テニス ストローク

ダブルス

困ったときのロブ頼みの癖を直さないと、ダブルスの試合では絶対に上にいけない

ダブルスの試合、一般やベテランの皆さんの試合を観ていると感じること。

困ったら、とにかくロブ!ロブ!

確かに、ロブを打っていれば勝てる試合もあります。

でもそれも、市民大会の3回戦まででしょう。

そこから上に勝つには、他の何か、が絶対に必要になります。

 

困ったときのロブ頼みの癖を直さないと、ダブルスの試合では絶対に上にいけない

 

1.試合巧者は、ロブ処理上手

特に、上の年代の方の試合を観ていると感じます。

もう練習からロブを打って、打たれて、繰り返しているんですよね。

上に強いし、無理しない。

だからアナタがどんなに良いロブを上げても、彼ら彼女らは想定内。

慌てずに処理されて、甘くなったところを攻撃されて終わる、だけです。

 

2.良いロブとは・・・どんなロブ?

ここで、「良いロブ」について考えてみたい。

相手の頭上を抜いて落ちる、そのまま加速していくトップスピンロブが理想ですが・・・それを打つには厚いグリップが必要。

確かに深いロブは良いロブですが、それだけアウトの可能性も高くなる。

私が考える良いロブとは、「相手を後ろに下げるロブ」です。

これで充分。

だってその後には、前にスペースが空いている訳ですから。

 

3.ロブで下げて、前に沈めてネット勝負!

困ったときのロブ頼み、になる人はショットで崩すという発想に乏しい。

自分が困っているときに、相手のミスを待つだけになってしまう。

そうじゃなくて、選択肢が複数ある中で選択してく、組み合わあせていく。

ロブならロブで、相手をしっかり下げさせて、次に沈める、前に出る・・・ところまで、普段から練習しておきたいですよね。

そうすることで、相手も「ロブだけじゃないな・・・」とイメージを持ってくれる。

そうすると、今までのロブもより効いてくると思いますよ。

 

深いボレーに、ロブ以外の選択肢を。

これは、普段の練習から必ず養えることです。

確かに深く厳しいボレーは、上に逃げたくもなります。

でも・・・逃げていても変わりませんよ、アナタのテニスは。

 

今回のまとめ

困ったときにはロブ、以外の選択肢を組み合わせで作っていこう!

 

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

関連記事

  1. ダブルス

    雁行陣の弱点を突いた攻撃の、基本的な考え方について

    雁行陣の弱点について、試合ではどんどん突いていくという貪欲になって欲し…

  2. ダブルス

    ダブルスの試合で「後衛の前にドロップショット」を打たれたら?

    テニスのダブルスの試合、よくあるケースだと思います。相手が意図…

  3. テニス 守備

    ダブルス

    「ダブルスで勝てないペア、選手が陥りがちな8の字ラリー症候群」アナタは大丈夫ですか?

    テニスを最初に始めたときに、4人でコートに立つとみんなでボールを回して…

  4. ダブルス

    「ダブルス練習」テニスの試合で活かせるように!

    毎日の練習の中で、皆はテニスを練習している。でもテニスってシン…

  5. ダブルス

    ダブルスで前衛がポーチに出ても、決まるとは限らない

    ダブルスの試合、アナタが後衛でプレーしているとき。味方の前衛が…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合、「ダブルスの前衛で、責任感の無い人」は絶対に成長しないその理由

    ダブルスが上手い人、ソフトテニスの経験者でもすごく多い印象です。…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. その他

    テニスの試合は、「総得点数」で劣っても勝てるという事実に目を向けよう
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「もう、何をやってもムダかな・・・」と、思って欲しいと相手は考えているはず
  3. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの試合でのネットプレーは、「ドロップボレーで終わる」くらいの意識でちょ…
  4. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスで、前衛が「ポーチに動いたけど、触れなかった」ときに、後衛はまず時間を稼…
  5. ストローク

    片手バックハンドストロークは、「ラケットを持たない手」をどう使うかが一番のポイン…
PAGE TOP