ダブルス

速いボールでは、なかなか前衛を活かせない

ダブルスの試合で、一見上手そうなのに勝てないペア。

きっと、なかなか前衛が参加出来ていないと思うんですよね。

後衛はチャンスを作ろうと必死なのに、どこか前衛とかみ合わない。

こういうペアって、大抵これが問題です。

 

速いボールでは、なかなか前衛を活かせない

 


 

1.男子雁行陣、にありがちなケース

速いボールで、後衛が攻撃していく。

相手の後衛を押し込んでいくけど・・・最後は、ミスになってしまう時。

それって、速いボールだけに頼ってしまっている時、じゃないですか?

男性の雁行陣は、これに陥りがち。

速いボールって、なかなか味方の前衛はラリーに参加し辛い。

そう思いませんか?

 

2.後衛の頑張り次第、ではダブルスはキツイ

雁行陣、後衛同士のラリーの勝敗になりがち、ですよね。

特に若いペアの方ほど、前衛は参加しないで後衛だけのラリー、になってしまう。

これで勝てるペアなら良いですけど、ボールを散らして来たり、そもそもストロークが得意な相手もいるじゃないですか。

こういう相手に、速いボールで攻撃してもミスが増えるだけ。

だからこそ、必要なのは「前衛をどう活かすのか」です。

速いボールは捨てて、遅いボールで相手を動かしてみる。

そうすると、自然と前衛は動きやすくなりますよ。

 

3.前衛が動くには、「時間」が必要

アナタ自身が、前衛に立っていると思って下さい。

ラリーに参加する、ポーチに出たいなら、「自分が動く時間」が必要じゃないですか。

味方の後衛が打ったボールが、相手の前衛が触れない、じゃあ後衛が打つから自分が仕留めにいこう!と思える。

この時間が、緩いボールだとしっかり取れる。

相手も見えるし、センターストラップ近くまで動く時間がある。

緩く深いボールは、全てポーチチャンス、だと思って良いでしょう。

速いボールで押し込んでいても、なかなか出れそうで出れない。

動こうと思っても時間が無い、相手の返球が緩くても、手が届かないんですよね。

 

4.「何で攻めてるのに、出てくれないの・・・」と、思う前に

アナタ自身が後衛で、速いボールで押し込んでいるのに前衛は動かない。

つい、こう考えてしまいませんか?

それは、アナタ自身の勘違い。

速いボールで相手を押し込んでも、実は前衛は動けないんですよ。

ストロークで押していると、「邪魔したら悪い」と思いますからね。

このあたり、ショットの威力はあるのに勝てないペアは、しっかり考えておきましょう。

それから、話し合うこと。

今まで良いと思ってやっていることが、実は逆効果だったということもあるでしょう。

そこに気付けるかどうか、ですよ。

 

前衛にチャンスを作るなら、強力なストローク?

それは大きな勘違い。

まず、ここに気付けるかどうかです。

もちろん、緩いボールの後には速いボールも効果的。

緩急を入れる、その緩急に前衛が合わせるからポーチが決まる。

速いストロークばっかりの後衛、になってはいませんか?

それでは、ただもったいないだけですよ。

 

■第2回読者ミーティングを11月15日(木)に開催します!

今回のテーマは、試合に勝てる「リターン術」について です。

参加のお申込みは、コチラからお願いします。

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    本当に深い絆でつながったダブルスパートナーは、苦しい時にこそ支え合える

    良いときは良い。何をやっても楽しいし、上手くいっていれば雰囲気…

  2. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合では、後ろが見えない前衛に対して「上げる!」の一声は必須

    ダブルスの試合、どうしても厳しいボールはロブを使うことも良い選択。…

  3. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスでの守備はセンターセオリーを徹底すれば、同レベルの試合に勝てる

    ダブルスの並行陣、皆さんはセンターを守る意識、どの程度あるでしょうか?…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合は、「アレーコートにバウンドするボール」に狙いを定めよう

    ん?どういうこと?と思った方も多いと思います。ダブルスの試合、…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの攻撃の型は、「どちらか1人を崩して決める」がほとんど

    ダブルスの試合、みなさんが得点する時。ほとんどが、こういう形だ…

  6. テニス ストローク

    ダブルス

    「だからダブルスが嫌いなんだよ!」テニスの試合では自分がやられて嫌なことを相手にやってみよう

    ダブルスって楽しい・・・そう思えるようになったのはいつからだろう?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス知識

    痙攣は、慌てなければおさまることも多い
  2. テニス ダブルス

    メンタル

    試合での対戦相手だって、「ミスをする人間」ですから
  3. テニス 準備

    ボレー

    テニスの試合、「ネットに詰めれば詰める」ほど、上半身はリラックスしていこう
  4. テニス アクセス

    その他

    2017年2月 アクセスが多かった記事ランキング TOP10
  5. テニス 守備

    フットワーク

    テニスの試合では、シングルスでもダブルスでも、「コート全体」を守る必要はありませ…
PAGE TOP