戦術

相手は強いんじゃない、合っているだけ

目次

試合で対戦したときに、強さを感じる相手。

自分が必要以上にプレッシャーに感じて、調子を出せないままに終わってしまってはもったいないですよね。

人って、理由が分からないところに不安を覚えがち。

相手が強い理由さえ理解出来れば、落ち着きを取り戻せるしテニスの試合はチャンスが出て来る。

そう、「合っているだけ」なんですよね。

 


 

相手のタイミングが、合っている

何も慌てる必要は無い

自分のサーブが、鋭いリターンで返される。

リターンを返しても、サーブ&ボレーで華麗に決められてしまう…と、試合の序盤から自信を無くしがち。

気持ちは分かりますが、相手の実力を過剰評価する必要はありません。

アナタ自身も、経験があるでしょう。

良いボールほど、タイミングを合わせることが出来れば良い返球を返しやすい。

自分のボールに、相手のタイミングが合っているだけ。

こう考えると、相手の実力を正確に測れるようになります。

ボールの速度を、変えてみる

私も、よくサーブの速度を変えます。

思い切って、遅く打ってみる。

自分のサーブが良いリターンで返されているのに、遅くするのは結構勇気が要りますよね。

でも、試合の現場ではこれが効くんですよ。

相手は、上手く返せたタイミングでそのまま待っている可能性が高い。

積極的に遅いボールを使う、これはリターンでも大事なポイントです。

緩急を積極的に使う、相手のタイミングを外す為に。

そうすれば、相手は必ず乱れてくれるはずです。

ボールは遅く、自分は速く動く

これが、一番大事なポイントです。

自分が打つボールの速度は落としても、打った後の動きは素早くする。

このリズムを、しっかり練習しておきましょう。

遅いボールを打つと、つい自分のフットワークまでゆったりとしてしまう方が多い。

これでは、チャンスも逃してしまうし相手へのプレッシャーにならない。

ボールの速度が遅い、到達時間が稼げるということは=自分が素早くポジションを取れる、ということですから。

必要なのは、遊び心

ちょっとだけ、遊んでみよう

こういう姿勢が、私は大事だと思います。

相手の前に落とす、遅いボールを打って泳がせる、その遊び心を持つ。

1発で決まるようなショットではなく、相手とのラリーを楽しむような感じ。

そこでの反応を、引き出していく。

こういう発想を、ぜひみなさんにも持って欲しい。

そう、試合で対戦して「この選手強いな…」と感じる相手ほど、必要なんです。

主導権は、メンタルから

遅いボールを使ったり、相手のタイミングを外していくと…。

不思議と、主導権を握れるようになるんです。

自分の良いショットにタイミングを合わせられると、凹んでしまう選手には持てない発想でしょう。

ここでメンタルが折れてしまうと、もう終盤まで立ち直れない。

序盤のうちから、主導権を自分の手元で握る為にも。

メンタルの強化って、遊び心から育まれる。

私は、テニスってそういうモノだと思います。

真面目に真っすぐに試合、だけじゃ

勝てないですよ。

自分の良いショットを、ずっと同じタイミングで相手に待たれて終わりです。

強いんじゃなくて、アナタ自身に幅が無いだけ。

真面目な方ほど、真っすぐな方ほど、こういう損をしやすいのがテニス。

遊び心を持って、相手のタイミングを外す。

駆け引きとかよく分からない方も、まずはやってみる。

やってみて反応を見てみて下さい。

きっと、思った以上に相手が嫌がる姿がそこにはあるはずです。

手応えをつかめば、それはアナタ自身の自信になり武器になる。

強くなるとは、そういうことです。

良い機会ですので、みなさん自分の試合を思い出して、これから変えていきましょう。

私も、思い出してみると…結構、相手のタイミングが合ったままに、強引に進めて負けてしまった試合も多かったなと。

遅いボールを使う、強い相手のタイミングを外す。

こういうことに、「楽しさ」をもう一度見出したいなと。

だって、試合にはやっぱり勝ちたいし、可能性を最後まで探りたいですからね。

一緒に頑張っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. Note はじめました
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    相手が迷っている時こそ、テンポ早く試合を進めよう

    試合の進むスピード、は一定だと思いますか?私は、そうでも無いと…

  2. 戦術

    自分の火付けショットは、何?

    みなさんは、試合の中で自分に「火を付ける」ショットはありますか?…

  3. 戦術

    サービスゲーム、両サイドの考え方

    試合での、サービスゲームキープ。これを課題にしている方は、多…

  4. テニス ダブルス

    戦術

    テニスの試合では、チャンスボールこそ「いつものレベルのショット」で打てば良い

    不思議と、テニスの試合では多くこんな場面を観る。チャンスになっ…

  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスでは、「ショットの呼び名」が出ると意識し過ぎる人が多い

    テニスのショットには呼び名がある。サーブ、リターンのように「最…

  6. テニス メンタル

    戦術

    「オムニコートが得意な選手」と、「ハードコートが得意な選手」

    テニスの試合、多くは2つのサーフェスで行われる。オムニコートと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. シングルス

    シングルスの試合で必要な、素早くフォアハンドで回り込むコツ5つ
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーの基本である「斜め前に踏み込みながらボレー」を実践して、守備範囲を拡…
  3. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスでも型を覚えた人から、型破りなテニスに進化出来る
  4. メンタル

    「いつも、何と無く」で、テニスの試合に入るのを止めてみよう
  5. テニス ボレー

    ボレー

    全国のシコラーの皆さん、シコラーだからこそネット出ましょう!
PAGE TOP