サーブ

テニスのおけるサーブの基本は、「前足は動かさない」からフットフォルトを防げることを意識しましょう

テニス試合では、サーブを安定させないと勝てない。

それは技術的な安定もそうですが、メンタル的な安定も必要。

審判や相手に「フットフォルト」を指摘されて、リズムを乱すことはもったいない。

ですがしっかり、その原因を自分で把握しておかないと同じことを繰り返してしまいます。

そもそも、フットフォルトはなぜ起きるのか?を、しっかり考えてみると理由はシンプル。

前側の足を動かしてしまうから、です。

 

テニスのおけるサーブの基本は、「前足は動かさない」からフットフォルトを防げることを意識しましょう

 


 

■自分の前足が動いているかどうか、を確認する

サーブは色々な打ち方があって良い、と思いますが、あまり足は動かさないほうがオススメです。

特に前足。

後ろ足は体重移動の中で前足に寄せていく、のはありだと思いますが、前足も動かすとかなり打点がぶれる。

そして前足は軸足となる足ですので、コートをキックしてしっかり力を伝えないといけない。

このことを理解して、まずは固定できるように意識してみて下さい。

 

■動かすのではなく、下に沈み込む

前足は動かす、のではなく下に沈み込むような意識が大事。

膝を曲げて、ボールに向かって伸びあがっていく原動力となるのは、軸足である前足の役割です。

しっかり「壁」になっているような意識で、サーブを打つ前に力を蓄える。

その力を上方向に向かって解放していくから、伸びのあるサーブが打てるのです。

 

■前足が動いてしまう人は、勢いを付けようとし過ぎかも

前足が動く、フットフォルトが多い人は、勢いを身体全体でつけようとしている可能性が高い。

突っ込んでしまっては、良いサーブは打てません。

力は前、もそうですがそれよりも「上」方向に向かっていくのが良いサーブ。

前足である軸足に力を溜めて、しっかり上に解放できるように素振りしてみて下さい。

きっと良い回転がかかったサーブ、打てるようになるはずです。

 

トスが安定しない人も、足を動かし過ぎているケースが多い。

出来るだけシンプルに、繰り返し同じ動作が出来るサーブは安定するし試合で強い。

つい、サーブの練習は意識が上半身に偏ってしまいませんか?

今一度、下半身、特に前足から見直してみましょう!

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合で「スピンスライスサーブ」を使えると、相手のタイミングをずらせて効果的!

    サーブの種類は色々ありますが、組み合わせることも出来ることはあまり知ら…

  2. テニス リターン

    サーブ

    セカンドサーブからでもプレッシャーをかけるためには?

    試合の中で、「セカンドサーブを叩かれる」と心が折れそうになる。…

  3. テニス ストローク

    サーブ

    ダブルスの試合で、「センターにサーブを打ちたいなら、センター寄りに立つ」基本を、もう一度見直そう

    サーブをしっかりセンターに打ちたいけど、狙っても失敗ばかり・・・な人。…

  4. テニス ダブルス

    サーブ

    ファーストサーブが入るのが当たり前、にしていこう

    試合慣れしていない人、勝ち慣れていない人は、すぐ分かります。試…

  5. サーブ

    ボディに食い込むスライスサーブ、を覚えよう

    渋いけど、試合で使えるサーブ。私は結構、このサーブを使います…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    フラットサーブに必要な、リストワーク4つ

    フラットサーブ、をしっかりファーストサーブで打っていくこと。こ…

特集記事

  1. ダブルス

    ミックスで女性に打てない男子、覚悟が足りない
  2. テニス メンタル

    ストローク

    自分のストロークのテイクバックを、鏡で観てチェックしたい5つのポイント
  3. テニス 準備

    戦術

    勝ちパターンは大事だけど、固執すると幅を狭めるだけ
  4. テニス サーブ

    その他

    テニスの試合中、「ファーストサーブをフォルトしたボールはどこまでよける?」は、ハ…
  5. スマッシュ

    厳しいロブに対応するスマッシュは、「つなぐ意識で」しっかりスマッシュ
PAGE TOP