テニス 客観視

テニス知識

セルフジャッジの試合で酷いことをされても、テニスでやり返す気持ちを大切に

今回は、すごく厳しいお話です。

厳しいというのは、受け入れがたい方も多い・・・かも知れないということ。

でも私は、皆さんにとって必要だと思うことを書いていきます。

セルフジャッジ、に対する問題について、書いてみます。

 

セルフジャッジの試合で酷いことをされても、テニスでやり返す気持ちを大切に

 


 

酷いジャッジで、すぐに感情的になってはいけない

色々、対処法はありますが、まず基本はこれです。

セルフジャッジは、相手の意志を尊重する、お互いのジャッジを尊重するから成り立つルール。

自分でイン、アウトだと思っても、相手がそのジャッジをしてくれるかは、分からない。

しかも、大事なポイントで・・・というのは、試合前に必ず頭の中で整理しておく。

私の経験ですが、感情的になってしまうと、そこからロービングアンパイアを呼んだりどんな対応をしても、試合に勝つことは難しいでしょう。

大事なのは、「試合に勝つこと」なはずです。

 

テニスでしっかり、お返ししよう

「そんな綺麗ごと、通用するなら苦労しないよ!」という声が、聞こえてきそうですね。

たしかにそう、です。

でも、この意識がしっかりベースにないと、感情的な「仕返し」の応酬になるのは目に見えています。

相手のジャッジが酷いなら、きっと余裕は無いはず。

アナタ自身がしっかり戦えば、勝てる相手なはず。

その為に、まずはアナタ自身が強い心を持って、しっかり試合をコントロールしていく意志を持つ。

当然、あまりに酷い場合はアンパイア、審判を呼ぶことが大前提。

でも、その後も試合は続きますよね。

だからこそ、最後はテニスでやり返す、という意識が大事なのです。

 

ジャッジの入る余地が無いショット、は何だろう?

私はこういう試合、相手の為に、ドロップショットを磨いています。

なぜなら、「2バウンド」は隠しようがない、ジャッジを曲げようがないからです。

それに、相手がジャッジを汚くしてくるのは疲れてきた証拠。

早く試合を諦めてもらうためにも、ドロップショットで前に引っ張り出して仕留める、くらいの作戦を準備しておきましょう。

ベースラインからの打ち合いだけだと、遠くて見えない、ジャッジを曲げられやすい。

だからこそ、変化を付けていくようなショット、ドロップ系のショットは必須だと私は思います。

 

真面目過ぎる、と思う方も多いでしょう。

でも、目の前の試合だけじゃない、アナタはもっともっと、上を向いて試合を続けていかないといけない。

汚い相手は、憎んでも仕方ない。

しっかりテニスで倒す、これが一番。

心に決めて、今日もクリーンなジャッジで挑んでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. ピラティスポール

    テニス知識

    テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメです

    テニスを長く続けていると、肩が上がらなくなる・・・。これは最近…

  2. テニス知識

    テニス動画をたくさん撮影したいなら、「スマートフォンバッテリーケース」が断然オススメです!

    自分のテニスの動画、練習でも試合でも、撮影することで成長につながる。…

  3. テニス トレーニング

    テニス知識

    プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう

    「プッシュアップバー」という器具について、聞いたことはありますか・・・…

  4. テニス ラケット

    テニス知識

    【保存版】テニスのストリングについて、必要な知識を用語別にまとめてみました

    テニスラケットとストリング。ラケット選びには人一番気を遣う選手…

  5. テニス サッカー

    テニス知識

    心から勝者を讃えたら、もっと強くなれる

    「お前、負けを認めてないだろ」こう言われた言葉、今でも鮮明に覚えて…

  6. ストレッチ

    テニス知識

    筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

    テニスを継続的に頑張っている人にとって、悩ましい問題が「筋肉痛」ですよ…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    一昔前に流行った、「肘からテイクバックするフォアハンド」は、華やかなようで難しい…
  2. テニス サーブ

    メンタル

    デュースが3回以上続いたときは、「終わらせようと思った選手」がゲームを落とす
  3. テニス メンタル

    戦術

    「省エネテニス」に必要なテニスの試合でのボールスピード、コースのコントロール術
  4. テニス 序盤

    戦術

    「インドアコートでのテニスの試合」で気を付けておきたい5つのポイント
  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    甲子園での球数制限、について思うこと
PAGE TOP