テニス スマッシュ

スマッシュ

スマッシュが苦手な人は、「ボールの上側を打つ」意識を持てばアウトが減る

スマッシュが苦手な人は、何を変えていけば良いのか。

色々な方法があるでしょうが、私がオススメしたいのはまずこの方法。

皆さん、スマッシュをミスしてしまうときって、どんなときですか?

その場面をイメージしながら、ぜひ読んでみて下さい。

 

スマッシュが苦手な人は、「ボールの上側を打つ」意識を持てばアウトが減る

 


 

■試合でのスマッシュミスは、ネットよりもアウトが多くないですか?

どうでしょう?

私がたくさんの試合を観ている限り、ネットミスよりもアウトミスが多いように思います。

そのほとんどが、準備不足とボールの「下側」を打っているケースが多い。

ボールの下側を打っていると、スマッシュのように自分からボールに勢いを付けるショットはアウトしてしまう。

だからこそ、打つならしっかりボールの上側。

上側を打って軌道を抑える、下の方向に打つことが大事なんです。

 

■ボールの上を打つなら、肘は高い位置で準備!

スマッシュを打つときに、肘の位置が低いとまずいことなる。

つまり、ボールの下側を打ってアウトしてしまう・・・ことになってしまうんです。

肘の位置が高ければ、自然にラケット位置も高くなってボールの上側を打てる。

スマッシュらしい軌道って、このラケットの準備の高さで決まる、と思っておいて下さい。

自信が無いと、ついラケットが低い位置になりがち。

しっかり振り出すときには、肘を顔の横くらいまで高い位置で振れるようにしてスマッシュを打ちましょう!

 

■スマッシュは「下方向」に打つから、強力になる

スマッシュはしっかり、軌道を下方向に。

もちろんネットから離れた位置からは多少直線的になりますが、それでもボールの上側を打つことを意識すれば上方向には飛んでいかない。

スピン回転をかけるときには山なりなスマッシュ、も有りですが、あくまでそれは例外。

スマッシュは下方向に打つから、テニスにおいてフィニッシュのショットになるし、相手も脅威に感じる。

ボールの上側を打つ、ラケットを高い位置に準備して抑え込む意識は、女性プレイヤーの方にも大事な意識、ですね。

 

スマッシュの軌道、何となくではなくて神経質になりましょう。

決まるかミスか、というショットになるケースが多いので、この精度が試合の結果を分ける。

ダブルスでもシングルスでも、良いスマッシュはボールの上側を触ることから。

ぜひ、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. + POWER CUP について

関連記事

  1. テニス ストローク

    スマッシュ

    「身体の開きを抑えれば見違える!」テニスのスマッシュを安定させるコツ

    ストロークやボレーで相手を追い込んでも、ロブを上げられると途端に不安に…

  2. テニス

    スマッシュ

    「スマッシュ上達したキッカケ」は、スポーツ全般に当てはまる上達のコツ

    スマッシュって難しい。難しいけどちゃんと打てれば攻撃ショットと…

  3. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュを打つ時には、「クロスに深く」が基本で良い

    スマッシュに苦手意識がある人は、まずシンプルにこれを。ダブルス…

  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュの基本、右利きの人はすぐ左手を上げる!」は、状況によって使い分けることで守備範囲が拡がる…

    スマッシュの基本でまず大事なのは、ラケットを持っていない腕を上げること…

  5. テニス 練習

    スマッシュ

    スマッシュのコース、「迷ったら逆クロス方向へ」で決めて打ち切るようにすれば振り切れます!

    試合の中で大事な場面、スマッシュを打てるチャンスが巡ってきた・・・。…

  6. スマッシュ

    スマッシュがしっかり振り切れない人は、「反対の手でラケットをキャッチ」する癖を付けよう!

    スマッシュを振り切る、ことの難しさ。試合に出ている方なら、結構…

特集記事

  1. ボレー

    ネットに詰めたら、上段の構えが基本
  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合のラリーでは、自分が打った後は「ボールでは無く相手」を集中して見よう…
  3. サーブ

    セカンドサーブは、打ち上げる感覚で
  4. ストローク

    「ショートラリーで攻撃力アップ」ウォームアップからテニスの試合に必要な技術は身に…
  5. テニス 前衛

    ダブルス

    「並行陣を崩すディンクショット」を身に付ければ、テニスの試合での速いサーブも怖く…
PAGE TOP