サーブ

テニスのおけるサーブの基本は、「前足は動かさない」からフットフォルトを防げることを意識しましょう

テニス試合では、サーブを安定させないと勝てない。

それは技術的な安定もそうですが、メンタル的な安定も必要。

審判や相手に「フットフォルト」を指摘されて、リズムを乱すことはもったいない。

ですがしっかり、その原因を自分で把握しておかないと同じことを繰り返してしまいます。

そもそも、フットフォルトはなぜ起きるのか?を、しっかり考えてみると理由はシンプル。

前側の足を動かしてしまうから、です。

 

テニスのおけるサーブの基本は、「前足は動かさない」からフットフォルトを防げることを意識しましょう

 


 

■自分の前足が動いているかどうか、を確認する

サーブは色々な打ち方があって良い、と思いますが、あまり足は動かさないほうがオススメです。

特に前足。

後ろ足は体重移動の中で前足に寄せていく、のはありだと思いますが、前足も動かすとかなり打点がぶれる。

そして前足は軸足となる足ですので、コートをキックしてしっかり力を伝えないといけない。

このことを理解して、まずは固定できるように意識してみて下さい。

 

■動かすのではなく、下に沈み込む

前足は動かす、のではなく下に沈み込むような意識が大事。

膝を曲げて、ボールに向かって伸びあがっていく原動力となるのは、軸足である前足の役割です。

しっかり「壁」になっているような意識で、サーブを打つ前に力を蓄える。

その力を上方向に向かって解放していくから、伸びのあるサーブが打てるのです。

 

■前足が動いてしまう人は、勢いを付けようとし過ぎかも

前足が動く、フットフォルトが多い人は、勢いを身体全体でつけようとしている可能性が高い。

突っ込んでしまっては、良いサーブは打てません。

力は前、もそうですがそれよりも「上」方向に向かっていくのが良いサーブ。

前足である軸足に力を溜めて、しっかり上に解放できるように素振りしてみて下さい。

きっと良い回転がかかったサーブ、打てるようになるはずです。

 

トスが安定しない人も、足を動かし過ぎているケースが多い。

出来るだけシンプルに、繰り返し同じ動作が出来るサーブは安定するし試合で強い。

つい、サーブの練習は意識が上半身に偏ってしまいませんか?

今一度、下半身、特に前足から見直してみましょう!

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    知っておけば強くなる、スピンサーブの基本5つ

    スピンサーブは、屈強な男性しか打てない。なんて話は、もう昔の話…

  2. サーブ

    セカンドサーブが入らない人が、見直したい基本5つ

    セカンドサーブが、試合で入らない。もう、ファーストサーブがフォ…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブで打つコースに悩んだら、「困ったときの○○」でラケットを振り切ろう!

    試合の中で、サーブがなかなか入らない。または相手のリターンが強…

  4. テニス 確率

    サーブ

    テニスの試合、アナタのサーブに足りないのは、ズバリ「成功体験」です

    「サーブは入れるだけ」「サービスエースなんて、試合で出来る訳な…

  5. テニス 居場所

    サーブ

    「8割はダブルフォルトで崩れていく」ことを自覚出来てる?

    私自身試合をしていて、いつも感じているけど・・・どこか背を向けているこ…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    試合で使えるサーブ&ボレーに仕上げる為には、「打点を踏み込んだ前足の少し後ろ」に設定して安定…

    サーブ&ボレーを試合で使いたいけど、ファーストボレーが安定しな…

特集記事

  1. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合でリターンが難しいのは、サーブが強力だからじゃない
  2. テニス テイクバック

    ストローク

    「片手バックから両手バックへ」テニスの技術は終わり無き模索の連続です
  3. テニス メンタル

    その他

    「自分の事より、相手の事」テニスの試合では対戦相手ありきで考えましょう
  4. テニス 粘り

    ロブ

    高いバウンドのスライスロブは、バックスピンで戻ることを忘れないように
  5. その他

    「大谷選手の目標を実現させた方法=マンダラート」は、テニスにも超絶応用が可能です…
PAGE TOP