テニス 試合

テニス知識

セルフジャッジが中途半端な人は、いつも試合中にもめてばかり

昨日まで、私も草トーの大会に出場してました・・・が、やっぱりもめている人は、もめている。

相手と言い合い、とまでいかなくても、お互いが不信に思いながら試合を進めている。

終わった後も、全然スッキリしないですよね。

皆さんも、意識して欲しいのはこのポイント。

ジャッジで揉めるのって、こんな人多くないですか?

 

セルフジャッジが中途半端な人は、いつも試合中にもめてばかり

 


 

1.正しい、正しくない、よりも「ハッキリしない」のが大問題

セルフジャッジは、テニスのルール。

審判がいないからこそ、自分たちで責任を持ってジャッジしていく、私はとても大事なルールだし、テニスらしい好きな仕組みです。

でも、速いサーブに大事なポイント、どうしても見えないときだってある。

そしてそのジャッジが、正しいか正しくないか・・・は、突き詰めても分からないことも多い。

でも、その「正しいジャッジだったかどうか?」で揉めるよりも、先に原因となるのは、「ハッキリしない」ジャッジ。

皆さんも経験無いですか?

 

2.ハッキリと「インかアウトか」を相手に伝える

「言わなくても、分かってるでしょ?」的な雰囲気は、ダメ。

ライン近くに落ちたショット、でなくても、基本的にはしっかり声とジェスチャーで相手に伝える。

何も反応しないと、相手は「ん?」と思う。

正しいジャッジでも、「今の、入ってましたか?」と聞きたくなる。

これって、もうお互いが揉めだす一歩手前の段階。

しっかり意識すれば、相手も自分も気持ちよく試合出来るのに、勿体ないですよね。

セルフジャッジは、ハッキリしたジャッジ、を相手に伝えるのが基本です。

 

3.「ハッキリ判断できない、伝えられない」というのは、アナタのテニスにも影響してくる

ジャッジだけの問題ではありません。

セルフジャッジがハッキリしない人は、テニスもハッキリしない。

自分で判断したり決断したり、相手に伝えることが出来ない、という人が多いように感じます。

一事が万事、では無いですが、セルフジャッジ一つで相手の雰囲気や強さが分かる。

試合に強い人って、セルフジャッジもハッキリしていて、どこか力強くないでか?

アナタ自身、セルフジャッジの声量や態度を変えてみる、のも大事だと思いますよ。

 

きっと、しっかり出来ている、と自信を持って言える人は少ないはず。

日本人って、こういうの苦手なんですよね。

相手に「アウト!」とハッキリ伝えること。

テニス選手らしく、磨いていきましょう。

きっとアナタ自身のテニスも、自然と磨かれていくはずです。

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス バナナウェイト

    テニス知識

    素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

    私自身、素振りの経歴には自信があります。元々、一人で研究したり…

  2. ストレッチ

    テニス知識

    筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

    テニスを継続的に頑張っている人にとって、悩ましい問題が「筋肉痛」ですよ…

  3. テニス 指導

    テニス知識

    「これが出来ると、かっこいい!」テニスコートを借りて練習、必要なマナー5つ

    皆さんも、外でテニスコートを借りて練習する機会、あると思います。…

  4. テニス サッカー

    テニス知識

    心から勝者を讃えたら、もっと強くなれる

    「お前、負けを認めてないだろ」こう言われた言葉、今でも鮮明に覚えて…

  5. テニス知識

    大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

    もうすっかり春、そしてこれからは暑い大会シーズンになっていきますね。…

  6. テニス メンタル

    テニス知識

    ラケットを買い替える時に、意識したいチェックポイント7つ

    ラケットを買い替える時に、チェックしたいポイント。意外と、みな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「自信があるフリ」は、自分の頭をも凌駕していく
  2. テニス リターン

    メンタル

    テニスの試合に負けてすぐ、「感情的になっているとき」こそ、テニスノートの出番です…
  3. テニス ウェア

    その他

    「テニスウェアは着れれば何でも良い!」と思っていると、社会人になって「痛い人」に…
  4. テニス ロブ

    ロブ

    試合で使うロブは、もっと低い軌道で調整すれば試合で勝てる
  5. テニス 構え

    リターン

    テニスの試合の「ブレイクポイントでの勝負強さ」、必要なのはメンタルでしょうか?
PAGE TOP