戦術

ボールをコントロール、の次は相手をコントロール

目次

これが楽しいと思えるようになれば、試合も強くなる。

みなさんも、テニスを始めた頃はボールをコントロールするのが楽しかったはず。

自分が思った通りにボールが飛んでくれる、それで満足でしたよね。

さぁそこから、次にいけるかどうかです。

アナタ自身、試合に強くなるとは「相手を動かせるようになる」ということですから。

人を動かす、だから面白い

ボールを打って、相手を動かす。

走らせて、「やっぱ取れないか・・・」という悔しそうな相手の顔を見る。

これ、ぜひ大好物になって下さい。

のっけから変な話ですが、人を動かして楽しいのは相手に感情があるから。

その悔しそうな雰囲気を見るからこそ、達成感がある。

テニスの試合が強い人って、こういうところに人一倍歓びを感じる人が多いんですよね。

アナタ自身も、相手を動かして試合を動かすイメージを持って欲しいんです。

人を動かせば、感情も動く

人間って、面白い。

アナタ自身がショットを打って走らせれば、色々考えてくれます。

「また、あそこに来るんじゃないのか・・・」

「次は、変えて来るかな・・・」

「とにかく悔しい!絶対に返したい!」

色々な感情が、相手の中でうごめいていくんですよね。

テニスの試合では、この感情が手に取るように分かれば、試合も楽しくなる。

ボールをコントロールして満足、だとそうはいかない。

あくまで、ボールは使うもの、ですから。

アナタ自身の目的は、相手を動かして勝つこと、です。

打ったボールには、そこまでこだわらない

逆に、打ったボールにはこれで良いと思いますよ。

こだわっても、しょうがない。

ナイスショットじゃないと自分の感情まで動いてしまう、ような人はなかなか試合で勝てないですよ。

自分の打つボールのコントロールの精度、ばかりに関心があるような人、男性で多いですよね。

自分が打ったボールに、自分で踊らされてしまう。

こういう人は、試合以前の問題を抱えています。

 

格上相手でも、やることは変わらない

「でも本当に強い人は、全くメンタルがぶれない・・・」と感じる方も多いでしょう。

確かに、試合慣れしている人はなかなか動いてくれない、感情を出してくれない。

でも、それは「本当に勝負所」の場面を迎えていないから、でしょう。

まだまだ余裕があるんだと思います、相手は。

ここは我慢強く、しっかり競った試合に持ち込みましょうよ。

そうすれば、必ず感情は動き出す。

相手も、勝ちたいという想いが強くなってくる。

そのためにも、アナタ自身が諦めないことが大前提ですね。



相手を動かすこと、揺さぶること。

試合では、常に先手を取りましょう。

ポイントを取って満足、ではダメ。

そのポイントが、相手の感情にどういう影響を与えたのか・・・を考えてみると、世界は拡がります。

そして、アナタ自身「テニスって面白いな」と、また感じることが出来るでしょう。

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス 練習

    戦術

    自分の形を作るとは、戻れる型を作るということ

    テニス選手としてんじょ、「形を作りたい」。私もずっと、これは考…

  2. テニス スマッシュ

    戦術

    ストロークとボレー、どっちで対抗していく?という話

    テニスの試合、ラリーになったらボレーかストローク。これで、相手…

  3. 戦術

    振り切ってコントロール、なぜ難しいのか?について

    テニスを長く続けていると、この問題にたどり着く。ラケットでボー…

  4. テニス 不安

    戦術

    結果オーライ、だから勝てないんです

    「色々考えてやるけど、上手くいけばそれで良いじゃないですか」と…

  5. テニス ストローク

    戦術

    「なんでこんなコースまで練習?」の答えとは?

    テニススクールでは、「なんでこんな技術、練習?」という疑問、を持つ方も…

  6. テニス ダブルス

    戦術

    深いボレーがアウトになるのは、技術的な問題じゃない

    ハイボレーを打って、ベースラインを数cm越えて、アウト。これは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    ストロークの軸足は、「体重移動のときに変わる?」の疑問について
  2. ボレー

    テニスの試合で「直線的なロブボレー」を使えると、ダブルスの戦術の幅はグッと拡がり…
  3. テニス ボレー

    サーブ

    ダブルフォルトを連発するときには、「ネットをしない軌道」だけ意識して打っていこう…
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの並行陣のメリットは、「相手に打つところが無い」という光景を見せられる点…
  5. テニス ストローク

    リターン

    速いリターンで、サーバーはリズムを崩していく
PAGE TOP