戦術

テニスの大会で、「勝って当たり前と思われる試合」に勝ち切るために必要な要素4つ

アナタ自身、成長してくれば当然、大会でもシードがつく。

挑戦する立場から、挑戦される立場へ変わっていく。

そうなると、いきなり結果が出なくなる、試合に勝てなくなる人も多い。

「勝って当たり前」という環境の中で結果を出す為には、どんな意識が必要なんでしょうか?

 

テニスの大会で、「勝って当たり前と思われる試合」に勝ち切るために必要な要素4つ

 


 

1.相手に勝利の希望を与えない

対戦相手は、アナタに思い切りぶつかってくる。

その中で、試合の序盤にフラフラと入って、相手に「勝てるかも・・・」という希望を与えてはいけません。

実力で勝っているのであれば、まずはしっかりラリーをする、相手と勝負していくことが大事。

格下相手だからと言って自分を大きく見せようとか、ラリーを短くしていこうと考えてはダメ。

小さいほころびから相手に希望を与えると、勢い付かせてしまうことになるので注意しましょう。

 

2.ネットミスをしないことに集中

自分はとにかくネットミスをしない。

なぜならネットミスは、相手に「自分のボール、伸びているな・・・効いているな・・・」と、自信を与えてしまうから。

アウトミスも避けたいですが、それ以上に実力で勝っている相手にはネットミスをしないように意識しましょう。

この意識だけで、アナタのエラーはかなり減って、試合も問題無く進めていけるでしょう。

 

3.徹底してファーストサーブ、リターンを入れる

普段、アナタが自分と同じレベル、強い相手と対戦するときより、確率重視で試合に入る。

サーブは速度を落として回転量多め、リターンは、まず相手のコートにしっかり入れることを意識しましょう。

相手に攻撃されて、多少失点されるは気にしない。

それよりも、自分から崩れていくことだけは絶対に避けたい。

その為には、ファーストサーブ70%、リターン返球率は80%、くらいを目安に試合をイメージして入りましょう。

 

4.リードを奪ったら、大胆な攻撃も見せておく

確実な先方だけ、で勝てるほど試合は甘くない。

しぶとくリードを奪ったら、必ずアグレッシブな姿勢も見せておきましょう。

「やっぱり強いな・・・」と相手が感じるのは、リードを拡げられていくとき。

リードを奪ったら、攻撃的な姿勢でポイントを獲って、相手に試合を諦めてもらうよう仕向けていきましょう!

 

試合って難しい。

周りの期待、イメージほど、実力差は無いのに・・・勝って当たり前、って思われると辛いですよね。

でも辛さを嘆いていても、誰も助けてはくれない。

しっかりした準備とイメージトレーニング、それからコート上で修正力、磨いていきましょう!

格下相手に取りこぼさない選手、になってこそのシード選手なのですから。

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス 気付き

    戦術

    テニスの試合でも、8割の人は「トラブルが起きてから」しか対応を始めない

    一事が万事、ですね。テニスも日常生活も、私はすごく近いと思って…

  2. テニス スライス

    戦術

    中途半端に浅いボールが、テニスでは一番攻撃されやすいから注意!

    相手に攻撃されやすい人は、それなりの理由がある。自分では一生懸…

  3. テニス ダブルス

    戦術

    80点のテニスを、相手と作り上げていくのがテニスの試合

    テニスの試合は、相手ありき。これは何度も書いてきましたが、具体…

  4. テニス ダブルス

    戦術

    深いボレーがアウトになるのは、技術的な問題じゃない

    ハイボレーを打って、ベースラインを数cm越えて、アウト。これは…

  5. テニス ストローク

    戦術

    よし、いける!と相手に思わせて、罠にはめよう

    ダブルスの試合で、上手くフェイントを入れて相手を誘う。前衛のと…

  6. 戦術

    強い人は、ただ〇〇なだけ

    この〇〇に、みなさんはどんな言葉をイメージしますか?もちろん…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「ウォーミングアップはサーブ4本のみ」さて、テニスの試合前に何を確認する?
  2. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの試合でのストロークのスピン回転、フォアハンドとバックハンドの差ってどんな…
  3. ボレー

    バックバンドハイボレーは、「振り幅を小さくする」だけでパワーと安定感の両方がアッ…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    両手バックハンドストロークは、「インパクトと同時に曲げた膝を伸ばしていく」と威力…
  5. ダブルス

    ダブルスの試合、ペアとの話し合いは「事実確認、背景予測、対応提案」の順で考えると…
PAGE TOP