テニス サーブ

サーブ

「ワイドへのサーブで、もっとテニスの試合は楽になる!」相手から主導権を奪える理由5つ

テニスの技術の中で、試合に勝てる人が実はしっかり練習しているモノ・・・。

その一つは、ワイドへのサービスです。

「センターに打つのが基本!」と教えられている皆さん、間違いではありません。

でも強い人は、しっかりとワイドのサーブを得意にしています。

今回は、その背景に迫ります。

1.相手をコートの端に動かし、オープンスペースを作ることができる

一番のメリットは、シンプルにこれです。

テニスでは、まずオープンスペースを作って相手を走らせ、後ろに下げさせることが重要。

サーブを安定してワイドのコースに打てれば、それだけ安定して片方のスペースは空き、相手はプレッシャーを受けます。

カバーしようと戻る動きを読んで、再度同じコースを狙っても決まりやすいです。

2.浅くなってもOK!相手が取り辛い「低い打点」にできる

スライスサーブは、浅くなってもそれが利点になります。

リターン側の打点を低くすることができれば、攻撃される可能性は低くなり、次に深いボールで効果的に攻撃していくことができます。

これはぜひ、ファーストサーブから狙っていって欲しい技術。

ミックスダブルスでもとても有効なサーブになります。

3.狙いやすいセンターへのサーブがより効果的になる

ワイドへの意識を相手に持たせるだけで、センターへのサーブもより効果的になります。

センターへのサーブはスピードを出しやすく、サーバーからの距離も近いので、元々エースになりやすいコースです。

しかしセンターばかりにサーブを集めると、相手も踏み込んで良いリターンで攻撃してくるでしょう。

その踏み込みを抑える為にも、ワイドへの牽制球が絶対に必要なのです。

   

4.ここぞという場面で、サービスエースを狙いやすい

ここぞという場面では、ワイドでエースを狙えるようになりましょう。

特に右利きの方であればデュースサイドで、しっかりスライスサーブを打てること。

フォアが得意、またはバックが苦手なプレイヤーは、フォア側を空けてリターンを待っていますよね。

少しスピードを落とすくらいで問題無いので、遠慮なくエースを狙いましょう。

打てないと、せっかくの機会を損失することになります。

5.ワイドへのスライスサーブは習得しやすい技術です

実際に、ワイドへのサーブは難しくありません。

まず、対角線上にあるのでサーブが入る距離が長く、深いサーブが打ちやすい。

さらにスライスサーブは打点を少し落としてでも打てるので、腕が上がりにくい年配の方でも打ちやすいはず。

細かい打ち方は色々ありますが、まずは「難しい」という先入観を捨てて取り組んでみましょう。

きっと有効な打ち方を、アナタ自身で開発できるはずです。



試合で強い人は、ここぞという場面で良いサーブが入ります。

その良いサーブ、の背景にはやはり「コースの打ち分け」がベースになってきます。

逆にどんなビックサーバーでも得意なコースが限られていては、相手は試合の後半では返球してきます。

ぜひ、アナタのテニスの中に「ワイドのコースを突いたサーブ」をオプションとして入れてみて下さい。

きっと、ライバルに勝てるようになります。

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    テニスはなぜ、残酷な競技なのか?

    テニスって、残酷な競技。私は、何度か書いて来ましたが、その要素…

  2. サーブ

    「野球のピッチング練習」を見て感じた、テニスのサーブ練習にも必要な声掛けについて

    この前ふと、プロ野球のピッチャーの投球練習を観ていて気付いたことが。…

  3. サーブ

    シングルスの試合で簡単なリターンを、許してはいけない

    シングルスの試合で、相手に許してはいけないこと。自分が打った…

  4. テニス 指導

    サーブ

    サーブの打ちっ放し練習こそ、アナタのチームを弱くしている要因かも

    サーブ練習、皆さんどんな感じでやってますか?部活でもテニススク…

  5. テニス 観察

    サーブ

    テニス試合の中でよく聞く言葉、「ダブルフォルトを活かしていこう!」って、口だけになってはいないか?

    体育会、サークル、に関わらず、団体戦でよくこんな言葉、耳にしませんか?…

  6. テニス ストローク

    サーブ

    ダブルスの試合で、「センターにサーブを打ちたいなら、センター寄りに立つ」基本を、もう一度見直そう

    サーブをしっかりセンターに打ちたいけど、狙っても失敗ばかり・・・な人。…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「相手のストロークが浅い」からのドロップショットは、徹底的に練習しておこう
  2. テニス アクセス

    その他

    2016年も残りわずか・・・ということで、「人気だった記事TOP10」を公開しま…
  3. テニス ダブルス

    日々の雑記

    アナタ目線、は永遠の財産になる
  4. テニス ダブルス

    戦術

    「ノーアドバンテージを獲れなかったのは、運が無かった」と思っている人は、ただの準…
  5. テニス ボレー

    ストローク

    「楽で便利なスライスショット」は学生のテニスの試合でも必要なテクニックです
PAGE TOP