テニス ストローク

ストローク

相手がベースライン後ろで粘っているのに、「深く深く、ストロークを打ち続けている」と、相手は楽なだけです

今朝の錦織選手とジョコビッチ選手の試合、素晴らしい試合でしたね。

残念ながら錦織選手の勝利はあと一歩でまたおあずけになりましたが、1セット目の戦術、実にドロップショットが効いていました。

この作戦はぜひ、皆さんも参考にして欲しいと思います。

ダウンザラインのストロークが好調、なときには積極的にドロップショットも使っていく。

なぜならストロークを警戒して、相手がどんどん下がってくれているから。

ここを活かさない手は無いでしょう!

 

相手がベースライン後ろで粘っているのに、「深く深く、ストロークを打ち続けている」と、相手は楽なだけです

 


 

■相手が後ろにいるのに、深いストロークは本当に有効?

相手の立ち位置、アナタは試合中どの程度意識できていますか?

50cm違うだけで、そのプレーは大きく変わりますし、守備範囲は変わる。

それが試合の中で、徐々に変化していくことを感じ取ることが大事です。

アナタのストロークが効いていれば、相手は下がる。

これがテニスの試合の大原則です。

 

■「深いボール」は浅いボールがあるからこそ、より効果的になる

深いボールは、確かに大事。

でもそれって、相手が後ろにいても一緒ですか?

前をしっかり意識させていないと、相手は慣れてきてミスも減る。

だけでなくてアナタ自身がより深く・・・と思ってミスをしてしまうかも知れません。

試合の序盤、ストロークが効いてきた段階で、ドロップショットを使いましょう。

出来れば錦織選手のように、クロス方向に打てると良いですね。

相手はダウンザラインを絶対に、警戒している。

なぜならそこは一番、ストロークでエースになりやすい最短距離のコースだからです。

 

■スライスのショートクロスだと思えば、打ちやすいかも・・・!

錦織選手の試合を観ていると、クロスのショートクロスのようにも見える。

それくらい、実際にはネットギリギリでなくても有効なんです。

後は深く打ちこむ、ように見せれるかどうか、相手をだませるかどうか、です。

あのフットワークに自信のあるジョコビッチ選手でも、諦めるような場面がありましたよね。

それくらい、ストロークを警戒している、ということ。

だからこそ、普段の練習からショットを組み合わせる、という意識を強く持って下さい。

 

相手を揺さぶる、のは横では無く縦、が有効。

それだけ相手のポジション、しっかり観るようにしましょう。

結構試合によって、選手によって、それは変わります。

強い選手ほど、変えてくる。

アナタはそのさらに上にいけるよう、日々技術を磨いて使えるようにしておきましょう。

ピックアップ記事

  1. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストローク戦で「先に走らされてるな・・・」と感じたら、ラリーの中でイーブンに戻すことを意識しましょう…

    ストロークで実力差があると、どうしても受け身になって「走らされる」こと…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    苦手意識があるショットほど、準備と打点が遅れていく

    苦手意識って、怖い。無意識のうちに、自分で全ての反応が遅れてい…

  3. テニス メンタル

    ストローク

    「相手の速いストロークに対抗する守備力」を養うには、空間を大きく使う意識が大事です

    相手のストロークが速く、深いときに、どんな対応ができるのか。し…

  4. ストローク

    ライジングショットを、しっかり抑えて打つコツは意外に簡単

    ストロークで下がって打たない。意識はしてみるけど、やっぱり難し…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    自分のストロークで深さが足りないと感じたら、「ボールの軌道の頂点」で調整するとミスが少ない

    ストロークの深さ、が重要なのは試合に出ている皆さんなら理解出来るはず。…

  6. ストローク

    スライスストロークは、スライスでの返球が基本になる

    スライスでのストロークが、上手い相手は結構います。ベテランやシ…

特集記事

  1. テニス ロブ

    サーブ

    ダブルスの試合、ノータッチエースは一人の仕事じゃない
  2. テニス 守備

    ストローク

    ボレーヤーに対してストロークが浮いてしまうのは、「アナタのストロークの回転量」が…
  3. テニス ラケット

    スマッシュ

    スマッシュでガシャる人は、「ボールが近付いて来てから」打点を決めようとし過ぎてい…
  4. その他

    「テニスの試合が行われる3つのコートサーフェスの戦い方」について、しっかり特徴を…
  5. テニス ボレー

    Q&A

    Q&A「ボレーしようと思ってグリップを握る手に当たってしまいましたが、こ…
PAGE TOP