戦術

しつこいくらいに継続して、初めてプレッシャーになる

試合で動いても、相手が崩れてくれない。

プレッシャーに感じてくれていないような時は、どうしましょうか?

答えは、簡単。

もっと大胆に、もっともっと、継続することが大事。

やり過ぎ、くらいで作戦はちょうど良いんです。

ほとんどの人が、相手の印象に残らないまま「普通」に戻してしまうんです。

 

しつこいくらいに継続して、初めてプレッシャーになる

 


 

1.「執拗さ」が試合で大事

例えばダブルスの試合なら、前衛のポーチ。

これは、何度でも、繰り返しやるから効果がある。

決して、ムキになってやる訳ではありません。

何度ミスしても、ストレートを抜かれても、出て来る相手って嫌じゃないですか。

ほとんどの人は、出たり、出なかったり、の繰り返し。

やっぱりそれって、「普通」なんです。

普通にやって勝てる相手なら良いですけど、そうじゃないなら・・・執拗に続けるしかない。

そうすることで、相手は初めてプレッシャーに感じてくれるんです。

 

2.成功して止める、のもダメ

これもよくあるんですよね、試合で。

ポーチが決まった後に、出るのを止めてしまう人。

「だって、警戒されてるでしょ」と思う方も多いですが、それで止めてしまうと相手はどうでしょう。

また、気持ち良くクロスに打ち始めますよ。

成功しても、また続けていくことが大事。

何度も何度もやって、ようやく相手は警戒してストレートに打って来る。

こういうことだと、私は思います。

成功して、どこかで自分で満足しちゃってる感じ、ありませんか?

まだ試合に勝ってもいないのに、それでは逆転されて当然です。

 

3.愚かになれ、勝ちたいなら

正直、これはカッコ悪いかも知れません。

相手にやられても、何度も試行錯誤しながら作戦を実行する。

一見、愚かに見えるでしょう。

でも、私はその愚かさって、試合で勝機を呼び込む大事な要素だと思いますよ。

格上相手の試合なら、普通にやっても勝てない訳ですから。

強烈なくらい、執拗に何かを続けてみた方が良い。

ポーチに出る、以外にもたくさん方法はあるはずです。

ちょっとやるくらいだったら、相手は意識してくれない、プレッシャーにはならない。

そう考えておいて、損は無いです。



4.どんなに継続しても、テニスの試合は短期決戦

1時間も2時間も試合をするなんて、稀でしょう。

1セットマッチ、試合はあっという間です、一瞬です。

だからこそ、執拗に続けていくことが出来るんです。

出したり、出さなかったりだと、結局出してないような試合が多いんですよ。

テニスの試合は短期決戦、だからこそ、必要なのは「しつこさ、執拗さ」です。

ずっと続けているつもりが、きっとあっという間に終盤戦、になってますよ。

 

5.お勧めの練習法

まず、執拗に繰り返すことで効果のある作戦を、いくつか書き出してみましょう。

私なら、ダブルスの試合ではこんな感じ。

・前衛のポーチ

・リターンのストレートアタック

・リターンのストレートロブ

・リターンでドロップショット

リターンから、は色々出来そうですね。

落としても相手のサービスゲームですし、何か変わったことをやるならやりやすいでしょう。

書き出してみたら、ペアでどの作戦に注力するのか話し合って、練習試合で徹底的に繰り返して出してみましょう。

もう、実践しているペアの方もたくさんいると思いますが、改めて。

格上相手には、何かを徹底的にやり抜くことが大事です。

 

試合が終わって、相手の印象はどうか。

そんなに、濃い印象で残っている相手って、いないんじゃないですかね?

それは、みなさんそこまで思い切った作戦、行動が出来ていないから。

ぜひ、意識して執拗に繰り返してみて下さい。

それがアナタ自身の強さ、になるはずです。

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. テニス 練習

    戦術

    テニスの試合では、精神的なプレッシャーはデュースサイドの方が少ないはず

    今回も、あくまで私の考え、です。異論反論、賛否両論あるでしょう…

  2. 戦術

    テニスの試合で意外と多い、「ノーアドバンテージ形式」での必勝法、を考えてみた

    ノーアドバンテージ形式、とは、通常のゲームカウントでデュース、になる場…

  3. テニス 調子

    戦術

    テニスの試合で調子が良いときこそ気を付けたい、「得意なショットとコース」に固執すること

    自分の調子が良い・・・ときに試合に勝てる、と限らないのがテニス。…

  4. 戦術

    アグレッシブにいく、その線引きは?

    試合の中で、どこで攻撃的にプレーするのか。具体的なスコア、ゲ…

  5. テニス 構え
  6. テニス メンタル

    戦術

    リードしているその瞬間も、「相手だったら何を考えるか」を想像しよう

    いかに試合で、リードを維持できるのか。これは、テニスの試合では…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で前衛にいるとき、「次、ストレートに来る!」というタイミングが読め…
  2. ストローク

    「鼻で吸って口で吐く」練習をすることで、テニスの試合でもスタミナが続く!?
  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    「当たり前」のレベルが高い人は、当たり前だけどテニスも強く成長出来る
  4. テニス

    テニス知識

    急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. テニス サーブ

    フットワーク

    打つコースを2つ用意しながら、ボールを追いかけるのが試合の基本
PAGE TOP