テニス 練習

その他

「新しい自分のテニスを作りたい!」という人は、テニスコート以外でもどんどん新しいことを取り入れてみましょう

テニスが強くなりたい、試合で勝ちたい・・・。

そう考えている人は、テニスコート上でしか自分を鍛えられないと思いがち。

ですが、実はそうではありません。

テニスコート以外の部分、でどういう生活をしているか・・・が反映されるのがテニス。

私自身も、テニスが上手くいっていない、結果が出ていないときには積極的に私生活から何かを変えるようにしていました。

騙されたと思って、ぜひアナタも実践してみて下さい。

 

「新しい自分のテニスを作りたい!」という人は、テニスコート以外でもどんどん新しいことを取り入れてみましょう

 


 

■新しいこと、最近何か始めましたか?

学生の皆さん、仕事を頑張る社会人の皆さん、他にもご年配の方や主婦の方まで、様々な方がテニスをやっている。

それぞれ、コートを離れれば自分たちが生活する環境があり、テニスを出来る時間は限られていますよね。

何とか短い練習時間でも結果を出したい、上手くなりたいと考えるなら、積極的に新しいことにトライしていきたい。

でもテニスを変えるのも、結構勇気がいる。

だからこそ、普段から「新しいことを試すのが好き!」という性格になっておくと、上達も速い。

きっとこれはテニス以外の成長にもつながる部分だと、私は思います。

 

■通学路を変える、使っている文房具を変える、新しい本を読む

何でも良いので、普段の生活を少し変えてみましょう。

自分が慣れている道、ではなく新しい道を通ってみる。

使い慣れた道具以外のものを、何か試してみる。

普段は読まないような本を、本屋で手に取って読んでみる。

こういったことを意識してやっていると、絶対にテニスでも良いチャレンジが出来るようになります。

「えっ、こんなことで変わるの・・・?」と思った方、まずはやってみましょう!

きっと人って、行動から意識が変わるのです。

 

■「変えてダメなら、戻せば良いんじゃないの」という持論

私の感覚ですが、「やってダメ」なら戻せば良い。

やってダメ、とやらないでダメ、には雲泥の差があります。

自分でやってみたことの絶対量が多い人ほど、テニスの上達も早い。

こればっかりは、なかなか教えて出来ることでは無いんですよね。

戻せば良い、と思っていれば新しいチャレンジもハードルが下がる、ただしその時は本当に自分を変えるつもりで、必死でやる。

この繰り返しが、きっと私生活からテニスまで、アナタ自身を成長させていくことでしょう。

 

テニスって、すごくその人の人間性が現れる。

私生活の乱れが、テニスの乱れになる。

またその逆もあるのです。

試合で結果が出ない、ときこそ何かを変えていきたいと思う時期。

まぁ、深く考えずにコート以外でどんどん、新しいことしてみましょう。

ちょっと普段と違う通学路、通勤路、を歩くだけでも何か新しい発見があるかも知れませんよ。

その一歩の勇気、きっとテニスに通じるはずです。

ピックアップ記事

  1. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「役割の変化は、必ず成長につながる」後輩の指導で自分の練習が出来ない君へ

    私は高校時代、自分の学校にテニスコートがありませんでした。正確…

  2. テニス メンタル

    その他

    どんな学校に所属していても、どんなギアを持っていても、重要なのはその人自身のテニス

    テニスには所属や肩書きが付くケースが多い。名門サークルに、名門…

  3. テニス ダブルス

    その他

    「頼りにされるテニス部のキャプテン、は何が違うのか?」について、後輩への声掛けから考えてみる

    強いテニス部には、強烈なリーダーシップを持って実力のあるキャプテンがい…

  4. テニス メンタル

    その他

    「5年前のあの時」を思い出すたびに、テニスというスポーツの存在意義を私は再確認します

    5年前の3月11日。日本全国が、忘れられない体験をしたあの日。…

  5. テニス 練習

    その他

    「何を教わった?」よりも、「何に気付いた?」で子供は変わる

    読者のみなさんの中には、自分のお子さんにテニスを教えている方も多いよう…

  6. テニス ストローク

    その他

    テニス部における良いキャプテンの要素は、「チームの課題を創り出せる人」です

    良いキャプテン、リーダーって、どんな人物像をイメージしますか?…

特集記事

  1. メンタル

    「1セットマッチで、5-0になったらもう安心?」だからアナタは、いつまで経っても…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    No.1になる選手は、大量リードでも絶対に気を緩めたりしない
  3. テニス ポジショニング

    ボレー

    バックボレーの方が、実は簡単です
  4. テニス ボレー

    ロブ

    「入るロブと、アウトするロブ」の見極め方5つ
  5. サーブ

    サーブの威力とコントロールを両方アップさせるには、「相手コートに背中を向ける」だ…
PAGE TOP