでは、ゲームを多く取得してセットを取れば勝てる。

その中で、戦うところは戦うし、避けるところは避ける。

他の競技よりも、テニスという競技は自由度が高いと私は思いますよ。

 



 

4.ずっと相手の武器を避けるのも・・・難しい

ですが、実際の試合はそんなに甘くは無いでしょう。

相手の武器を、ずっと避けて勝てる試合ばかりではないはず。

では、どうするのか。

私は、あえて自分から相手の武器を潰しにいくポイント、も必要だと考えています。

出来るだけ、試合の中盤には自分から相手の懐に飛び込んでいく。

先手は、あくまで自分。

ストローク戦が得意な相手に、あえて自分から長いラリーを仕掛けていく。

やられる前にやって、相手の自信を折ってしまう感じですね。

こういうポイントも、テニスの試合では必要でしょう。

 

5.お勧めの練習法

普段、みなさんが練習する仲間の武器を1つずつ、考えて書き出してきましょう。

Aさんはストローク、Bさんはネットプレー、と簡単にで良いと思います。

その相手に、自分ならどういうパターンで崩していけるのか、を考えてみる。

戦いを略するには、やはりオールラウンドな技術が必要。

「この人相手にドロップショットは、打てそうにないな・・・」と、自分が見えて来るはずです。

そうして自分をあぶり出すことが、成長の種になるはず。

ぜひ、意識して時間を取ってやってみて下さい。

 

自分を知って、相手を知る。

これが出来れば、もう戦略の準備段階は終了です。

どんな作戦、知識も、やはり相手と自分の技術あっての話ですからね。

戦いを避ける、そしてここぞの場面では、自分から飛び込んでいく。

そんな選手は、やはり試合で強いです。

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス ロブ

    戦術

    あれも大事、これも大事、では大事な試合に勝てない

    たくさん大事なこと、を書いて来ましたが、全てを試合に持ち込むのは難しい…

  2. 戦術

    挑戦企画を通じて、感じること

    すっかり更新が滞ってまして、失礼致しました…。今回は、先日の…

  3. 戦術

    テニスにおけるベストなポジションなんて、無い

    ベターなポジションは、ある。でも、これがベストという陣形やポ…

  4. 戦術

    「これが上達の証」テニスの試合で安定感を身に付ける為に、上達していくフェーズがある

    皆、テニス上手になりたいでしょ?でも、上手になるってどういうこ…

  5. テニス ストローク

    戦術

    ボレーを振ってミス、はラケット面が変わるから起きるミスが8割以上

    試合の中で、「振ってしまった・・・」と思うボレーミス。結構凹ん…

  6. テニス マナー

    戦術

    挑発的な人、の方がテニスの試合は強い

    テニスの試合、強い人ってどんな感じでしょう。実力以上に、強気で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    ロブ

    ロブは後衛がカバーする、という発想がダブルスを弱くしていく
  2. テニス シングルス

    ストローク

    「ストロークでテイクバックが大きい」と現代テニスで通用しない5つの理由
  3. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合は、皆さんも経験してきた「定期テスト」に似てると思う
  4. サーブ

    テニスの試合巧者になりたければ、「サーブは最低2種類の球種」を打てるようにしよう…
  5. テニス知識

    「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
PAGE TOP