テニス サーブ

サーブ

まっすぐな方向にサーブが打てれば、しっかりコースを狙えるようになる

サーブをしっかり狙って、サービスゲームをキープしたい。

でもコントロールが全く出来ない・・・という方は、シンプルに、まずまっすぐ打てるようになりましょう。

サーブをまっすぐ打つ、ことって意外と難しい。

意識したいのは、肩のラインです。

まっすぐな方向にサーブが打てれば、しっかりコースを狙えるようになる

 


 

1.肩のラインにまっすぐ、サーブを打てますか?

アナタの右肩と左肩、それを線で結んだ延長線上に、サーブを飛ばす。

これって、簡単なようで意外と難しい。

横向きの状態から、しっかりまっすぐコントロール出来れば、サーブのコントロールは絶対に向上します。

打つ構え、トスアップの構えをしたときに、自分の肩のラインを伸ばしていくと相手コートのどこに当たるのか。

これをまずは意識してみましょう。

 

2.身体が開かなければ、まっすぐにサーブが打てる

まっすぐに、肩のラインでボールを飛ばすには?

答えは実はシンプル。

身体が開かないように、ラケットを横振りにならないようにしていくだけ、です。

ラケットは基本縦方向に動かす。

そうすれば、肩のラインが崩れないのでボールは自然にその延長線上に飛んでいく。

サーブのコントロールが良い人って、打つ前と打ち終わりで上半身があまり変わらない。

「早く結果を見たい・・・」と思って、つい打ち終わる前から前を向いてしまっては、横振りになって肩のラインから大きく外れてしまいます。

 

3.それだと、「打つコースがバレバレ」なんじゃないの?

確かに、そうです。

実際の試合では、肩のラインで相手から打つコースがバレてしまう。

でもそれを考えるのは、次のステップ。

実際には少し打点とボールの触る箇所を変えて、スピン、スライス、センター、ワイド、と打ち分けることが出来るようになるはず。

まずは、どの球種でも良いので、肩のラインの延長線上にまっすぐ打つ、ことだけトレーニングしましょう。

それが身に付いてから、球種やコースの選択を拡げていく形でも遅くは無いはずです。

 

実際に、肩のラインでまっすぐ打つ、だけでも試合では有効。

考えてみて下さい。

対戦相手、アナタのサーブの癖なんて気にしてますか?

それを気にするの相手は、きっと格上で試合慣れしている、シード選手。

そこと対戦するまでは、コースバレても良いくらいのつもりでも良いと思います。

しっかりサーブのコントロールに自信を持つ、ことが先決ですからね。

 

今回のまとめ

サーブでは身体の開きを抑えて、肩のラインにまっすぐ打てるようになろう!

 

ピックアップ記事

  1. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス ストローク

    サーブ

    自分のサーブがフォルトした時も、相手リターンの反応はしっかり見ておくこと

    自分が打ったサーブが、「フォルト!」のコール。もう意識はセカン…

  2. テニス ダブルス

    サーブ

    ミックスダブルスを戦う女性の皆さん、大事なのはサーブを打った後です

    ミックスダブルス、いかに女性のサービスゲームをキープしていくのか。…

  3. テニス ポジショニング

    サーブ

    サーブを打つ前に、「冷静に相手のポジションを確認する」ことで、精神的に楽になれる

    サーブを打つときに、どうしても落ち着きが無い、自信が無い、という方。…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    実は、右利きのサーブだって強力なんです

    サーブは左利きが有利。それって、誰が決めたことでしょう?…

  5. サーブ

    サーブで身体が開かないようにするには、「上げた腕をキープする」だけで簡単に出来ます!

    緊張した場面でサーブを安定させるためには、打つ前に身体が前を向かないよ…

  6. サーブ

    ボールを下に突く、のにもコツがある

    サーブを打つ前に、ボールを下に突く。この何気ない動作、みなさん…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    シングルス

    テニスのシングルスの試合では、「これでもか」という粘りを見せて初めて、相手は崩れ…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つときに、変化球でストライクを取る感覚を大切に
  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスの試合で「厳しいロブをスマッシュで打ち込む」為には、ボールから目線を切るこ…
  4. テニス ダブルス

    サーブ

    ダブルスの試合のタイブレークで勝ちきれない人は、「今までのゲームとは違う場所から…
  5. テニス 戦術

    ボレー

    ファーストボレーを叩かれる人は、どう対策すれば良い?
PAGE TOP