テニス ボレー

ストローク

テニスの試合で、ゆっくりした遅いボールが苦手な人はコレが原因です

試合の緊張感がある場面、いつもなら難なく入るボールが入らなくなる・・・ことありますよね?

特に遅いボール、ゆっくりしたボールでミスしてしまう人、多いんじゃないでしょうか?

何が原因かを考えて、余計に悪くなっていく前に、何を変える必要があるのか。

それはズバリ、アナタのポジションです。

 

テニスの試合で、ゆっくりした遅いボールが苦手な人はコレが原因です

 


 

■自分から前に入れないと、辛くなる

遅いボールが苦手な人は、ボールが飛んでくるのを待っている。

待っているから打点が低くなるし、足が止まってリズムが悪くなる。

このことに早く気付ければ、自然とポジションは前になるはずだし、自分から足を動かしてボールを打ちにいくことが出来るはず。

前に入ることが出来れば、自然に遅いボールを打つ時のミスが減るでしょう。

 

■ゆっくりした遅いボールは簡単、という大きな勘違い

試合の中で、遅いボールは打ち返すのが簡単?

大きな勘違いです。

むしろ速いボールの方が簡単に合わせることが出来て、返球は楽。

自分から力を伝えていく遅いボールは、それだけ打点がずれたり当たり損ないも増えていく。

そう考えると、後ろから低い打点で打つのは本当に危険。

だって少しのミスが、そのままネットやアウトにつながっていくんですよ。

 

■テニスコートの後方は安全な場所、ではないのです

つい、ベースライン後方に、自分のポジションを確保してしまいがち。

ずっとコートの後方にいても、遅いボールの返球は難しいしミスが増える。

攻撃も、難しいですしね。

であれば、前に出ることで相手にプレッシャーもかかるし、前に出ることで当たり損ないだってミスにならない、こともあります。

遅いボールを返球するのが苦手な人は、思い切って自分がプレーするポジションを変えていきましょう。

 

普段の練習で、どんどんポジションを前にしていく。

ライジングショットからボレー、求められる技術は変わりますよね。

これこそ、まさにアナタの成長につながる。

つながるからこそ、しっかり取り組む価値がある。

ミスを減らすのには、何かを具体的に変えるのが一番です。

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニス ストローク
  2. ストローク

    「ネット際にドロップショット」をテニスの試合で打つ為に必要な一番大きな要素は?

    「深く打て!!」ショットを打つ時にはよく言われる言葉だ。…

  3. テニス メンタル

    ストローク

    スピンがあるからスライス、スライスがあるからスピンが活きる

    回転系のショット、が試合では主役になる。なぜなら、ラケットを振…

  4. ストローク

    雁行陣のストロークで押していくには、バリエーションが欠かせない

    ダブルスの試合、雁行陣の後衛でのストローク。ここでしっかり、押して…

  5. テニス メンタル

    ストローク

    スライスストロークがいつも浅くなる人は、「ラケットを持つ腕の肘を曲げ過ぎ」な可能性が高いです

    ベテラン選手の中には、スライスを得意にしているプレイヤーの方が多い。…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    スライスの打ち方は、「肩を閉じるか、開く」しかない

    スライスの打ち方、の肩の使い方。これは、私は究極2つしかないと…

特集記事

  1. テニス 練習

    戦術

    一流の選手は、技を出した後に集中力を一気に高める
  2. テニス 雑誌

    日々の雑記

    少年老いやすく学なりがたし
  3. テニス メンタル

    サーブ

    サーブの調子が悪い時は、決まってこうなっている
  4. テニス 準備

    シングルス

    テニスのシングルスの試合では、「粘りながら考え、決断していく」というルーティーン…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「勝負所で攻撃的にプレーする」為に準備したい4つのこと
PAGE TOP