テニス 客観視

テニス知識

セルフジャッジの試合で酷いことをされても、テニスでやり返す気持ちを大切に

今回は、すごく厳しいお話です。

厳しいというのは、受け入れがたい方も多い・・・かも知れないということ。

でも私は、皆さんにとって必要だと思うことを書いていきます。

セルフジャッジ、に対する問題について、書いてみます。

 

セルフジャッジの試合で酷いことをされても、テニスでやり返す気持ちを大切に

 


 

酷いジャッジで、すぐに感情的になってはいけない

色々、対処法はありますが、まず基本はこれです。

セルフジャッジは、相手の意志を尊重する、お互いのジャッジを尊重するから成り立つルール。

自分でイン、アウトだと思っても、相手がそのジャッジをしてくれるかは、分からない。

しかも、大事なポイントで・・・というのは、試合前に必ず頭の中で整理しておく。

私の経験ですが、感情的になってしまうと、そこからロービングアンパイアを呼んだりどんな対応をしても、試合に勝つことは難しいでしょう。

大事なのは、「試合に勝つこと」なはずです。

 

テニスでしっかり、お返ししよう

「そんな綺麗ごと、通用するなら苦労しないよ!」という声が、聞こえてきそうですね。

たしかにそう、です。

でも、この意識がしっかりベースにないと、感情的な「仕返し」の応酬になるのは目に見えています。

相手のジャッジが酷いなら、きっと余裕は無いはず。

アナタ自身がしっかり戦えば、勝てる相手なはず。

その為に、まずはアナタ自身が強い心を持って、しっかり試合をコントロールしていく意志を持つ。

当然、あまりに酷い場合はアンパイア、審判を呼ぶことが大前提。

でも、その後も試合は続きますよね。

だからこそ、最後はテニスでやり返す、という意識が大事なのです。

 

ジャッジの入る余地が無いショット、は何だろう?

私はこういう試合、相手の為に、ドロップショットを磨いています。

なぜなら、「2バウンド」は隠しようがない、ジャッジを曲げようがないからです。

それに、相手がジャッジを汚くしてくるのは疲れてきた証拠。

早く試合を諦めてもらうためにも、ドロップショットで前に引っ張り出して仕留める、くらいの作戦を準備しておきましょう。

ベースラインからの打ち合いだけだと、遠くて見えない、ジャッジを曲げられやすい。

だからこそ、変化を付けていくようなショット、ドロップ系のショットは必須だと私は思います。

 

真面目過ぎる、と思う方も多いでしょう。

でも、目の前の試合だけじゃない、アナタはもっともっと、上を向いて試合を続けていかないといけない。

汚い相手は、憎んでも仕方ない。

しっかりテニスで倒す、これが一番。

心に決めて、今日もクリーンなジャッジで挑んでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. + POWER CUP について

関連記事

  1. テニス ラケット

    テニス知識

    これからテニスを始める人でも知っておきたい「ラケット選びの5つのポイント」

    これからテニスを始めようと考えている方、楽しみなのはまずラケット選び。…

  2. テニス サーブ

    テニス知識

    スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

    スピンサーブは、「屈強な男性が打つサーブ」というのが、一昔前のテニスで…

  3. テニス プロテイン

    テニス知識

    テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

    私が学生の頃、15年くらい前はちょうど「プロテイン」が一般的になった頃…

  4. テニス 栄養

    テニス知識

    テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

    皆さん、テニスを続けている中で「辛い怪我」の経験はありますか?…

  5. テニス 消臭

    テニス知識

    テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

    テニスの試合に遠征、合宿などで行くときに、悩ましい問題・・・みなさんは…

  6. テニス知識

    雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

    テニスの練習にとって、天敵の一つが雨。これからの季節、悩ましい…

特集記事

  1. テニス ミス

    日々の雑記

    みんなから同情されたい病、を治す薬はありません
  2. ダブルス

    ダブルスでのストレートケアとは、前衛が前に詰めることです
  3. ストローク

    ストロークの準備に苦手意識がある人は、「ラケットダウンスタートストローク」を試し…
  4. ダブルス

    ダブルスの試合で「相手の繋ぎのボール」を潰せば、勝機は見えてきます!
  5. テニススクール

    「テニススクールの通い方」本当に試合で強くなるには生徒自身の主体性が不可欠
PAGE TOP