テニス 楽天

戦術

勝ちを拾っていけば、上での試合を経験出来る

粘って必死に勝つくらいなら、負けた方が良い・・・。

そう考えてしまう人は、多いですよね。

良い悪い、ではなくこの発想はもったいない。

調子が悪い目の前の試合だけ、にとらわれて先のことを考えられていないだけですから。

もう一度、テニスの試合、大会の仕組みについて考えてみましょう。

勝ち上がること、でしか得られないものって絶対にありますよ。

 
 

2試合目は見違える、かもしれない

もし、今の試合で調子が悪くても。

何とか勝ち上がれば、次の試合で見違えるかもしれない。

試合が変われば、テニスの調子も変わる。

勝ち上がれば、次の試合があるのがテニス。

負けてしまえば、帰るかコンソレーションの試合になりますよね。

積める経験値、としては雲泥の差がある。

私はそう思いますよ。

だから、チャンスがあればしがみついてでも勝ち上がる、方が絶対に成長につながります。

上で戦うチャンスを、逃すな

「でも、どうせ勝てないし・・・」と思っている人は、甘い。

勝てない試合を、何度か繰り返すうちに、勝てる雰囲気、芽が出て来るのがテニスの試合です。

そりゃ、1回で格上相手には勝てないですよ。

勝ったとしても、それは勢いと相手の情報不足で勝ったようなもの。

いや、それも大事ですけどね。

こういう勝つ、負けるという経験数を上のレベルで積むこと、が今のアナタ自身に必要なことじゃないですか?

目の前の試合を、投げてはいけない

当たり前のように書きましたが、難しいです。

「もう良いかな・・・調子悪いし」という気持ち、になるのが普通です。

でも、少し頑張って粘ることで、絶対にチャンスはあります。

目の前の試合を投げると、その先のアナタ自身が経験出来る試合まで投げてしまうことになりますから。

これは本当に、もったいない。

せっかくエントリー費も払って出ている試合、ですからね。

価値のあるものに出来るかどうか、はアナタ次第。

目の前の試合、ポイント次第、です。

   

本当に、強い相手と戦いたい?

と、考えている、念じている自分がいるかどうか。

試合で負けてしまう人って、どこかで理由を持ちたがりますから。

正直、「次の相手強いから、もういいや」となってはいませんか?

自分自身に、正直に考えて思い出してみて下さい。

私自身、調子が悪い時ほどこういう発想になりがち。

強い相手に倒されるなら、一緒じゃないかと考えてしまう。

でも、今になって思うことは「あの試合を経験出来て、強くなった」という試合は、苦しんで勝ち上がった先の試合なんですよね。

逆に調子良く順風満帆で勝ち上がった試合は、最後に酷い負け方になる。

だからこそ、苦しみながら勝ち上がるって大事、なんですよ。



経験は、自らが掴みに行く。

こういう姿勢が無い人は、どんだけ試合に出ても変わらないでしょう。

競った試合に勝てない、格上との試合前に負けてしまう。

もう、自分に負けているということに気付かないとダメですね。

勝ち上がれば経験が積める、それがテニスの試合であり大会ですから。

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス マナー

    戦術

    「初心者」という意識を捨てた人から、テニス選手として巣立っていく

    無意識にでも、自分の心の中に潜んでいるもの。それは間違いなく行…

  2. テニス

    戦術

    太った対戦相手は、遠慮無く前後に走らせよう

    「そんなの、当たり前じゃないかー!」と、思いますか?ですよね。…

  3. 戦術

    雨の後のオムニ、男性は注意!

    最近は、雨や雪が多いですよね。そして、試合はオムニコート。…

  4. テニス メンタル

    戦術

    「ミスしようがナイスショットだろうが、次、次」と無表情が基本

    試合中に、出来るだけ意識したいこと。それは、相手に自分を悟られ…

  5. テニス ストローク

    戦術

    テニスというルールの中で、自分の土俵を作れば試合に勝てるはず

    なぜかいつも、相手の作戦にはまってしまう・・・。試合の後に気付…

  6. テニス 構え

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    ビビった時のスピンストローク、ラケット面は下を向く
  2. ストローク

    「平凡ショットでパッシング」が打てるようにテニスの試合では早めの準備で相手にアピ…
  3. テニス スライス

    練習メニュー

    「ドロップショットとアングルショット」を磨く、2対1のラリー練習メニュー
  4. サーブ

    なぜ、サーブに伸びが出ないのか?
  5. テニス リターン

    戦術

    フォアハンドで一押し、相手を押し込むコツとは?
PAGE TOP