ストローク

ネットプレイヤーに対して、ロブ頼みを卒業しないと

目次

毎年、大事な大会で3回戦止まり。

来年こそは、この壁を打破したい・・・と考えているみなさん。

私が考える、3回戦突破の鍵は、対ネットプレイヤーの戦い方にかかっている。

ロブ頼み、な自分を超えていきたい。

そう考えている人に、未来は拓けます。

 
 

足下を狙って、打っていく

今、アナタに必要なこと。

それは、前に出て来た相手の足下にしっかりと打つ技術、じゃないでしょうか。

「そんなの、出来るよ!」という方も、本当にそうですか?

大事な試合の、競った場面でしっかり打てるかどうか。

回転をかけて、並行陣の後衛の足下を狙う。

そのためには、練習でしっかりと自信と軌道のイメージを養っておく必要があります。

そうしないと、試合ではついロブを使いたくなる。

そしてそのロブは、大抵が入らないはずです。



相手を恐れては、絶対にダメ

試合で、これをまず意識しましょう。

どんなに強い相手でも、ボレーが上手い相手でも、避けてはいけない。

プレッシャーを感じている自分、に気付くこと。

しっかり打っていけば、そう簡単に攻撃されることは無い。

逃げようとしたときに、ボールの威力は無くなるんです。

相手が前に来る、ネットに詰めて来る、どんと来いですよ。

プレッシャーに屈しないで、しっかり打っていく。

ただし、力んで力任せにならないように、だけは注意しましょう。




抜こうと思わないで、ローボレーさせる

実際の試合では、これで充分。

しっかり打って、相手にボレーさせる。

抜こうとして難しいコースは狙わないこと、が大事です。

難しいコースを狙っている人って、まだ相手を避けてるんですよね。

自分が攻めているようで、恐れている。

相手には、打たせて良い、ボレーさせて良い。

ローボレーさせて、次に甘いボールを引き出せば良い。

そのローボレーを打たせるアナタ自身のショット、はしっかり振っていきましょう。



特に、女性ベテランプレイヤーのみなさんへ

私は、こう考えています。

つい、ロブを使いたくなる女子ダブルスのみなさんにこそ、です。

ロブだけに頼らない、しっかり打っていく姿勢が大事。

そうすれば、ロブもより活きるはずですしね。

普段の練習から、しっかりネットにいる相手に向かって打つ、ボレーさせる。

テニススクールなら、男性相手にもしっかり打つ。

この意識があれば、まだまだダブルスは強くなりますよ。

ロブ頼みのダブルスに、未来は無い。

その覚悟、がアナタ自身にありますか?

   


お勧めの練習法

そうは言っても、難しいですよね。

ネットにいる相手の、足下にしっかり打つ。

これ、スピンだけじゃないです、スライスで沈めることも大事。

ぜひ、ボレー対ストロークの練習で、スライスでストロークを沈める、ということを意識してみて下さい。

振り切ったスライスって、失速して相手の足下に沈むじゃないですか。

これも、立派な「しっかり打ったストローク」です。

スピンと混ぜて、自分自身の武器に育てていきましょう。

大事な場面で、きっと使えるはずですよ。



ショートクロス、ディンクショット、突き球。

ロブ以外にも、たくさんテニスにはネットプレイヤーに対抗する術、はあります。

武器を増やせば、打っていける。

ぜひ、普段の練習から意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    攻撃的なフォアハンドは、「打った側の腕の肩を前に出して」打ち終わろう

    自分のフォアハンドストローク、しっかり攻撃的に打っていきたい。…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの打点が近くなってしまう人は、「ラケットの先を使う」というイメージで振ればOK!

    ストロークの打点が近い方、意外と学生の皆さんの中でも多いように思います…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    力強いストロークで押して行きたい!人は、「打ち終わりでの肩の入れ替え」を意識すると、ボールに伸びが出…

    しっかり安定したグランドストロークは、ジュニアの頃からしっかり練習量を…

  4. テニス スマッシュ

    ストローク

    テニスのフォアハンドで身体が回り過ぎてしまう人は「ラケットを持たない手で止める」ことでコンパクトに打…

    フォアハンドが安定している人は、しっかり良いボールを打っているのにとて…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで「身体を開いてはいけない」は、誤解の元

    ストロークやサーブを打つときに、「身体が開いてるよ!」というアドバイス…

  6. テニス メンタル

    ストローク

    バックハンドストロークのラリーから攻撃する、「ダウンザラインへの展開」を磨いて試合で使おう!

    最近は男女共に日本チームが活躍している、世界卓球の試合を観ている方、た…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    コントロールショットほど、ラケットを手首で動かすのは逆効果
  2. テニス ダブルス

    フットワーク

    ボール2個で簡単に出来る、超絶使えるフットワークトレーニング
  3. テニス メンタル

    ストローク

    改めて考えてみる、「シングルスでのシコラー対策」についての新しい視点
  4. テニス 楽天

    シングルス

    シングルスの試合で流れを変える特攻作戦、「ドロップショットを打ってネットダッシュ…
  5. 戦術

    コート上でいきなり「考えろ!」なんて、無理
PAGE TOP