テニス 観察

戦術

スローボールを混ぜるだけで、アナタの最速球速は上がり続ける

試合で「遅いボール」を混ぜること。

勇気要りますよね・・・でも、私は絶対に必要だと思っています。

特に、シングルスの試合でのストローク、サーブ、リターン。

ポイントは、意図的に遅いボールを、試合の序盤に使うこと、です。

 

スローボールを混ぜるだけで、アナタの最速球速は上がり続ける

 


 

1.体感速度は、相対速度

アナタ自身がボールを「速い!」と感じるとき。

それは自然に、どこかで比べているからだと思います。

速いと感じるのは、遅いボールを知ってるから。

体感速度を速く感じさせるには、相対速度、つまり遅い速度のボールもしっかり見せておく必要がありますね。

相対速度が大きいほど、人は速さを感じやすい。

遅いボールをしっかり使うこと、が出来ないと、速いボールにだってすぐに慣れてしまいますから。

この危機感って、つい忘れがちなんですよね。

 

2.遅いボールは、簡単に攻撃される?

とは、限らないと思いますよ。

シングルスの試合でも、遅いボールをしっかり打っていくのって簡単じゃない。

むしろ、私たち一般の選手からすると難しいと思いませんか?

力の無いボールに、力を加えていくこと、ってテニスではかなりの技術が問われます。

しかも、速いボールをより速く見せる呼び水になる。

どうでしょう、意図的に速いボールを打ちたい感じ、になってはきませんか?

試合の序盤に使っておくことで、主導権を握ることが出来るでしょう。

 

3.結果的に遅いボールになる、のは相手にとって怖くない

自分で追い込んで、相手にスライスを打たせる。

これでは、相手のペースになっていくだけ。

自分からスライスを、攻撃的に打てる場面でも積極的に使っていく。

この意識、がアナタ自身に欠けているのではないでしょうか?

遅いボールを攻撃に使う、という発想が大事です。

自分から使うことで、いざ打たれても守備も楽になりますしね。

やってみる価値、はあると思いますよ。

 

4.遅い、速い、を繰り返すことが大事

サーブでもリターンでも、ラリーでも、とにかくこの緩急を使いましょう。

どんどん、速い遅い、を見せていくと、「速い」の体感が変わってくる。

速いショット、は実は普通の速度なんだと思えると、自分も楽じゃないですか。

攻撃していくショット、自分の中で速いショットじゃなくて良い。

普通のショットで攻撃していくために、遅いショット、があるんですから。

とにかくアナタ自身が意図的に序盤に使うこと、が大事です!

 

きっと、遅いボールって使ったもの勝ち、なんですよね。

ちょっと怖いんですけど、試合の中で使える感覚、が出来てくれば楽なはず。

スライス、やっぱり必要ですよね。

普段の練習から、しっかり意識していきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で対戦相手の特徴を掴むなら、「最初の対応の癖」をしっかり把握して覚えておくこと

    よく、「相手を観察しろって言うけど、どこを観れば良いのか分からない」と…

  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合は、「自分の力だけで勝てる試合なんて1試合も無い」と思っておこう

    テニスプレイヤーって、ストイックな人も多い。社会人やベテラン、…

  3. テニス 打点

    戦術

    「弱者が強者にテニスで勝つために」必要なのは、単純な粘りだけじゃ無い

    テニスでは、確かに実力差がある対戦もある。それはプロ選手の試合…

  4. 戦術

    リスク無きテニスで、格上相手は倒せない

    「そんなの、当たり前だろー!」みなさん、そう思いますか?…

  5. テニス ミス

    戦術

    相手との差を受け入れて、そこからがテニスの試合は勝負開始

    テニスの試合では、どうしようも無く強い相手、と試合をする機会もあります…

  6. テニス

    戦術

    「自分は何を強化して来たのか?」を、試合前に再確認しよう

    いつもT-PRESSを読んで頂き、ありがとう御座います。改めま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ストローク

    試合でミスを減らす為に、「シンプルに両手バックハンドストロークを安定させる」為の…
  2. テニス ダブルス

    ストローク

    試合で実践してみて効果的だった、「ストロークで自分らしさを取り戻す3つの事」
  3. テニス 楽天

    その他

    「楽天ジャパンオープン 2015」をしっかり楽しむ為に抑えておきたいポイント5つ…
  4. テニス ストローク

    ダブルス

    初めてペアを組んでの試合なら、この3つだけは確認しておこう
  5. テニス 試合

    戦術

    「勝負に徹する人、そうでない人」の2種類しかいない
PAGE TOP