戦術

その他

「テニスの醍醐味は、やっぱり団体戦!」大規模な団体戦を、改めてまとめました

テニスの大会の醍醐味の一つが、団体戦。

関東には一泊二日の泊まりがけで行く大会がいくつかあり、毎年主に春と秋に盛り上がりを見せています。

チームの一員として試合を闘うことは、アナタの実力アップに繋がること間違い無し。

今回は関東近辺にて開催されている団体戦をメインに、まとめてみました。

 

「テニスの醍醐味は、やっぱり団体戦!」大規模な団体戦を、改めてまとめました

 


 

1.マウント富士カップ

日本でも最大規模の団体戦イベント。男女ダブルスの個人戦もあり、たくさんのテニスフリークが集まる一大イベントです。

6人1チームで、初日に予選リーグ、2日目に順位別トーナメントが行われますが、このトーナメントは順位を全て決める形式なので、たくさん試合経験が詰めます。

山中湖のクレーコートですのでもちろんイレギュラーはあります。

クレーコート用のシューズ、ソックスも多めにもしっかり準備しましょう。

■マウント富士カップ

 

2.山中湖チャレンジカップ

1.のマウント富士カップと同じく、山中湖で開催される大会イベント。

元々は個人戦だけでしたが、現在は団体戦の部も開催されています。

関西地区、名古屋地区から参加されている方も多く、普段とは一味違う対戦相手にも出会えるでしょう。

■山中湖チャレンジカップ

 

3.白子アポロカップ

千葉県白子町で秋に開催される団体戦イベント。

景品も豪華で、レベルは高めかも知れません。

男女ダブルスとシングルス、ミックスダブルスがあり、チームとしての総合力が問われます。

■アポロコーストテニスクラブ(主催)

 

4.東京都知事杯

東京の有明テニスの森公園で開催される、ミックスダブルス3本の団体戦。

毎年大人気の大会は、まず抽選をクリアしないと出場資格が得られません。

ハードコートでのミックスダブルスですので、男性サーブをいかに女性が対応するか…がポイントですね

■東京都知事杯

 

5.ぜビオカップ

テニスマガジン主催で全国各地で行われているツアー形式の団体戦。

地域にも寄りますが、アットホームな雰囲気のもとで、夜の部の交流イベントも好評です。

雑誌社主催ということもあり、参加費や年齢層は少し高めな印象です。

■ゼビオカップ TENNIS DAIRY記事

 

※毎回の各大会詳細は変更となる場合が御座いますので、皆さん各自でご確認下さい。

 

あくまで主観を元にまとめてみましたが、詳しくはご自身の眼で参加して確かめてみて下さい。

団体戦に参加したことの無い方も、チームで過ごす2日間を経験すると、病み付きになるかも…。

それくらいテニスの団体戦イベントには、たくさんの魅力が詰まっています。

責任感も感じつつ試合をする歓び、感じて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. メルマガ配信、登録を開始します!
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. その他

    都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを預けてみては?

    みなさんも、こんな経験無いですか?試合が終わって、都内で待ち合…

  2. テニス ダブルス

    その他

    テニスの試合で知っておいて損は無い、「風下コートでの戦い方」について

    インドアのコートが増えてきたとはいえ、まだまだテニスは屋外スポーツ。…

  3. その他

    相手選手へのマナーとして、「1stサーブがフォルトしたときには、ボールを深追いしない」ことを意識しま…

    悪気は無いんだけど、相手の印象を悪くするマナー違反、のようなことがテニ…

  4. テニス メンタル

    その他

    新しく習ったこと、覚えたことは、「どんどん後輩に伝えていくこと」で本物の理解につながる

    今まで色々な学校から上位選手を集めて、練習会みたいなイベントを企画した…

  5. テニス ストローク

    その他

    テニスが楽しい、と思えている時は成長期

    自分の練習が、苦しくても楽しい。この楽しい、という感覚、最近は…

  6. テニス 観客

    その他

    テニスの試合は、「人に観られている」ことに慣れている選手がやっぱり強い

    試合になると、急に別人のように堅くなる人。練習ではあんなに気持…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合、厳しいリターンこそストレートに展開していこう
  2. テニス 書籍

    テニス知識

    テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. テニス ボレー

    ストローク

    回転をたくさんかけるのが、良いショットだと思う?
  4. テニス 指導

    テニス知識

    「これが出来ると、かっこいい!」テニスコートを借りて練習、必要なマナー5つ
  5. テニス ボレー

    ボレー

    柔らかいボレーを磨くには、バランスボールを・・・?
PAGE TOP