テニス メンタル

サーブ

テニスの試合で「初中級者でもサーブで攻めていきたい!」ときに、有効なコースを考えてみる

テニスの初心者から初中級者の方にとって、サーブはなかなか緊張するもの。

特に実際の試合では、セカンドサーブになると入れるだけで精一杯で・・・という方も多いはず。

それでも40-0などでリードしたときのサーブでは、しっかりコースを狙って攻撃的にポイントを獲ることが大切。

ちょっとした意識で、サービスゲームに自信が持てるようになるはずです。

 

テニスの試合で「初中級者でもサーブで攻めていきたい!」ときに、有効なコースを考えてみる

 


 

1.基本は相手の「バックハンド」にサーブのコースを集める

もし対戦相手がアナタのレベルに近いのであれば、しっかりとサーブのコースをバックハンド側に集めていくことが大切。

それだけで初中級レベルの相手は「狙われているな・・・」と感じるくらい、プレッシャーを与えることができます。

この意識をしっかり植え付けることが大切。

相手がバック側を意識してくれれば、狙っていないフォア側に入ったとしても有効打になるでしょう。

 

2.男性でも女性でも、狙い目は「試合後半」でのアドバンテージサイドからのセンター狙い!

シンプルに考えたときに、右利きの方で「打ちやすくて攻撃的になりやすい」コースは、アドバンテージサイドからのセンターへのサーブ。

テニスにおいてアドバンテージサイドからは打つ方向が見えて安心感がありますし、センター付近はネットも低い。

ボールをバウンドさせる地点まで距離は短いので、ある程度速度があればリターン側にとってもやっかいなショットになります。

 

3.女性でも力のいらないスライスサーブを覚えて「相手を追い出す感覚」を養おう

ワイドへのスライスサーブは、上級者よりもむしろ初中級者、初心者の方にお勧めしたい技術。

練習すれば、低い打点からでも力がいらず打てますし、何より振り切りやすいので安定感があります。

シングルスの試合では、この相手を追い出す技術がとても有効ですので、練習でぜひ積極的に覚えて使ってみてください。

 

4.男性プレイヤーなら下半身を使った「スピンサーブ」で相手バックの高い打点へ

デュースサイドでも、アドバンテージサイドでも、しっかりバック側に打てるスピンサーブは有効です。

特に高い打点で相手にリターンさせことができると、ダブルスでも有効なサーブになります。

狙うコースはもちろん、ネットの高い場所を通すことで、バウンド後により弾むサーブになります。

このネットの高い場所にしっかり狙いを定めて、サーブの軌道を通すよう意識するだけでだいぶ違います。

 

サーブで得意なコースが出来ると、「展開に自信」が付いてラリーにも好影響が出てきます。

やはりサーブで攻撃的になれると、ラリーにも自信が生まれてきますよね。

狙ったコースに打つ、打てるという感覚はサーブで養えると一番。

逆に言えば自分のリズムで打ち始めるサーブですから、これのコントロールができないとその後の展開を考えるのも一苦労。

入れるだけのサーブから脱却するには、しっかり狙ってその後の展開に繋げるという意識を持つようにしましょう。

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    スライスサーブでコーナーを突く為に、必要な5つのコツ

    試合で有効なスライスサーブ。しっかりコーナーを突いて、相手をコ…

  2. テニス ダブルス

    サーブ

    手のサイズが大きい、指が長い男子選手は・・・?

    サーブの威力をアップしたい方に、直ぐに出来る対策として。ラケッ…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストサーブが入ったときには、「コートの内側に1歩」入って攻撃態勢を整えよう

    サービスゲームに自信が持てない人、それはもしかしたらポジショニングも大…

  4. サーブ

    サーブ&ボレー、必勝のコツ

    試合で使う、サーブ&ボレー。でも、なかなか成功しない、ミスのイ…

  5. テニス 準備

    サーブ

    「楽チン&安定感抜群サーブの正体とは!?」テニスの試合会場で観るアンダーサーブの有効性

    サーブとストロークって似ていると思う。頭の上にボールを投げて打…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    ボレー

    ポーチボレーのコントロールは、「先にラケット面を作ってから動く」に限る
  2. スマッシュ

    スマッシュで狙う位置、バウンドさせる場所はどこ?
  3. テニス 予測

    テニススクール

    テニススクールに通っている方は、「お客様」のままで終わるのはもったいないと思う
  4. テニス 体力

    戦術

    力んで入っても、そのプレーで序盤に体力を消耗するだけ
  5. テニス ストローク

    シングルス

    シコラー相手に苦手意識が強い人は、「序盤にリードして精神的に優位に立つ」ことを意…
PAGE TOP