テニス メンタル

戦術

「自分たちのテニスをする」って、何種類持ってますか?

昨日決勝戦を行った全国高校サッカー選手権大会。

青森山田高校の強さが光った大会でしたが、私が観ていて感じたのはそのチームとしての柔軟性。

優勝候補として研究される、のは当たり前として、その準備を怠らない。

これって、テニスの試合前の準備にもすごく通じるものがあると思うんです。

 

「自分たちのテニスをする」って、何種類持ってますか?

 


 

■「自分たちの○○」だけだと、本当に危険

サッカー選手権大会はトーナメント形式。

テニスの大会も、ほとんどがそうですよね。

つまり、一度負けてしまうともう優勝の可能性は無くなる。

一度のミス、対戦相手との相性がそのまま優勝の可能性を閉ざしてしまう、危険な大会形式です。

そんな大会形式に、テニスもそうですが「自分たちのサッカー」だけで挑んでいくことって、すごく危険だと思いませんか?

ましてや青森山田高校のような高校は、全国のチームから研究される優勝候補。

だからこそ勝ち進む為には、「自分たちのサッカー」をたくさん持っておく必要があるのです。

 

■軸はあって良いけど、あくまで作戦は「相手に応じて」柔軟に対応出来る

まず、アナタ自身のテニスのプレーに軸は必要。

武器、特徴をしっかり把握したうえで、ベースとなる戦い方はあって良いし鍛えておくのが大前提。

ですが、テニスにも相性というものがある。

私自身、ドロップショットを使ってしかけていくのが好きなスタイルですが、めちゃくちゃ足が速くてネットプレーが上手い相手だと、そのプレースタイルは危険。

自分のテニスが一つしかないと、当然それを破られたとき、攻略されたときに手詰まりになる。

「あの相手やりにくいな・・・」という相手と初戦でぶつかってしまうと、初戦敗退のリスクが高い。

大事な大会、最後の大会がそうなってしまうかも知れないのです。

 

■「自分のテニス」に幅を持たせるには・・・?

私からの提案は、とにかく色々な人とテニスをする、触れる。

話してみて、テニスノートを分厚くしていく。

自分のテニスに、自分で先入観を持たないことが一番です。

でもそれって、普通の環境、部活やサークルだけの中にいると、どうしても幅が狭くなっていく。

それから、何事にも興味関心を持って、自分で研究と実践を繰り返していくこと。

新しいことを自分でやってみよう、試してみようというマインドを持っていれば、どんどん自分のテニスの幅は拡がっていくはずです。

 

「自分のテニス」って、カッコイイようで幅が狭いことが多い。

何かに固執して負けていく、よりは引き出しを多くしておいて、自分のテニスで相手を仕留められるかどうか。

トーナメントって、本当に怖い。

負ける可能性を低くできるかどうか、はアナタ次第です。

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス サッカー

    戦術

    試合に出るようになったら、正解は自分で作り出していかないといけない

    テニスを教わること、試合に出ること。これの明確な違いって、私は…

  2. テニス 戦術

    戦術

    試合で関節にサポーターを付けている人は、それなりの理由がある

    もうすぐ試合、ということで、コート脇で待っていると・・・相手も登場。…

  3. テニス グッズ

    戦術

    ロブやドロップショットのような技は、数を打たないと絶対に上手くはなれない

    試合を動かすショット、テニスだとどんなショットでしょうか?一つ…

  4. 戦術

    オムニコートとクレーコート、作戦を変えるべき?

    意外と似ているようで、違うもの。それは、オムニコートとクレーコ…

  5. テニス メンタル

    戦術

    相手を動かすショット、こそテニスの試合で使えるショット

    ビッグなショット、決め切るショット。もちろん、それは大事。…

  6. テニス ストローク

    戦術

    キレイなテニスの選手は、「試合になると崩れていく」ことを覚えておくと試合で戦いやすい

    パッと見で、すごく強そうな相手、いますよね。フラット気味でボー…

特集記事

  1. メンタル

    上級生や格上選手との試合で、「攻撃的な揺さぶりを入れる」のは失礼?やり辛い?
  2. テニス 雨

    その他

    テニスの実力は凄くても、周りに人が集まらない人の特徴10パターン
  3. ロブ

    女子ダブルスにありがちな、「弱々しいロブ」を卒業しましょう
  4. 戦術

    タイブレークは、1ポイント目に奇襲で先手を!
  5. テニス 序盤

    日々の雑記

    「何が足りないか?何が通用しないのか?」を、最近考えました?
PAGE TOP