テニス フットワーク

戦術

「自分から先に仕掛ける」意識を強く持たない限り、強い選手には勝てない

テニスの試合、先手必勝。

これは、他のスポーツよりもより強く言える大事な要素だと思います。

実力差はあっても、私の経験上これだけは言えます。

テニスの試合こそ、先に仕掛けた者勝ち、です。

 

「自分から先に仕掛ける」意識を強く持たない限り、強い選手には勝てない

 


 

■先手必勝の意識、無い人がほとんど

この考え方が有効なのは、ほとんどの人が「無頓着」だから。

野球やアメフト、サッカーのように、「どちらかが攻撃している」だけの時間ってテニスでは無い。

ラリーを繰り返すスポーツなので、攻守なんて一瞬で切り替わる。

先に攻撃を仕掛ける権利は、誰もが持っている。

このことに、早く気付きましょう。

 

■実力問わず、相手を「受け身」にさせるかどうかが肝

テニスの試合では、相手をいかに「受け身」な状態にさせることが出来るか。

主導権を握るには、最初のゲーム、最初のポイント、が大事です。

例え失敗しても良いので、「この形で攻撃したいんだ!」というのが相手にも伝わる、かどうか。

強い相手でも、向かってくる相手に対しては一度「受け」に回ってしまうのが自然。

だからこそ、先手必勝が大事なんです。

 

■先に仕掛けていくこと、は誰にでも出来る

実力差は関係ありません。

誰にでも出来る、ことが「先制攻撃」なのです。

先に仕掛ける勇気さえあれば、まだまだ勝てる試合は増やせる。

意識を強くもって、どんな先制攻撃をするのかを事前に決めておく。

1回だけじゃない、2回、3回と。

試合の入り方を変えるだけで、絶対に勝率は上がります。

 

アナタ自身、格下相手でも嫌じゃないですか?こういう先制攻撃。

同じレベル、上のレベルでも一緒です。

例えカウンターを喰らっても、積極的に攻撃してくる選手という印象は相手に残る。

後はその貯金を使って、試合を進めていくことも出来る。

次の試合、楽しみですね。

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. 戦術

    観察から行動に変えないと、意味が無い

    相手を、よく観察するということ。テニスの試合では、判断の材料…

  2. テニス サイト

    戦術

    強気に前で勝負する、サッカー日本代表は私たちの未来

    サッカー日本代表、応援されている方も多いと思います。私も今まで…

  3. テニス ボレー

    戦術

    アナタに苦手なショットがあるなら、試合では「最低限のプレー」を見せれるよう、手堅さを磨こう!

    テニスの試合の中で、気になること・・・私は以前、「自分の苦手なショット…

  4. テニス メンタル

    戦術

    試合巧者になりたいなら、自分が打った後0.2秒で相手を観察する癖を付けよう

    試合でしっかり、相手を観察すること。この重要性は、何度も書いて…

  5. 戦術

    主語を変える、ということ

    テニスが強くなりたいなら、これが必要。何度か記事でも書いて来…

  6. テニス メンタル

    戦術

    「基本はやっぱりオールラウンド」テニスのプレースタイルのベースを磨いて、その後に個性を出していく

    色んなプレースタイルがあるけど、君はどんなテニスで戦っている?…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    動き続けた前衛なら、逆に止まっていることも最高のフェイントになる
  2. テニス

    ボレー

    テニスの試合で使える実践的なボレーボレー、「ルーマニアンボレー」の練習効果はすご…
  3. テニス ストローク

    リターン

    速いサーブを、しっかりリターンするコツ5つ
  4. 戦術

    相手がどうリアクションしてくるのか、想定しよう
  5. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合に勝ちたければ、「スマッシュが苦手な相手には、遠慮無くロブ」を上げて打たせて…
PAGE TOP