戦術

相手は強いんじゃない、合っているだけ

試合で対戦したときに、強さを感じる相手。

自分が必要以上にプレッシャーに感じて、調子を出せないままに終わってしまってはもったいないですよね。

人って、理由が分からないところに不安を覚えがち。

相手が強い理由さえ理解出来れば、落ち着きを取り戻せるしテニスの試合はチャンスが出て来る。

そう、「合っているだけ」なんですよね。

 


 

相手のタイミングが、合っている

何も慌てる必要は無い

自分のサーブが、鋭いリターンで返される。

リターンを返しても、サーブ&ボレーで華麗に決められてしまう…と、試合の序盤から自信を無くしがち。

気持ちは分かりますが、相手の実力を過剰評価する必要はありません。

アナタ自身も、経験があるでしょう。

良いボールほど、タイミングを合わせることが出来れば良い返球を返しやすい。

自分のボールに、相手のタイミングが合っているだけ。

こう考えると、相手の実力を正確に測れるようになります。

ボールの速度を、変えてみる

私も、よくサーブの速度を変えます。

思い切って、遅く打ってみる。

自分のサーブが良いリターンで返されているのに、遅くするのは結構勇気が要りますよね。

でも、試合の現場ではこれが効くんですよ。

相手は、上手く返せたタイミングでそのまま待っている可能性が高い。

積極的に遅いボールを使う、これはリターンでも大事なポイントです。

緩急を積極的に使う、相手のタイミングを外す為に。

そうすれば、相手は必ず乱れてくれるはずです。

ボールは遅く、自分は速く動く

これが、一番大事なポイントです。

自分が打つボールの速度は落としても、打った後の動きは素早くする。

このリズムを、しっかり練習しておきましょう。

遅いボールを打つと、つい自分のフットワークまでゆったりとしてしまう方が多い。

これでは、チャンスも逃してしまうし相手へのプレッシャーにならない。

ボールの速度が遅い、到達時間が稼げるということは=自分が素早くポジションを取れる、ということですから。

必要なのは、遊び心

ちょっとだけ、遊んでみよう

こういう姿勢が、私は大事だと思います。

相手の前に落とす、遅いボールを打って泳がせる、その遊び心を持つ。

1発で決まるようなショットではなく、相手とのラリーを楽しむような感じ。

そこでの反応を、引き出していく。

こういう発想を、ぜひみなさんにも持って欲しい。

そう、試合で対戦して「この選手強いな…」と感じる相手ほど、必要なんです。

主導権は、メンタルから

遅いボールを使ったり、相手のタイミングを外していくと…。

不思議と、主導権を握れるようになるんです。

自分の良いショットにタイミングを合わせられると、凹んでしまう選手には持てない発想でしょう。

ここでメンタルが折れてしまうと、もう終盤まで立ち直れない。

序盤のうちから、主導権を自分の手元で握る為にも。

メンタルの強化って、遊び心から育まれる。

私は、テニスってそういうモノだと思います。

真面目に真っすぐに試合、だけじゃ

勝てないですよ。

自分の良いショットを、ずっと同じタイミングで相手に待たれて終わりです。

強いんじゃなくて、アナタ自身に幅が無いだけ。

真面目な方ほど、真っすぐな方ほど、こういう損をしやすいのがテニス。

遊び心を持って、相手のタイミングを外す。

駆け引きとかよく分からない方も、まずはやってみる。

やってみて反応を見てみて下さい。

きっと、思った以上に相手が嫌がる姿がそこにはあるはずです。

手応えをつかめば、それはアナタ自身の自信になり武器になる。

強くなるとは、そういうことです。

良い機会ですので、みなさん自分の試合を思い出して、これから変えていきましょう。

私も、思い出してみると…結構、相手のタイミングが合ったままに、強引に進めて負けてしまった試合も多かったなと。

遅いボールを使う、強い相手のタイミングを外す。

こういうことに、「楽しさ」をもう一度見出したいなと。

だって、試合にはやっぱり勝ちたいし、可能性を最後まで探りたいですからね。

一緒に頑張っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ

関連記事

  1. テニス 準備

    戦術

    インドアコートに慣れている人は、アウトドアコートでは6割の力しか出せない

    近年、増えてきているインドアテニスコート。非常にプレーがしやす…

  2. 戦術

    セオリーだけでは、脅威に成り得ない

    どこかで、試合の中ではみ出してみる。こういう意識、アクション…

  3. テニス 攻撃

    戦術

    直線的で速い球が良いテニス、と思い続けている限り試合では勝てない

    良いテニス、悪いテニス。勝てるテニス、勝てないテニス。…

  4. 戦術

    ディフェンス力が高い選手は、いつでも爪を隠している

    そんなに強く無さそうなのに、なぜか試合で勝てない相手、いませんか?…

  5. テニス 不安

    戦術

    結果オーライ、だから勝てないんです

    「色々考えてやるけど、上手くいけばそれで良いじゃないですか」と…

  6. テニス ミス

    戦術

    何となく、試合で相手にボールを送るときにチェックしたいポイントとは?

    「え?そんなとこまで、見るの?」と思う方も、多いでしょう。私は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス スライス

    ストローク

    スライスショットを身に付ければ、「同じフォームから3種類のショット」を繰り出せま…
  2. テニス ストローク

    メンタル

    相手をおちょくってみる、という意識は必要
  3. テニス リターン

    リターン

    リターンでバックハンド側のサイドのときには、身体を逃がしながらバックバンドリター…
  4. サーブ

    テニスの試合、「山なりでスピンスライスのワイドサーブ」を身に付ければ、相手をコー…
  5. テニス センス

    メンタル

    テニスの試合で最初に得たマッチポイントは、「慎重かつ大胆に」攻撃していく意識で遂…
PAGE TOP