テニス 準備

戦術

「攻めなきゃ、攻めなきゃ・・・」って、何を焦ってるの?

試合が始まって、何もしないままに負けてしまう・・・。

0-6であっという間に終了、という経験、みなさんもあると思います。

相手が強かった?もちろん、それもあるでしょう。

ですがそれ以上に、アナタ自身がこの意識で自滅してはいませんか?

まず、自分で気付くことが何より大事ですよ。

 

「攻めなきゃ、攻めなきゃ・・・」って、何を焦ってるの?

 


 

1.焦っても良いボールは打てない

試合になると、相手を攻めないといけない。

こう考えてしまいますよね。

もちろん、その意識は大事です。

ですが、自分に出来ないようなこと、ショットを打っても、上手くはいかない。

焦っても良いボールは打てないし、相手を恐れていることを露見させてしまうだけ。

良いボールを打って、相手に攻撃させない。

この意識で充分だと思いますよ。

 

2.では、「良いボール」の概念とは?

繰り返しになりますが、確認しておきましょう。

ストロークなら軌道を高く、回転量の多いボール。

ダブルスなら、出来るだけネット近くで打つボール、でしょうね。

こちらのミスが少なくなる、ようなボールは何かを考えてみれば簡単です。

それで充分、相手は攻撃出来る。

焦って攻撃しないと、と思うと低い速い、フラット系のショットになりがち。

そうなって来たら、もう試合は黄色信号ですよ。

 

3.その感覚は、相手に与えよう

「攻めなきゃ・・・」と焦ってもらう。

これが、アナタ自身が相手に仕掛ける心理戦です。

私はダブルスで並行陣、まずしっかり粘ります。

粘ってどこに打っても返す、ストローク側に無理してもらう。

「攻めないと・・・決められる!」と思うんでしょうね、相手は。

こっちは、全然決める気はないんですが。

相手が焦ってくれると、テニスの試合は勝利が見えて来る。

その仕掛けを作るのは、アナタ自身ですよ。

 

4.結果的に攻めている、の攻撃はある?

アナタ自身、どうでしょうか。

攻めているつもりは無くても、相手にとっては攻撃になる。

だからこそ、しっかり考えておく必要があります。

この前の記事でも書きましたが、余裕を持って1メートル内側に打っているのに、相手が脅威に感じてくれる。

これって、最高じゃないですか?

こういう意識、をみなさんも大事にして欲しいんです。

 

攻めないといけない、という意識は、勝ちたい試合ほど強い。

どうしても、強くなってくるんです。

だから、どうコントロールするのか。

グリップにフットワーク、ポジショニング、しっかり準備しておきましょう。

良いボールを打って、相手は無理してくれる。

これでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス 技術

    戦術

    「若手技術」は、試合で使っていかないと育たない

    皆さんは今、育てている技術、ありますか?私は今、ロブをまた一か…

  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの調子が悪いときにも、「一切変わらないもの」を試合では作っておこう

    試合は毎回、対戦相手も調子も変わる。でも、試合をするアナタ自身…

  3. テニス メンタル

    戦術

    相手を動かすショット、こそテニスの試合で使えるショット

    ビッグなショット、決め切るショット。もちろん、それは大事。…

  4. 戦術

    死んだボールは、打ち込まない

    みなさんも試合の中で、経験があるじゃないでしょうか。相手の死…

  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、最悪キレても良いけど音はバレないようにね

    テニスの試合って、正直思い通りにならないことばかり。腹が立つこ…

  6. テニス

    戦術

    「自分は何を強化して来たのか?」を、試合前に再確認しよう

    いつもT-PRESSを読んで頂き、ありがとう御座います。改めま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 新入生

    その他

    なぜこの時期に、「新入生の本音の声」を真剣に聞くことが、大事なのか?
  2. テニス メンタル

    サーブ

    試合で効果的なボディへのサーブは、「自分のサーブの曲がり具合」を見てコースを逆算…
  3. ダブルス

    もしもテニスに「3人制のトリプル」という種目があったら‥と考えてみる
  4. テニス メンタル

    戦術

    何かを変えることは、過去の自分を否定することとは違う
  5. テニス ストローク

    テニススクール

    試合後に結果をコーチに報告するときには、「なぜなら」という言葉を前に付け加える癖…
PAGE TOP