テニス サーブ

サーブ

試合中にサーブの修正力を身に付けたければ、「深さと横のズレ、どちらかを正す」という修正の視点を持とう

サーブの調子が悪くて、試合に負けた。

そんな経験、1度や2度では無いはずです。

誰でも試合の序盤に、「今日の調子は・・・」と考える。

テニスの試合に勝てる人は、そこから試合中に修正してゲームを作れる力がある。

サーブがおかしい、調子が悪いと感じたら、アナタはいつもどうしていますか?

具体的な方法を準備しておかないと、いつまで経っても自分の調子に左右されて、大事な試合で結果を出せないままですよ。

 

試合中にサーブの修正力を身に付けたければ、「深さと横のズレ、どちらかを正す」という修正の視点を持とう

 


 

■「サーブのどこがずれているのか?」を確認する

まずは自分が打ったサーブが、どういう軌道になっているのか。

どこに着地して、どういう伸びをバウンド後にしているのか。

この情報を整理しましょう。

ネットが多い、オーバーフォルトが多い、サイドフォルトが多い・・・と、状況は色々あるはずです。

その中で、「この部分を直せば入るな」と感じることが出来れば、大丈夫。

きっと試合中の修正でも間に合います。

 

■横のズレは修正しやすい、縦のズレはちょっと深刻

横のコースでズレているサーブは、まだ修正しやすい。

身体の向きを少し変えたりするだけで、そのままのサーブの打ち方で入るようになる可能性が大きい。

ですが、縦の長さがずれてフォルトになっている場合は、ちょっと深刻。

ネットフォルトしているときに、「長く打とう・・・」と考えて逆に置きにいくようなサーブになって、甘くなると本末転倒。

サーブを「弱く打つ」という調整は、試合中にやってはいけないと私は思っています。

「サーブを入れにきた相手」には、リターン側は強気で攻撃していきやすい。

だからこそ、まずは一定の深さで打てるようなサーブ、回転量をしっかり保ったサーブを打てるように練習しておきましょう。

 

■縦の距離感がズレているときは・・・?

どうしても縦の距離がズレているとき・・・どんな修正が出来るでしょうか?

スピン、スライス、どんなサーブでも、「長さの距離差でのフォルトは、回転量と軌道の高さ」で調整できるようになって欲しい。

「力加減で調整するサーブ」は、大事な場面で絶対に入りません。

調整する為にも、普段から「どういう回転で、どの軌道が入りやすい」という視点で、ネットの上に目標を作りましょう。

簡単では無いですが、試合で修正できるには普段の練習から意識を高く、自分でいつも修正すること。

 

なぜ、みんな試合に入る前は、「きっと今日はサーブの調子、良いぞ!」と思ってしまうんでしょうか。

妄想も良いですが、現実は甘く無い。

緊張感のある場面で、しっかり自信のあるサーブが打てるかどうかが試合の結果を分ける。

序盤にダブルフォルトで自信を失ってばかりだと、いつまで経っても勝てません。

大事なのは、現場での修正力。

その為にも、直す部分を見極めて、その方法を準備しておく。

普段のサーブ練習から、感じて直す、修正することを意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. テニス ダブルス

    サーブ

    手のサイズが大きい、指が長い男子選手は・・・?

    サーブの威力をアップしたい方に、直ぐに出来る対策として。ラケッ…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    困ったときに頼れるサーブのコース、ハッタリでも作っておこう

    サーブが苦手、サービスゲームが嫌い・・・。な人は、この発想でい…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    試合の序盤のファストサーブは、「コース狙いのセカンドサーブ」で

    以前に、「ファーストサーブは、セカンドサーブを少し強力にしたモノ」とい…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で相手の意表を付く「クイックサーブ」を練習して身に付けると、意外なメリットが・・・

    クイックサーブ、と聞いて、アナタはどんなイメージを持ちますか?…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブが安定しない人は、トス低めで調整してみると上手くいく

    最近、私のマイブーム。それは、セカンドサーブのトスの高さを低く…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    サーブに自信の無い選手でも、「40-0になったファーストサーブ」では厳しいコースを狙っていこう

    サーブはメンタルが大事・・・。試合に出ている人なら、痛いほど経…

特集記事

  1. テニス ロブ

    ダブルス

    リターンの選手の態勢を見て動く、判断スピードが前衛には欲しい
  2. サーブ

    サーブ&ボレー、必勝のコツ
  3. テニス 不安

    メンタル

    試合を好きになることが出来ない、全ての方へのメッセージ
  4. テニス セオリー

    その他

    試合では、どんなに速いボールでもしっかりセルフジャッジ出来るようにしておくこと
  5. テニス スライス

    ストローク

    「スライスでの粘りのストローク」を身に付けておくと試合でピンチの場面で助けになり…
PAGE TOP