戦術

「あの人何やってんの?」という褒め言葉

目次

テニスの試合で、例えばドロップショットを失敗する

ドロップボレーでも良いです

とにかく「前に落とそう」としてミスしたとしましょう

周りの雰囲気は、「あの人何やってんの?」という雰囲気になりませんか?

テニススクールであれば、「あの人とラリーしたくない…」と陰口を叩かれるかも

もちろん、あまりに連発するのは問題です

でも、私は思うんですがこういう「あの人何してんの?」と思われるような失敗をしない限り、トライしない限り、テニスって絶対に上達しない

みんなで無難なラリーをする癖って、試合でも出ちゃうんですよね

ラリーのリズムを崩そう!

ドロップショットって、ラリーのリズムを変えるようなショットですよね

一定のスピードから緩んで、軌道も変わり、相手の意表を突く

こういうショットは、テニスの醍醐味でもありプレーの幅を持たせる意味でも大事なショットです

やっぱりラリーって、一定のリズムで打ち合う方が楽ですから

リズムを崩しにかかるって、勇気が要ります

技術的にというよりも、「あの人何してんの?」と思われても良いや、と考えるメンタル的な部分が大事

自分からリズムを崩しにかかってミス、まぁ確かにちょっと恥ずかしいですが

でも、一定のリズムのラリーで、一定の方向にしか打てないようなラリーの方が実はもっと深刻

そこに気付けるかどうか、だと思います

最初から決めて待ち構えるから打てる

ドロップ系のショットの打ち方、考え方は色々とあると思います

調子が良い時には身体が勝手に反応するような時もあるでしょう

まずみなさんが意識して欲しいのは、「決めて待つ」ということ

ドロップショットを使うコースを、相手が打つ前に決めておく

「ここに来たら、あそこに落とそう」とイメージしておく、決めておく

「ここ」以外に来たら、まぁ普通に返そうかという感じでOK

最初から決めておいて打つから、迷いが無い

迷いが無いということは、ミスしたとしてもダメージが少ないはず

「やろうかどうしようか迷った挙句のミス」が、テニスでも辛いじゃないですか

最初からやるぞ!と決めておく、でもこれがなかなか出来ない

なぜなら、ミスしたときの「あの人何やってんの目線」を勝手に気にしちゃうから

不快にさせる=褒められる感覚

テニスはゲームであり、相手からポイントを取る競技

だから、相手に不快になってもらうような仕掛けは、どんどんしないといけない

まずここを、しっかり認識しましょう

練習からお互いにある程度、このプレッシャーを掛け合う必要はあります

繰り返しますが、「やり過ぎ」は問題です

最初の数往復はラリーがつながる、そういう思いやりは必要です

でも、そこから先はゲーム性のあるラリー練習の方が絶対に身になるし、上達するはず

相手を前後に動かすようなショット、不快にさせるような仕掛けは、どんどん実行する勇気を持ちましょう

相手が嫌がるということは、褒められているのと同じ

ぜひ、ここの勇気をまず持ってみてください

T-PRESSはそんなみなさんを応援します💪

ピックアップ記事

  1. + POWER CUP について
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. テニス 読書

    戦術

    テニスの常識を疑えば、試合に強くなる

    私たちが今まで、当たり前だと思ってきたこと。テニスについて学ん…

  2. 戦術

    みんなテニスのおけるコントロールの精度を、甘く見過ぎ

    ベテランテニス、のみなさんと試合をするようになって、感じること。…

  3. 戦術

    自分がしっかり満足出来るショット、なんて1試合で3球くらい

    試合前に考えること。色々不安になることもあると思いますが、逆に…

  4. 戦術

    「これが上達の証」テニスの試合で安定感を身に付ける為に、上達していくフェーズがある

    皆、テニス上手になりたいでしょ?でも、上手になるってどういうこ…

  5. テニス 環境

    戦術

    試合をこなす、から、「計る」に変えていこう

    来年は、自分を変えていきたい。試合で勝てるような選手になりたい…

  6. テニス ダブルス

    戦術

    完璧な戦術、作戦、陣形を求め過ぎる人は、結果的にテニスの試合に勝てない

    テニスの試合で必要なセオリー、「それはどこまで覚えれば良いの?」という…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    精度の高いドロップショットは、ココが違う
  2. テニス 居場所

    リターン

    サーブがなかなか入らない相手ほど、実はリターンは難しい
  3. 日々の雑記

    YouTubeメンバーシップについて
  4. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合、「マッチポイントをサービスエースで終わりたい」男子なら誰もが考える…
  5. テニス リターン

    ストローク

    ストロークで切れ味を出したいなら、「ラケットを強く振るのではなく、鞭のように扱う…
PAGE TOP