テニス シングルス

サーブ

サーブでトスアップを安定させるには、一度両腕を下げてから上げると上手くいく

サーブって、どうしても緊張しますよね。

どんなにリラックスしようと思っても、大事な場面ではガチガチになる。

だからこそ、だらーんと腕を垂らすようなフォーム、をぜひみなさんも意識して欲しい。

ポイントは、そのだらーんと垂らすタイミング、です。

 

サーブでトスアップを安定させるには、一度両腕を下げてから上げると上手くいく

 


 

1.両手を上げて、下げる、そして上げていく

ちょっと、イメージしてみて下さい。

プロ選手のサーブを打つ前も、こういう選手多いと思います。

打つ前に構える、そしてまずは軽くボールを持つ腕、ラケットを持つ腕を胸の前くらいに上げる。

その後にだらーんと両腕を下げて、そこからまた、上に上げていく。

どうでしょう、イメージ出来ますか?

いきなり下から上、よりも、軽く上にある腕をだらーんとさせる、その流れでサーブに入っていく。

この方が、トスアップもすごく安定すると思いますよ。

 

2.あくまで、「重力を使う」ようなイメージで

これ、間違うと・・・ちょっと痛いサーブになります。

よく、下方向に勢いをつけてブン!と回すようなサーブ、打つ人いるじゃないですか。

これって、逆効果ですから。

自然に、重力を使って重みでだらーんと、下方向に落ちていくようなイメージが理想。

勢いを付けても、サーブは不安定になるだけ。

ちょっと上げた状態から、自然にだらーんと下げていく。

この動作の延長線上でトスアップ、するからトスも安定するんです。

 

3.ラケットよりも少しだけ、トスアップする腕が早く上に上がる

コツとしては、これですね。

トスアップする腕が、ラケットよりも少しだけ早く上に上がって、セットされる。

それを少し後から、ラケットが追いかけていく感じが良いと思います。

リラックスしてだらーんと下に垂らしたら、後はその流れのままに、トスアップの腕を上げていく。

下で停止した状態から上げる、のではなく、上げた状態から下げる、そして上げる、から安定する。

このリズムをぜひ、大事にしてみて下さい。

 

4.トスアップ前の予備動作、ということです

つまり、トスアップ前の予備動作を作るということ。

いきなり止まった状態、からでなく上にある状態から加速する、ことで楽に安定する。

緊張してしまいがちなサーブですけど、身体の使い方を変えることでだいぶ改善されるはずですよ。

上から下、また上、という感じで、自分の呼吸を合わせていく。

ぜひ、自分で練習してみて下さい。

 

プロ選手のトスアップ、結構この形を意識している選手多いはず。

気にしてチェックしてみると、とても参考になると思います。

重力を感じられるくらい、リラックス出来ていれば大丈夫。

上下、そして上、の流れを大事にしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    遅いサーブを自分の基本サーブ、に据えておくことをオススメします

    特に男性の方は、自分のサーブにこだわりがある方は多い。屈強な体…

  2. サーブ

    初中級から抜け出す、回転系サーブはこうやって打とう!

    テニスの試合は、サーブから始まる。このサーブが弱い、安定して…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    相手リターンのポジションに、自分のサーブを惑わされてはいけない

    試合中、結構前でリターンしてくる相手、いますよね。特にダブルス…

  4. テニス ガット

    サーブ

    試合で良いサーブを打った後に、「次の攻撃に備えてグリップチョイス」が出来てますか?

    サーブからの攻撃、3球目でしっかりポイントが獲れる・・・。これ…

  5. テニス 前衛

    サーブ

    テニスのハイレベルなダブルスの試合では、「サーブは必ずしもセンター中心」とは限らない

    特に男子ダブルスのサーブ、レベルが上がればセンターへの配球が多くなる。…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    ワイドのコースへの有効なサーブを考えるときに、「あえて浅い」という要素は欠かせない

    サーブは深いのが大前提。深さがあるから相手も踏み込めないし、リ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 部活

    ダブルス

    ダブルス初心者の方が意識したい、3つの基本戦術
  2. テニス 練習

    戦術

    テニスの試合でつい決め急いでしまうのは、「ゲームメイク力に自信が無いから」です
  3. その他

    企画を進められる人、進められない人
  4. テニス スライス

    シングルス

    シングルスの試合の基本、「ドロップショットはドロップショット返し」が出来ないと試…
  5. サーブ

    自分のナイスサーブを得点につなげる5つの法則
PAGE TOP