テニス ストローク

戦術

テニスの試合では、「ボールの滞空時間を作り、奪い合うこと」が勝利への鍵になる

テニスのラリーの中で、意識して欲しいのは時間の奪い合い。

ここに無頓着になると、いつの間にか試合では勝てない、試合巧者の相手に良いようにやられているかも知れない。

時間を奪われ、時間を作れないと・・・試合には勝てないですよ。

 

テニスの試合では、「ボールの滞空時間を作り、奪い合うこと」が勝利への鍵になる

 

■強い相手とのラリー、なぜ余裕が無くなるのか

試合で強い選手、ペアと対戦したときに、「余裕が無いな・・・」と感じること、ありませんか?

自分が構える前、準備できる前にどんどん展開されていく。

自分が余裕を作りたいとき、前に詰めてきたり・・・と、時間の奪い合いで主導権を奪われていく。

これは全て、相手にとって計算済。

対応出来ないと、いつまで経ってもアナタは強い相手の鴨でしかないのです。

 

■まず、時間をいかに奪われないかを意識しよう

不用意にラリーしていては、すぐに相手に攻撃される。

格上の相手には、用心深く、用心深くラリーして試合を進めていかないといけない。

「時間を奪われない」為には、当然まずしっかり深いボール、そして回転量のあるボールでしっかり滞空時間を作ることが大事。

しっかりとスライス回転をかけて、深いボールを打てるのか。

また、高い軌道でネットプレーを警戒して避けることが出来るのか。

こういった細かく神経を使えるかどうか、が試合で勝てる鍵になるのです。

 

■格上相手にも、積極的に時間を奪いにいこう

テニスでは、強い相手に勝つために何が必要か。

速いショット?

強いボール?

確かにそれも一つの手ですが、もっと有効な手があります。

それは、相手の時間を奪うこと。

ストロークのラリーで積極的に前に出て、相手の「余裕」を奪うこと。

時間を奪って、戻る余裕を与えないようなテニスが出来れば、きっと格上相手にも勝てる。

それくらい、時間の奪い合いを挑んでいくことが大事なんです。

 

普段のラリー、練習から、一本調子にならないように。

楽なラリーは、試合では使えない。

試合ではもっと、汚く露骨に、相手の嫌がる間でラリーしていかないといけない。

覚悟を決めましょう。

そしてもっと質の高い練習に、変えていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス コントロール

    戦術

    テニスの試合に強くなりたいなら、「チャンスボールからのバリエーション」を意識しよう

    ナイスなコースにショットが決まって、「良し!」となる。でも、本…

  2. テニス ダブルス

    戦術

    緊張感の高まる場面では、ポイントは奪うのではなく「与えない」意識で

    試合も後半、終盤で緊張感が高まる場面。ここでどんなプレーが出来…

  3. テニス メンタル

    戦術

    試合では、「どこに打ちたいか」よりも、「どこに打てるか」で考えないと

    試合では、やっぱり現実的に戦うこと。これが出来る人が、コンスタ…

  4. テニス スマッシュ

    戦術

    成功体験が少ないテニス選手に、ミスを責めても何も発展しない

    「なんでこの選手、後輩は、成長しないんだろう・・・」そう悩んで…

  5. テニス 練習

    戦術

    相手が戻ろうとする逆を突く、のは上級者テクじゃない

    プロ選手の試合を観ていると、よくあるポイントパターンですよね。…

  6. テニス メンタル

    戦術

    足が速い相手と、かけっこ勝負をしてはいけない

    みなさんの周りにも、こういう選手はいませんか?すごく足が速くて…

特集記事

  1. バボラ ピュアドライブ

    ストローク

    「現代ラケットなら現代テニスを」理解しておかないと勿体無い現代テニスの基本的な考…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    現代テニスの代表格、フォアハンドストロークのクロス方向への切り返しを練習しよう
  3. テニス リターン

    リターン

    リターンでバックハンド側のサイドのときには、身体を逃がしながらバックバンドリター…
  4. ストローク

    「厚い握りでフォアハンド」プロテニス選手の技術で目がいきがちですが、実は・・・
  5. テニス スマッシュ

    ボレー

    厳しいボールを飛びついてボレーキャッチ、のときには「ボールの少し下」を触ろう
PAGE TOP