日々の雑記

昨日のアドバイスを、今日は忘れている

目次

テニスに真剣な方ほど、アドバイスをいつも求めている

それはスクールコーチだったり、周りの仲間だったり

自分に対するアドバイスをみなさん、本当に熱心に聞く方が多い

その瞬間は、しっかりと聞いているんですが…翌日になるとどうでしょう?

前日のアドバイスを忘れている、何を言われたか覚えていない

こういう人が、まぁ普通だと思います

私が言いたいのは、だからこそみなさんはチャンスがあるということです

耳で聞くのか、心で聴くのか

ただ聞いているだけの内容って、何も心に入っていかない

テニスに限らず、日常生活でもそうだと思います

心に残るようなアドバイスって、やっぱり聴く側の準備も整ってないといけない

自分で真剣に何かを変えたい、と悩んで自分で研究しているような人じゃないと、アドバイスって何も意味をなさないのかなと思います

言われたことに対して、「まぁそりゃそうなんだけど…」と思うこと、ありますよね

私だってたくさんあります

でもそういう時の内容って、まず翌日には残らない

この繰り返しが起きてしまうと、テニスの上達や変化って難しい

テニスの練習、アドバイスをもらえるような環境ならまず自分の中で課題を整理して準備する

アドバイスはコーチとのコミュニケーション、だからこそ自分を主役として考えていかないといけない

心で聴くなら、その覚悟と準備が必要です

なぜ?を自分で3回繰り返す

なぜ、コーチは今のアドバイスを自分にしてくれたんだろう?

そのなぜ?を3回繰り返してみて下さい

「今のショットは右側を狙うべきでしたね」と言われたなら

「なぜ右側を狙う必要があったのか?」と考える

「相手は左側を意識して動いていたから」と考える

「なぜ相手は左側を意識していたのか?」を考える

「自分がその前のポイントで左側を意識させる配給をしていたから」と考える

こういう思考を常に、自分の中でパッと整理する癖を養っていきましょう

コーチのアドバイスそのものだけを受け取ってしまうと、また同じように繰り返してしまう

すぐに忘れてしまう

結果的に同じようなプレーとアドバイスの繰り返しになって、進歩がない…という負のループに陥ってしまいます

記憶に残らないのは納得していないから

みなさんも、過去の勉強を思い出してみて下さい

例えば、数学の公式

これを覚えるのになぜ苦労するのか…それは、理解して納得していないのに覚えようとするから

テニスのアドバイスも一緒です

自分の中で理解できない、納得できていないことは絶対に覚えられない

人間の脳が不要と判断して忘れるようになっているんです

自分の印象の残らないアドバイス、それはアナタ自身が問題意識を持っていないかそれが薄いかです

なぜ?の思考を繰り返し、心でアドバイスを聴く準備ができているかどうか

これがないと、アドバイスも空砲に終わるだけ

アドバイスする側も響いていないことが分かると、次からどうしようか悩むか諦める

記憶に残る工夫、それは自分の中で納得できるポイントを作れるかどうか

それは、みなさん自身にしかできないこと

T-PRESSは、みなさんと一緒にここにチャレンジしていきます

明日も覚えてもらえるアドバイス、テニスを変えるようなきっかけを作っていきたい

その為にも、みなさんの心に響く納得してもらえるようなアドバイスや指導法、私なりに考えていきたいと思います

ピックアップ記事

  1. テニス関連の記事は note へ
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. 日々の雑記

    メルマガ配信、登録を開始します!

    いつもT-PRESSをご覧頂き、ありがとう御座います。かねて…

  2. 日々の雑記

    知るということは、自ら動くということ

    東レPPOテニスも終わり、今週末からは楽天オープン。日本国内で…

  3. テニス 雨

    日々の雑記

    最近の雨って、10年20年前と全然違うんじゃないか説

    最近の雨って・・・なんだかすごいですよね。これから梅雨の時期。…

  4. テニス グッズ

    日々の雑記

    今自分の目の前で起きていることは、全て自分が引き起こしていること

    テニスを続けていれば、基本上手くいかないことばかり。そうじゃな…

  5. テニス テニスボール

    日々の雑記

    どんな風にお金を払っても、経験は買えない

    関東では急に寒さが厳しくなって、本当真冬って感じになりましたね。…

  6. 日々の雑記

    「昔は良かった、今は・・・」って、そんなことない

    この時期は、大学のテニスの試合が一区切り。体育会では公式戦のリ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 練習

    ストローク

    「左利き vs 左利きの対戦で有効な、フォアハンドの回り込み」からの攻撃で意識し…
  2. 戦術

    タイブレークは、1ポイント目に奇襲で先手を!
  3. テニス ストローク

    ボレー

    テニスにおいて、「ネットプレーでラケットヘッドが下がる」と、絶対良いプレーは出来…
  4. テニス 気付き

    戦術

    テニスの試合でも、8割の人は「トラブルが起きてから」しか対応を始めない
  5. テニス 団体戦

    メンタル

    テニスの試合で、「団体戦の先鋒の選手」に求められる4つの要素とは?
PAGE TOP