テニス サーブ

サーブ

テニスの試合で勝つには、「サービング・フォー・ザ・セット」を乗り越えないといけない

あと1ゲーム、キープすれば試合は終わり。

サービング・フォー・ザ・セット、は、1セットマッチであればラストゲームになる可能性が高い。

でも・・・本当に、可能性が高いんでしょうか・・・?

サービスゲームのキープ率が高いプロ選手の試合ならともかく、私たちの試合ではプレッシャーとの戦い、ですよね。

 

テニスの試合で勝つには、「サービング・フォー・ザ・セット」を乗り越えないといけない

 

1.「キープすれば終わり」のゲーム、難しい・・・!

1ブレイクアップで、5-4リード、自分のサービスゲーム。

これをキープすれば終わり・・・というゲームで、どういうプレーが自分にできるのか?

今までの自分を、振り返ってみて下さい。

どんな試合で、スムーズにキープ出来て終わったのか。

どんな試合で、5-5になってしまい、結果的に負けてしまったのか・・・。

ここは冷静に、相手の気持ちになって考えてみたいところです。

 

2.ダブルスなら最初のポイント、絶対ポーチチャンス

私がダブルスのサーバーなら、チェンジプレーを選択します。

相手は、もう後が無い、キープされたら終わりな場面。

とにかく1球目はしっかり手堅く、クロス方向へのリターンが来る可能性が高い。

だからこそ、前衛に動いてもらって自分はファーストサーブを入れてストレートのカバーに走る。

これは、あと1回キープすれば勝ち、な場面で絶対に選択したいプレーです。

上手くはまれば、そのまま勢いに乗ってキープ出来る。

そう、相手に上手く「諦めてもらう」ことを意識しているんです。

 

3.キープして終わる、のは自分たちからミスをしないのが第一

相手は、追い込まれている訳ですからね。

自分たちから最初に仕掛けて、後はミスを待っても良いと思います。

15-0になったら、そこからは正攻法でファーストサーブを入れてミスをしない、しっかり相手の動きを見てプレーすれば大丈夫。

30-0、になったら相手も掛けに出て来る可能性もある。

だからこそ、最初のポイントでのポーチ、を活かしてストレートに誘うのも良いですね。

大事なのは、自分たちではなく相手に崩れてもらうということ。

ギアを上げて、最後はキープ出来る?

そういう人は良いと思いますが、ギアを上げようとしてミスばっかりな人、がほとんどじゃないですか?

 

実際に、本当に強い選手はギアを上げます。

プロ選手の試合でも、ラストのサービスゲームではエースの確率がグッと上がることは、データでも証明されています。

でも、私たちの試合は違う。

プレッシャーと向き合い、相手に自滅して諦めてもらう。

5-4からのサービスゲームは、これでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. メルマガ配信、登録を開始します!
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    サーブを打つ前の構えから、既に力んでない?

    みなさんが、サーブを打つ前の構え。それこそ、トスアップ前の雰囲…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合で「初中級者でもサーブで攻めていきたい!」ときに、有効なコースを考えてみる

    テニスの初心者から初中級者の方にとって、サーブはなかなか緊張するもの。…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「脱ダブルフォルト!」テニスの試合で悩んでいる全ての人へ

    ダブルフォルトほど悔しいミスはない。相手に何かされたのならまだ…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブこそ、ダイナミックさが必要

    これは、私自身が最近意識していること、でもあります。どうしても…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブで身体が開かないようにするには、「前側の肩が前にある状態でインパクト」出来るようになろう!

    サーブが安定しない・・・と感じている人は、身体が開いているケースが多い…

  6. テニス ボレー

    サーブ

    ダブルスでのサーブ&ボレーヤーは、「相手前衛との戦い」に勝利しなくてはいけない

    ダブルスの試合、サーブ&ボレーで並行陣を作っていく方、たくさんいると思…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 練習

    スマッシュ

    「ネットからの距離」によって、テニスの試合で求められるスマッシュの種類は違います…
  2. ストローク

    ダウンザラインへ振り切るストロークは、前で終わるから安定する
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テイクバックの意識を劇的に変える、魔法の言葉
  4. テニス ストローク

    ストローク

    大事な場面、スピン系のストロークがガシャってしまう人に共通する、5つの悪い癖
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会は、「個人戦こそ、団体戦である」と心得よう
PAGE TOP