テニス 計算

戦術

「しっかり組み立ててくる対戦相手」を、歓迎出来る自分で

試合中に、「何かまるで、コーチみたいな配球・・・」と思えるくらい、しっかり組み立ててくる相手。

ダブルスのベテランプレイヤーなんかは、まさにそういう選手が強かったりもします。

こういう「丁寧な配給の相手」に対して、苦手意識を持ってはいませんか?

こういう相手との対戦こそ、テニスの醍醐味!だと思えるようになりましょう。

 

「しっかり組み立ててくる対戦相手」を、歓迎出来る自分で

 


 

意図を持った相手との対戦は、楽しい

これも考え方次第ですが、私は楽しい!と思うようにしています。

だって、相手の意図が分かるテニスは、意志があるテニス。

しっかりお互いで読み合って、主張をぶつけ合うからこそ楽しい。

もちろん、簡単な相手ではないでしょう。

だからこそ、倒した時に快感、なのがこういうしっかり組み立ててくる相手、です。

 

最後は相手にミスをさせる、そういうテニスが「組み立てるテニス」の真骨頂

もちろん、崩してノータッチエース、が理想的。

でも、実際に強い相手はそこまで高望みをしていないんです。

これが、厄介なんですよ。

特にベテランのダブルスペアは、自分たちから強引な攻撃をしない、ジワジワ迫ってくる。

その中で、相手に無理をさせるような配球、動かし方を仕掛けてくるのが特徴的ですよね。

最後は相手にミスをさせる、つまり強引なショットを打たないといけない、ようなシチュエーションに追い込むテニス。

アナタ自身、やられた経験もあるはずです。

 

自分たちも組み立てられるテニス、を用意しておこう

こういう相手には、自分たちの作戦も効きやすい。

なぜなら、相手もテニスをよく知っているから「警戒してくれる」んですよね。

何も考えていない相手、場当たり的な相手の方が、時にやり辛かったりもします。

アナタ自身、「組み立ててポイントが獲れるパターン」を、何個準備出来るか。

サービスゲーム、リターンゲーム、それぞれで3つずつくらいは用意しておきましょう。

通じるかどうかは、やってみないと分からない。

でも丁寧なテニスが出来れば、きっと丁寧な相手には対抗出来るはずです。

 

ダブルスの試合は、相手の動かし合い。

2人がコートにいる訳ですから、どっしり構えられたら守備側が強い。

だからこそ、色々な崩し方で動かしていく、のがダブルスの醍醐味ですよね。

テニススクールで頑張る皆さんも、このあたり意識出来ると試合がもっと楽しくなりますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合は、「自分の力だけで勝てる試合なんて1試合も無い」と思っておこう

    テニスプレイヤーって、ストイックな人も多い。社会人やベテラン、…

  2. テニス メンタル

    戦術

    「勝っている選手には、必ず理由がある」テニスが上手い、以上の理由を自分なりに探してみよう

    アナタの周りにも、「テニスが上手い、試合で勝っている」人はいるはず。…

  3. テニス 準備

    戦術

    テニスの試合で相手にやられること、失点することは、悪いことじゃない

    試合の中で、必要以上に落ち込んでばかりの人、いませんか?失点す…

  4. 戦術

    綺麗でないポイントにこそ、本質がある

    自分のテニスの、本質的な部分。これに気付けるかどうか、がこれ…

  5. テニス

    戦術

    「自分は何を強化して来たのか?」を、試合前に再確認しよう

    いつもT-PRESSを読んで頂き、ありがとう御座います。改めま…

  6. テニス ダブルス

    戦術

    テニスでは、「元々の武器より弱点から育て上げた武器」の方が試合で使える

    「アナタの武器、何ですか?」と聞かれて、皆さんはパッと答えが出…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 調子

    テニススクール

    コーチ次第、じゃなくて、自分次第ですから
  2. テニス メンタル

    その他

    テニスの上達に最も必要なのは、「自分で感じて、盗む力」です
  3. テニス 指導

    メンタル

    辛い試合を乗り越えた選手じゃないと、本当の意地は見せられない
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「速いスィングは何の為?」テニスの試合では緩急の使い分けがポイント
  5. テニス 楽天

    メンタル

    本物の気迫は、試合の現場で相手の判断を誤らせる
PAGE TOP