ダブルス

パートナーに伝えることで、自分の迷いも捨てられる

「次のサーブは、センターに打つね」

この声掛けだけ、で良いんです、ダブルスの試合では。

そして、実際には狙った場所、センターにいかなくてもOK。

大事なことは、アナタ自身の迷いを無くすこと。

パートナーと会話する、ここに打つと伝えるだけで、必ずラケットの振り抜きは変わるはずです。

 

パートナーに伝えることで、自分の迷いも捨てられる

 


 

1.サーブのコントロール力は、磨いていかないといけない

これは、アナタ自身の大きな課題です。

サーブのコントロールを良くしていく、ことに貪欲にならないといけない。

もう既に感じている方も多いと思いますが、ダブルスの試合を勝ち上がりたかったら、前衛のポーチと合わせてコースを決めていかないといけない。

サーブのコントロールが良くないと、前衛のリズムも活かし辛い。

だからこそ、まずは上手くいかなくても良いので、「コースを伝える」ことから始めて欲しいんです。

結果的に逆のコース、でも良い。

アナタ自身が意志を伝え、狙うということが大事なんです。

 

2.前衛は間違っても、「コース違うじゃん!」と言わないこと

責めても、無意味です。

もちろん、私だってあります。

センターを狙ったけど、回転がかかり過ぎてワイドに・・・なんてサーブ、よくあるじゃないですか。

「言ってたのと違うじゃん!」ではなく、「そのコースに入ると信じてみよう」という姿勢が大事。

でも、心のどこかで「逆にいくかも・・・」とは、備えておく。

前衛として、パートナーのサーブを信頼する、ということは大事ですよ。

なぜなら、その信頼こそがパートナーの成長につながるからです。

 

3.信頼が伝われば、人は頑張れる

テニスの試合だけじゃない、と思います。

人は仲間に信頼されている、と感じた時に、その期待に応えようと頑張る。

サーブを打つコースを伝え、前衛がそれを信じて動いてくれる。

だからこそ、「これは本当に、しっかりコントロールしたいな」と思う訳じゃないですか。

信頼が伝われば、人は頑張れる。

逆に、信頼していないことが伝われば、無気力で適当になってしまうんです。

サーブのコントロール力のアップに、ダブルスならではの信頼関係は大事です。

 

4.サーブで一番厄介な「迷い」を消し去ろう

パートナーにサーブを打つコースを伝える。

その結果、アナタ自身の迷いが消える。

これが一番、試合で大事なことなんです。

コースが間違うことより、迷いが消えないでラケットが振れない、置きにいくようなサーブでフォルトになることが怖い。

ちょっとした一言、でサーブは変わります。

技術が大事なんじゃなくて、技術を引き上げる工夫が大事なんです。

 

「なんだか、上級者みたいで恥ずかしいな・・・」と思っている方、もいると思います。

型から入って、それに追いつくことが大事ですから。

まずはやってみて下さい。

サーブをどちらに打つのか、をダブルスのパートナーに伝えること。

ここから、アナタ自身の本当のサービスゲームのスタートです。

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. ご質問頂いた件につきまして
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. ダブルス

    並行陣で上を攻撃されるのが怖いペアは、後衛のポジションで調整しよう

    ダブルスの試合、並行陣でロブに弱い。これは、試合では致命的な弱…

  2. ダブルス

    みっともないミックスダブルスをした男性ほど、その後のテニスは強くなる

    みなさんは、ミックスダブルス、プレーされる機会はありますか?学…

  3. ダブルス

    上級者は並行陣、でも実際の試合では…?

    テニススクールでも、上級クラスは並行陣。これが基本の考え方で…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの前衛の基本ポジション、理解出来てる?

    ダブルスの前衛のポジション、ただ前にいれば良いと思っていませんか?…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    守備力の高いダブルスペアが実践している「ピンチでロブを上げてしっかり守る」為に必要な意識とは?

    良いダブルスの要素、それは色々とあると思いますが、対戦していて嫌なペア…

  6. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの試合で相手のリターンを崩していくには?

    ダブルスの試合、前衛の仕事って・・・何でしょう?ボレーでポイン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス リターン

    ボレー

    ドライブボレーは、「アウトミス」するくらいでちょうど良い
  2. テニス メンタル

    テニススクール

    テニススクールで一番上達しないのは、「自分のうんちくを押し付ける人」です
  3. テニス スライス

    ストローク

    スライスストロークをストレートに流す、技術はなぜ必要なのか?
  4. ストローク

    ドロップショットの目的は、長い距離を走らせること
  5. テニス 居場所

    サーブ

    「8割はダブルフォルトで崩れていく」ことを自覚出来てる?
PAGE TOP