テニス メンタル

サーブ

テニスの試合で「初中級者でもサーブで攻めていきたい!」ときに、有効なコースを考えてみる

テニスの初心者から初中級者の方にとって、サーブはなかなか緊張するもの。

特に実際の試合では、セカンドサーブになると入れるだけで精一杯で・・・という方も多いはず。

それでも40-0などでリードしたときのサーブでは、しっかりコースを狙って攻撃的にポイントを獲ることが大切。

ちょっとした意識で、サービスゲームに自信が持てるようになるはずです。

 

テニスの試合で「初中級者でもサーブで攻めていきたい!」ときに、有効なコースを考えてみる

 


 

1.基本は相手の「バックハンド」にサーブのコースを集める

もし対戦相手がアナタのレベルに近いのであれば、しっかりとサーブのコースをバックハンド側に集めていくことが大切。

それだけで初中級レベルの相手は「狙われているな・・・」と感じるくらい、プレッシャーを与えることができます。

この意識をしっかり植え付けることが大切。

相手がバック側を意識してくれれば、狙っていないフォア側に入ったとしても有効打になるでしょう。

 

2.男性でも女性でも、狙い目は「試合後半」でのアドバンテージサイドからのセンター狙い!

シンプルに考えたときに、右利きの方で「打ちやすくて攻撃的になりやすい」コースは、アドバンテージサイドからのセンターへのサーブ。

テニスにおいてアドバンテージサイドからは打つ方向が見えて安心感がありますし、センター付近はネットも低い。

ボールをバウンドさせる地点まで距離は短いので、ある程度速度があればリターン側にとってもやっかいなショットになります。

 

3.女性でも力のいらないスライスサーブを覚えて「相手を追い出す感覚」を養おう

ワイドへのスライスサーブは、上級者よりもむしろ初中級者、初心者の方にお勧めしたい技術。

練習すれば、低い打点からでも力がいらず打てますし、何より振り切りやすいので安定感があります。

シングルスの試合では、この相手を追い出す技術がとても有効ですので、練習でぜひ積極的に覚えて使ってみてください。

 

4.男性プレイヤーなら下半身を使った「スピンサーブ」で相手バックの高い打点へ

デュースサイドでも、アドバンテージサイドでも、しっかりバック側に打てるスピンサーブは有効です。

特に高い打点で相手にリターンさせことができると、ダブルスでも有効なサーブになります。

狙うコースはもちろん、ネットの高い場所を通すことで、バウンド後により弾むサーブになります。

このネットの高い場所にしっかり狙いを定めて、サーブの軌道を通すよう意識するだけでだいぶ違います。

 

サーブで得意なコースが出来ると、「展開に自信」が付いてラリーにも好影響が出てきます。

やはりサーブで攻撃的になれると、ラリーにも自信が生まれてきますよね。

狙ったコースに打つ、打てるという感覚はサーブで養えると一番。

逆に言えば自分のリズムで打ち始めるサーブですから、これのコントロールができないとその後の展開を考えるのも一苦労。

入れるだけのサーブから脱却するには、しっかり狙ってその後の展開に繋げるという意識を持つようにしましょう。

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    サーブのときのトスアップは、「自分の足元にターゲット」を作って練習しよう!

    サーブが安定しない人は、ほとんどトスアップからおかしい、安定していない…

  2. サーブ

    実は、少し低い打点の方がサーブは回転をかけやすい

    試合でサーブが入らない。入っても、簡単に叩かれてしまう・・・と…

  3. テニス サーブ
  4. サーブ

    サーブ&ボレー、良いサーブの時こそ集中力キープが大事

    並行陣に必要なサーブ&ボレー、みなさんどうでしょうか。ダブルス…

  5. テニス 指導

    サーブ

    サーブの打ちっ放し練習こそ、アナタのチームを弱くしている要因かも

    サーブ練習、皆さんどんな感じでやってますか?部活でもテニススク…

  6. サーブ

    初中級から抜け出す、回転系サーブはこうやって打とう!

    テニスの試合は、サーブから始まる。このサーブが弱い、安定して…

特集記事

  1. テニス チャンス

    メンタル

    マッチポイントを通過しないで、勝利することは出来ない
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスはいつでも、「お互い様」
  3. テニス シューズ

    テニス知識

    テニスシューズは、「しっかりメンテナンスすれば長持ちする」ので、しっかり意識して…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドのストロークでスピンがかからない人は、〇〇で打つと効果的!
  5. テニス ボレー

    フットワーク

    相手をワイドに走らせたら、身体の向きは相手に合わせよう
PAGE TOP